FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Javier(ハヴィエアー)- 『If I Never Get To Heaven』 [ソウル 名曲]

Javierによる美し過ぎるアコースティック・ソウルの名曲!


現在Javierの知名度は日本ではもちろん、本国アメリカでもほとんどないに等しいのではないでしょうか。確かに03年にデビュー作をリリースした後は、環境に恵まれずに06年と11年に作品をリリースしただけで、それらの作品も大きな成功を収めることができなかったので仕方のないことなのかもしれませんが、それでも私は一人でも多くの方にこの素晴らしいアーティストを知って欲しいと思うのです。

Javierの名前が表舞台に登場するようになったのは、彼の歌声を聴いたソウライブのメンバーが感銘を受け、デレック・トラックス・バンドに紹介したことからです。このエピソードだけでもいかにJavierが才能に溢れたアーティストか理解していただけると思います。

その後2年間デレック・トラックス・バンドとツアーをまわった彼はいよいよソロ作『Javier』をリリースします。そして今回紹介させていただく曲は、そのアルバムに収録されていたものです。

Javierの音楽は“アコースティック・ソウル”と表現されますが、この曲はまさにそんな言葉がぴったりです。

アコースティックでオーガニックなサウンドをバックに、透明感のあるJavierのヴォーカルがどこまでも広がっていく至福の世界を作り出します。

ヴォーカルを聴いていただければJavierの才能はご理解いただけると思いますが、さらに後半の熱く歌い上げる部分では彼のソウルを感じていただけるでしょう。そんなすべてが詰まった素晴らしい曲です。

11年にはアメリカのテレビショーで優勝し、1000万円の賞金とユニバーサル・レコードとの契約を勝ち取ったJavierですが、現在はユニバーサルを離れてしまったようです。また彼の新作を聴ける日を楽しみにしながら、これまでの作品を聴きたいと思います。


『Javier - If I Never Get To Heaven』


この名曲が収録されたアルバムがこちら!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/06/14 09:00 ] Jamie Woon Javier | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。