FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レコード・コレクターズ 2012年 05月号

レコード・コレクターズ渾身の特集、『20世紀のベスト・ギタリスト100』





 今回30周年を迎えるということで組まれたこの特集。こういった特集はこれまで色々な媒体でやられてきましたが、やはり読みたくなっちゃうんですよね。サージェント・ぺハーズのジャケットのように、100人のギタリストがコラージュされた表紙もいかしてるし。

 選定をされる方は、湯浅学氏、ピーター・バラカン氏、大鷲俊一氏など、本誌に馴染みが深く、音楽への愛情の深い方ばかりで、読んでいてもそれが伝わってきて説得力があります。

 内容の方は、ジミ・ヘンドリクス、ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、キース・リチャーズなど、お馴染みの名前が並ぶなか、3位にチャック・ベリー、7位にライ・クーダーがランクインしているのが目新しいですかね。

 1位から10位までは一人につき1ページが割かれており、使用しているギターやアンプ、独特のテクニック、大まかなキャリア、そして選定者の個人的な思い入れがバランス良くまとめられており、グイグイ読めました。

 中でも、ジミー・ペイジを、“ウォール・オブ・サウンドのヘヴィー・ロック版”と表現した赤岩和美氏の文章には、これまで考えたこともない発想で、目から鱗でした。

 そこまで専門的な内容に偏っていないので、ギターを弾かない私にとっては有難かったです。

 11位からはスペースが小さくなり、既知の内容が多くなりますが、それでも文章を読んでいると、このCD買いたいなと思ったり、このCDちょっと聴いてみようという気になって、音楽心がくすぐられます。

 ロック、ブルース畑のギタリストが中心で、ジャズ・ギタリストはほとんど取り上げられていないので、そちらに興味のある方は注意です。

内容はこちらです。

【特集】 20世紀のベスト・ギタリスト100

今回の“レココレ・ランキング”は本誌の創刊30周年を記念しての企画“20世紀のベスト・ギタリスト100”をお届けします。2000年までにデビューしたギタリストの中から、ロック/ポップスの世界に大きな影響を与えた人を30名の筆者の方々に選んでいただきました。ギタリストの特集は過去にもやっていますが、今回はランキングということで、それらと比べても興味深いラインナップになったのではないでしょうか。

■ 本誌執筆陣30人の投票によって選ばれた100人の名手たち(青山陽一、赤岩和美、荒川典久、宇田和弘、大鷹俊一、奥村裕司、小尾隆、金澤寿和、小出斉、後藤幸浩、小松崎健郎、小山哲人、近藤正義、佐藤晃彦、佐野ひろし、白井英一郎、杉原徹彦、鈴木カツ、立川芳雄、寺田正典、鳥井賀句、中重雄、中森泰弘、祢屋康、萩原健太、ピーター・バラカン、松永良平、山崎智之、湯浅 学、和久井光司)
■ [ランキング番外編] 特別対談~狂暴なスライドに親指だけのフィンガー・ピッキング…様々な視点で“名人芸”を探る(青山陽一、萩原健太)
■ 速弾きギタリスト・ベスト5(米持孝秋)
■ エフェクターの達人ベスト5(湯浅学)
■ 爆音/ノイズ系ギタリスト・ベスト5(大鷹俊一)
■ 資料/写真/解説とバランスが秀逸な<ギター大名鑑>シリーズ(白井英一郎)
■ 選定者アンケート~私にとってのベスト・ギタリスト

【特集】 ハイ・レコード

1950年代末期にテネシー州メンフィスで設立されたハイ・レコード。1962年にウィリー・ミッチェルが専属プロデューサーとして就任して以降、アル・グリーン、O・V・ライト、オーティス・クレイ、シル・ジョンソン、アン・ピーブルズ等が数々の名作を世に送り出したサザン・ソウルの名門レーベルです。しかし、その初期の主力アーティストは、エルヴィス・プレスリーのバンドのベーシストだったビル・ブラックや彼のコンボのサックス奏者だったエース・キャノン等の白人ミュージシャンでした。そうした、実は多彩なハイ・レコードのカタログの大型リイシューがこの4月から始まることになりました。これまで見過ごされてきた一面も含めこのレーベルの魅力を味わう大きなチャンスの到来です。

■ メンフィスの音にこだわり続けた不滅の名門レーベル(鈴木啓志)
■ ハイ・レコード・ベスト・コレクション(平野孝則)
■ ハイ・レコード・アルバム・ディスコグラフィー
ほか






6月号は20世紀のベスト・ベーシスト/ドラマー100です!



【特集】 20世紀のベスト・ベーシスト/ドラマー100

先月に続いて本誌創刊30周年を記念しての企画“レココレ・ランキング"は“20世紀のベスト・ベーシスト/ドラマー100"をお届けします。2000年までにデビューしたベーシスト/ドラマーの中から、ロック/ポップスの世界に大きな影響を与えた人を30名の筆者の方々に選んでいただきました。一見、地味なベースとドラムですが、特にリズムが魅力の多くの要素を占めるポピュラー音楽にとってなくてはならない楽器であることは間違いありません。

■ 本誌執筆陣30人の投票によって選ばれた100人+100人の名手たち(青山陽一、赤岩和美、荒川典久、宇田和弘、大鷹俊一、奥村裕司、小尾隆、金澤寿和、小出斉、後藤幸浩、小松崎健郎、小山哲人、近藤正義、サエキけんぞう、佐藤晃彦、佐野ひろし、白井英一郎、杉原徹彦、立川芳雄、寺田正典、鳥井賀句、中重雄、中森泰弘、祢屋康、萩原健太、ピーター・バラカン、松永良平、山崎智之、湯浅学、和久井光司)
■ 特別鼎談~音楽を下支えしながらリズムの進化を探求してきた魅力的なベーシスト&ドラマーたち(サエキけんぞう×バカボン鈴木×坂田学)
■ 選定者アンケート~私にとってのベスト・ベーシスト/ドラマー

□ アビー・ロード・スタジオ80周年記念イヴェント
世界で唯一、この催しに3回参加した筆者による渾身レポート(宮永正隆)
□ マンフレッド・マン
歴代主要メンバーが待望の初来日(若月眞人)
□ ドクター・フィールグッド
ウィルコ・ジョンソン在籍時の音源/貴重映像を集成した怒涛の4枚組(大鷹俊一)
□ ザ・バーズ
ファン必携の音源を網羅したキャリア初期の“飛行記録"7タイトル(遠藤哲夫)
□ サニー・ランドレス
インタヴュー~初のギター・インストとなった4年ぶりの新作を引っさげて、期待が高まる来日公演(五十嵐正)
□ イアン・ハンター
インタヴュー~映画『すべての若き野郎ども~モット・ザ・フープル』はバンドをよく現わしているよ(小松崎健郎)
ほか







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。