FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホームボーイ・サンドマンの新作『Hallways』はどうだったのか?

ホームボーイ・サンドマンの新作『Hallways』はどうだったのか?




これまでにも素晴らしい作品でヘッズを虜にしてきたホームボーイ・サンドマン。私も彼のスムースなラップが大好きなので、新作にも大きな期待をしていました。そしてやっと聴けた新作がどうだったかといえば、新作は実験的で暗い影のある曲が多く、これまでのホームボーイ・サンドマンのジャジーでスムースな作品に魅了されたファンには厳しい内容になっています。

アルバムはDJスピナプロデュースの『1,2,3』からスタートします。2分ちょっとという短いナンバーですが、ドラムの音がいかにもDJスピナという抜けの良い音で気持ちいいですね。

Jonwayneのプロデュースによる『America, the Beautiful』はBPMを落としたどっしりとした作りですが、個人的にはこのサウンドはホームボーイ・サンドマンのラップと相性はあまり良くないように感じます。

もう一曲Jonwayneがプロデュースした『Refugee』はタイトル通り切ないメロディを押し出したものになっており、こちらの方がホームボーイ・サンドマンに合っていますね。

2 Hungry BrosがプロデュースしBluをフューチャリングした『Loads』は、このアルバムで最も興味深いトラックだと思います。シンプルでありながらゾクゾクさせるようなイントロから最高なのですが、サビで一気に曲調が変わるところでアドレナリンが噴出します。これだけ実験的でありながら同時にかっこいいサウンドというのはなかなかできることではありません。J57がプロデュースした『Activity』のサウンド、ラップのタイプともに似ていますね。

最も注目が集まるのはOh Noがプロデューサー、ラッパーとして参加した『Heaven too』でしょう。サウンドは聴けばいかにもOh Noというアンダーグラウンド感たっぷりのダーティーなサウンドで、この手の音が好きな方にはばっちりアピールするナンバーです。

冒頭でも“実験的で暗い影のある曲が多く”と書かせていただきましたが、タイトルから曲の暗さが予見できる『Problems』や『Grand Pupa』はまさにそういった曲です。

そんな中でBrian Oblivionプロデュースの『Personal Ad』は生っぽいドラムにベース、ブラスまで入る肉感的なグルーヴが印象的なナンバーで、ホームボーイ・サンドマンのラップも生き生きしているように感じます。

以前のようなジャジーなサウンドが恋しいファンの心を癒してくれるのがSOL626による『Stroll』でしょう。本当はもっとこういう曲が聴きたかった!

続く『Unraveling』と『Enough』もシリアスな趣きはあるもののジャジーな雰囲気のある曲で、やはりこういう曲がホームボーイ・サンドマンには一番しっくりくると思います。















いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

ストーン・スロウが誇る強力ラッパー、ホームボーイ・サンドマンの新作『Hallways』が登場!

ストーン・スロウが誇る強力ラッパー、ホームボーイ・サンドマンの新作『Hallways』が登場!




何度もこのブログで取り上げさせていただいているニューヨーク出身のラッパー、ホームボーイ・サンドマン。素晴らしいスキルを持っていると同時に、様々なプロデューサーが作り出すサウンドも素晴らしく、これまでにリリースした作品はどれもお気に入りのものばかりで、私にとって新作が最も楽しみなヒップ・ホップ・ミュージシャンの一人です。前作『First of a Living Breed』がリリースされるときには、“以前から流れるようなフロウ、メロディアスな曲調には定評のあったホームボーイ・サンドマンですが、この曲ではそれがさらに1歩も2歩も押し進められ、ちょっと比較できるアーティストがいないくらいのレベルまで達しています”と書いたほどです。

そんなホームボーイ・サンドマンがいよいよ9月に新作『Hallways』をリリースします!前作に引き続きDJスピナが参加し、さらにオー・ノー、Jonwayne、J57などアンダーグラウンド・ファンにはたまらない名前が並びます。

アルバムに先駆けて公開されたJonwayneのプロデュースによる『America, The Beautiful』を聴いてみると、う〜ん、ちょっと私の好きなサウンドとは違いますね。ダークでアンダーグラウンド色が強まったサウンドで、ホームボーイ・サンドマンのラップも以前の流れるようなものから叩きつけるようなズシリとしたものになっています。




ラップに関してはサウンドに合わせてということだと思いますが、やはりホームボーイ・サンドマンの最大の武器はメロディアスなサウンドと、流れるようなフロウの組み合わせだと思いますので、そういった曲も収録されていることを望みます。アルバムは2014/9/2発売です!










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



Homeboy Sandman(ホームボーイ・サンドマン)- 『All That I Hold Dear(Analog)』 [ヒップ・ホップ 名曲]

ストーン・スロウが誇る正統派ラッパー、ホームボーイ・サンドマンのマキシが登場!


Homeboy Sandman / All That I Hold Dear (Ep) 【LP】

Homeboy Sandman / All That I Hold Dear (Ep) 【LP】
価格:2,195円(税込、送料別)



このブログでも何度も紹介させていただいているN.Y.出身のラッパー、ホームボーイ・サンドマン。ジャジーでセンスの良いトラックと、流れるようにスムースなラップでヘッズの間では人気の高い彼。私も大好きなラッパーです。

12年に『First of a Living Breed』という4thアルバムをリリースし、続いて今年クール・ハークとのマキシ『Kool Herc: Fertile Crescent』をリリースしましたが、今度はM Slagoと組んでマキシをリリースです。

現在公開されている『Musician』を聴くとスムースなラップはそのままですが、サウンドは少しジャジー感が減ったような印象を受けます。



また、現在ネットで公開されているKaimbrによるプロデュースの『All That I Hold Dear OUT NOW』は、ノスタルジックなサウンドでしっとりとした仕上がりです。

少しこれまでのホームボーイ・サンドマンの作品と比べるとパンチが弱い気もしますが、やはり彼の作品となると気になりますね。EPのリリースは2013/9/3です












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



Homeboy Sandman(ホームボーイ・サンドマン)- 『Kool Herc: Fertile Crescent』 [ヒップ・ホップ 名盤

ストーン・スロウ所属のMC、Homeboy SandmanをKool HercがプロデュースしたEPが登場!


Homeboy Sandman / Kool Herc: Fertile Crescent (Ep) 【LP】

Homeboy Sandman / Kool Herc: Fertile Crescent (Ep) 【LP】
価格:2,195円(税込、送料別)



80年にN.Y.で生まれたHomeboy Sandman。高校卒業後は法律学校で学んでいた彼だが、音楽のキャリアを追求するために3年生のときに退学。そしてリリースされたのが07年のEP『Nourishment』でした。その後はラジオのDJをしながら順調にアルバムをリリースし、そのジャジーなサウンドと確かなスキルで徐々に評価を挙げていき、遂に11年にあのストーン・スロウと契約を結ぶのです。

その後2枚のEPをはさんで、12年にアルバム『First of a Living Breed』をリリースします。この作品はブログでも取り上げさせていただいたのですが、非常にクオリティの高い作品で、Homeboy Sandmanの作品はジャケットがイマイチなことで煽りをくっている部分があると思うのですが、本当にもったいない!ヒップ・ホップが好きならぜひ聴いていただきたい内容の作品です。

そしていよいよ届いた今作は、なんと“ヒップ・ホップ界のゴッド・ファーザー”ことクール・ハークのプロデュースによるEPです!これには驚かされました。しかし、クール・ハークほどの人物がプロデュースを引き受けるという事実が、いかにHomeboy Sandmanが優れたミュージシャンかを物語っていると思います。

先行公開された『Philly』を聴くと、これまで通りセンスの良い音使いとスムースなMCがたまらない仕上がりで大満足なのですが、所々に非常にシンプルな構成もみられて、これはクール・ハークの影響によるオールド・スクール的なものなのかなと邪推してしまいます。

1曲聴いただけですが、間違いなく期待して良い作品になると思います。

作品のリリースは2013/5/14です。






また、Homeboy Sandmanが客演しているこちらの作品も!ジャジー・ヒップホップの名盤としてここ日本でも大人気だった『One』を残したバンド:Mission、そしてMission 解散後はCrown City Rockers として、西海岸のアンダーグラウンド・ヒップホップに確かな爪あとを残 してきたMC、Raashan Ahmad が、待望のソロ3 枚目となるアルバムをドロップ! 3 年ぶり、3 枚目となる本作では、フランスのジャズ・ヒップホップ・バンド:ホーカス・ポーカスのDJ /プロデューサー/ MC である20Syl を筆頭にポーランド、オーストラリアといった海外のプロデューサーを積極的に起用、フィーチャリング・ゲストには、西海岸の名門Stones Throw と契約を結んだ期待のMC、Homeboy Sandman、Big Dada やBBE という通好みのレーベルから作品をリリースしてきた実力派MC のTY、Brian Eno のプロデュースのもと制作した『Exile』で知られるアフリカはウガンダのミュージシャン、Geoffrey Oryema が参加! メロウな多重コーラスで幕を開ける(1)“Mbeguel (love)"を聴いた瞬間からその甘美な世界に引き込まれ、最後の(16) “Fly"まで、ソウルやジャズをたっぷりと吸収した、ドリーミーで新緑のように瑞々しい輝きをみせるオーガニック・ヒップホップにたっぷり浸れます。これは期待を裏切らない、いや期待以上の極上メロウ盤!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



Homeboy Sandman(ホームボーイ・サンドマン)- First of a Living Breed [ヒップ・ホップ 名盤]

アンダーグランドでの支持の高いホームボーイ・サンドマンの新作が登場!


Homeboy Sandman / First Of A Living Breed 輸入盤 【CD】

Homeboy Sandman / First Of A Living Breed 輸入盤 【CD】
価格:2,300円(税込、送料別)



N.Y.生まれのラッパー、ホームボーイ・サンドマン。2011年にストーン・スロウと契約を結んだということで気になっているリスナーの方も多いと思いますが、実際彼のアンダーグランドでの評価はかなり高く、2010年にリリースされた前作『The Good Sun』ではDJスピナやビートナッツのサイコ・レスなどという通好みのメンツが参加しています。

1stアルバム『Nourishment (Second Helpings)』がリリースされたのは2007年で、今年リリース予定の『First of a Living Breed』で実に4枚目のアルバムとなり、その創作意欲のほどが分かります。先行公開されたシングル、『Watch U Want』を聴くと、そのクオリティの高さに期待がめちゃめちゃ高まります。以前から流れるようなフロウ、メロディアスな曲調には定評のあったホームボーイ・サンドマンですが、この曲ではそれがさらに1歩も2歩も押し進められ、ちょっと比較できるアーティストがいないくらいのレベルまで達しています。

ヒップ・ホップが好きなら絶対に聴き逃せないマスト・アイテムだと断言させていただきます!

発売は2012/9/18です。






こちらが豪華ゲストが参加した前作『The Good Sun』です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。