FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Omar(オマー)- 『The Man(ザ・マン)』 [ソウル 名盤]

オマーが7年ぶりとなる新作、『The Man』をリリース!


Omar / Man 【CD】

Omar / Man 【CD】
価格:2,415円(税込、送料別)



90年に『There’s Nothing Like This』で衝撃的なデビューを果たしたオマー。UKソウル・チャートで9週連続1位という大ヒットを記録したこのアルバムは、オマーというアーティストの溢れんばかりの才能を世に知らしめた作品でした。オマーはその後、アシッド・ジャズの象徴的な存在、トーキン・ラウドと契約しアシッド・ジャズ・ムーヴメントを牽引していくことになります。

スティーヴィー・ワンダーに憧れていたというオマーですが、確かに彼の作り出す音楽から感じられるしなやかなソウルネスからは、スティーヴィーの面影が見えます。スティーヴィー自身もオマーを高く評価しており、前作となる『Sing (If You Want It)』では『Feeling You』で客演を果たしています。スティーヴィー以外にもオマーをフェイヴァリットに挙げるブラック・ミュージシャンは多く、前作にはアンジー・ストーン、コモン、エステルといったアーティストも参加しています。

7年振りとなった今作では、“かつてオマーのバックコーラスも務めていたキャロン・ウィーラー(Caron Wheeler)や、ディアンジェロ(D’Angelo)のバンド・メンバーとしても知られる名ベーシスト/プロデューサーのピノ・パラディーノ (Pino Palladino)、初期ジャミロクワイ(Jamiroquai)を支えたベーシスト/プロデューサーのステュアート・ゼンダー(Stuart Zender)、兄のスクラッチ・プロフェッサー(The Scratch Professer)らが参加しており(bmrより)”そのメンツからも分かるように、質の高いソウル・アルバムとなっております。アルバム・タイトル曲である『The Man』が先行公開されていますが、オマーらしい細部にまで神経の行き届いた洗練された音です。

アルバムをリリースするたびにファンを満足させてきてくれたオマー。今作も間違いないでしょう!

発売は2013/6/19です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/06/20 09:00 ] ソウル M~P Omar | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。