FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

T-Rex(ティー・レックス)- 『Metal Guru(メタル・グルー)』 [Youtube]

1968年にマーク・ボランとスティーヴ・トゥックのフォーク・ロック・デュオとしてデビューしたティラノサウルス・レックス。1970年にT-Rexとバンド名を変え、その後はグラム・ロック・バンドとして活動していく。

そんな彼らの最高傑作の一つ、1972年にリリースされた『ザ・スライダー』に収録されていた名曲がこの『Metal Guru』。とにかく単純な歌詞が繰り返され、ほとんど意味はないのですが、マーク・ボランの特異なヴォーカル・スタイルとサウンド釘付けになります。後にも先にもこんな曲はT-Rexだけでした。


『T - Rex - Metal Guru』


この曲を収録した名盤がこちら!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/12/29 20:00 ] The Skids T. Rex | TB(0) | CM(0)

T.Rex(ティー・レックス)- The Slider(スライダー)、Tanx(タンクス)、Greatest Hits(グレイテスト・ヒッツ) [ロック 名盤]

この新技術、HR(ハイレゾリューション)カッティングの実力とは!? T-Rexの名盤3枚が高音質で再発!




マーク・ボラン没後35周年ということで、『電気の武者』のスーパー・デラックス・エディションが発売されたりして賑わっていたT-Rexですが、なんと今度は超話題の新技術“HR(ハイレゾリューション)カッティング”を引っさげて『スライダー』、『タンクス』、『グレイテスト・ヒッツ』の3枚が再発です!

HR(ハイレゾリューション)カッティングの詳しい説明は解説文を見ていただきたいのですが、カッティングの際にダウンビットしないことで高音質化を実現したとのことで期待が高まります。

『スライダー』はT-Rexが人気、実力共に絶頂期のアルバムで、『Metal Guru』などの名曲を収録した代表作です。『タンクス』は『スライダー』に続いて発売されたアルバムで、これも聴き応えのある作品です。そして『グレイテスト・ヒッツ』はもちろんT-Rexの代表曲を多数収録した宝石箱のような作品です。やはり一番聴きたいのは『20世紀少年』テーマ曲の『20th Century Boy』でしょう。

それでは解説文を。

グラム・ロック誕生から40周年、そしてマーク・ボラン没後35周年…。
新技術「HR(ハイレゾリューション)カッティング」を採用した、名作3タイトルが9月12日にリリース!

<HRカッティング とは>
通常のCDを作るときには、一度44.1Hz/16bitのDDPマスターを作成する必要があり、音質劣化の一因となっています。対してHRカッティング は、マスタリングスタジオで制作されたハイビット・ハイサンプリングのHRマスター音源から工場でダイレクトカッティングを行います。制作されたCDは、 通常のCDプレイヤーにて再生可能!

さらに、3タイトル同時購入すると先着でオリジナルCDをプレゼント!
「T.REX HRカッティングCD 3タイトル同時購入特典CD」(非売品)
2012年9月12日発売の名作『スライダー』『タンクス』『グレイト・ヒッツ』(HRカッティング仕様)3タイトルを同時購入した方に先着で、現在廃盤 となっている『アンオブティナブル・ T・レックスvol.2』『シルバー・ T・レックス』『ゴールド・T・レックス』の3タイトルの中からタバタユリコ(SOLID COMPANY / T.REX FANCLUB) 氏が監修したオリジナルCD(解説付き・非売品)をプレゼント致します。(以上 メーカーインフォメーションより)

発売は2012/9/12です。


















いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/07/31 09:00 ] The Skids T. Rex | TB(0) | CM(0)

T-Rex – Electric Warrior(電気の武者) [SHM-SACD ロック 名盤]

 以前SHM-CDが発売されるときに、このブログで取り上げさせていただいた作品ですが、
今回はSHM-SACDで発売ということなので、どうしてももう一度紹介させていただきたいと
思います。

 このアルバムはT-Rexの最も勢いのあった時期に発売され、T-Rexの魅力が存分に味わえる
最高の1枚です。『Mambo Dance』、『Jeepster』、『Bang a Gong (Get It On)』、はマーク・
ボランのボラン・ブギーが堪能できる曲です。ディストーションのかかったギターの音色と、
独特のブギー感がめちゃくちゃかっこいいです。これはちょっと他では聴くことのできない、
T-Rexのみがもつマジックです。

 そして私が最も好きなのが『Girl』という曲です。この曲はもの凄くシンプルな曲で、ほとんど
同じメロディ、歌詞をひたすらループさせているのですが、次第にどんどん魅きこまれていって
しまいます。こういう曲は完全にやっている側がなにか特別なものをもっていないと成り立たない
ものです。『Life’s a Gas』もそれと似たようなものがありますね。

 マーク・ボランのギターは音質が上がるにつれて独特のキレ、艶のようなものがでてきました。
ですからSHM-SACDの高音質ならば異次元の体験ができるのでしょうか。やはりT-Rexの中核を
担っているのはマーク・ボランのギターですから。発売は2011/5/25です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/05/09 16:59 ] The Skids T. Rex | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。