FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mayer Hawthorne(メイヤー・ホーソーン)- 『Where Does This Go(ホエア・ダズ・ディス・ドア・ゴー)』 [ソウル 名盤]

現在のソウル・シーンを引っ張るメイヤー・ホーソーンがついに新作をドロップ!


Mayer Hawthorne / Where Does This Door Go 輸入盤 【CD】

Mayer Hawthorne / Where Does This Door Go 輸入盤 【CD】
価格:1,722円(税込、送料別)



メイヤー・ホーソーンですよ!もう大好きなアーティストです。08年にストーン・スロウから7inchシングル、『Just Ain't Gonna Work Out"/"When I Said Goodbye』でデビューし、09年に傑作アルバム『A Strange Arrangement』でソウル・ファンにその存在をアピールしました。私も『A Strange Arrangement』でメイヤー・ホーソーンの存在を知ったのですが、あまりの内容の素晴らしさに度肝を抜かれました。

ジャケットをみると、なんだか頼りない白人ミュージシャンでまったく期待していなかったのですが、ストーン・スロウということでとりあえず聴いてみようくらいの思いでした。それが聴いてみてビックリ、これほど芳醇なソウルをこの若者が作り出したのか!と衝撃を受けました。“ヴィンテージ・ソウル”と称される彼の音楽は、70年代のソウル・ミュージックが持っていた温かく柔らかいソウルネスに溢れていて、“これは現代に作られた音楽なの!?”と疑ってしまうほどです。しかし、同時にヒップ・ホップを通過した世代ならではの目線もあり、ただ過去の焼き直しには終わっていません。そういったところがカニエ・ウェストやスヌープ・ドッグというアーティストが、彼を絶賛している理由なのでしょう。

それからメイヤー・ホーソーンは常に意識する存在となりました。その後、このブログでも紹介させていただいたカヴァーEP、『Impressions』を無料配布し、11年には2ndアルバム『How Do You Do』をメジャー・レーベルからリリースして着実にフィールドを広げています。

そしていよいよ届いた新作のニュース!今作の大きな特徴は外部のプロデューサーを招いたということでしょう。これまでは自身でプロデュースしており、私はその音が好きだったので外部プロデューサーに関しては不安がないともいえませんが、本人は学ぶことが多かったと語っているようで、さらに一回り成長できたようです。具体的な名前は、ファレル、ジャック・スプラッシュ(アリシア・キーズなどをプロデュース)、オーク、ジョン・ヒルといった超豪華な顔ぶれです。

それではどのような仕上がりになっているかと先行公開された『Designer Drug』を聴いてみると、ペナペナ鳴るギターやシンセサイザーが特徴的な80年代のディスコを思わせるような曲調で少し戸惑いました。

また『Her Favorite Song』も以前と比べると音が煌びやかになっており、途中にはこれまた80年代を思わせる部分がありそういった意味では『Designer Drug』に通じる音です。

これらの曲を聴くと確実に前2作とは異なった音作りをされていることがよく分かります。“マイケル・ジャクソンの『スリラー』のような、全曲シングル・カットが可能なアルバムを作りたかった”という内容の発言を裏付ける内容ですが、これまでのメイヤー・ホーソーンの音が好きだった身としては少し違和感を覚えるのも事実です。繰り返し聴くことでこの辺りも解消されるのでしょうか。ただ、『Where Does This Door Go』トレーラーではこれまでのメイヤー・ホーソーンらしい音が聴けるので、様々なタイプの曲が収録されていると考えて良さそうです。

アルバム・タイトル(この扉を開けるとどこに行くのか?)通り新たな一歩を踏み出したメイヤー・ホーソーンから、目が離せません!

アルバムの発売は2013/7/17です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/07/14 09:00 ] Jamie Woon Mayer Hawthorne | TB(0) | CM(0)

Mayer Hawthorne(メイヤー・ホーソーン)- How Do You Do(ハウ・ドゥ・ユー・ドゥ) [ソウル 名盤]

 メイヤー・ホーソーンのニュー・アルバムがリリースされます!メイヤー・ホーソーンは特別な思い入れのあるアーティストなので、特に気になる情報です。メイヤー・ホーソーンのアルバム・ジャケットを初めて見たとき、“ストーン・スロウからこんなインテリっぽい白人の作品がでるなんてちょっと意外だな”と思いながら、なんだか気になって購入してみると、そのとんでもないクオリティに圧倒されました。この人は本当に現代のミュージシャンなのだろうか?と訝るくらいの、古き良きソウルのエッセンスを凝縮したサウンドに完全にノックアウトでした。

 そのあと今年の5月に『Impressions』というカバー・アルバムを全曲無料配信し、またその内容が素晴らしかったので、増々期待が高まっていました。そして、いよいよ活動の場をユニバーサルというメジャー・レーベルに移しての新作です。メジャーに移ったということで音楽性が変わらないといいのですが、メイヤー・ホーソーンなら大丈夫でしょう。

 アルバムに先行して公開された3曲の新曲は、『No Strings』は今までのビンテージ感の強いサウンドから、エレクトリックな現代風のサウンドに変化しています。ブリブリいってるベースが気持ちいいですね。メイヤー・ホーソーンの声を中心に、芳醇なソウルの香りが沸き立つ素晴らしい曲です。

 『A Long Time』は細かく刻まれるドラムのリズムと、ギターのカッティングが最高に気持ちいいグルーヴを生み出す曲です。フィルセットのヴォーカルも乗っかり、80年代のディスコを彷彿とさせます。これも聴いていてめちゃくちゃ気持ちのいいナンバーです。

 そして『The Walk』はメイヤー・ホーソーンと美女がひたすら銃撃戦を繰り広げるという、訳の分からないPVなのですが、曲はその映像とは全く関係なくそのまま70年代ソウルといっても通用しそうな、素晴らしいソウル・ナンバーです。コーラス、ドラムの質感、ブラス、ギターのトーン、全てに温もりが感じられます。どうしてメイヤー・ホーソーンのみがこんなマジックを使うことができるのか分かりませんが、メイヤー・ホーソーンにはソウルの神が宿っているのは間違いないでしょう。

 この3曲を聴いて、新作がとんでもない作品になると断言できます。とにかく何回でも聴くことの出来る、色褪せない魅力を持って、そして聴くたびにリスナーの心を温かく包み込んでくれる、そんな名盤になるでしょう。まだまだコアなリスナー中心の受け入れられ方ですが、メイヤー・ホーソーンは現代最高のソウル・ミュージシャンです。少しでも多くの方に聴いていただきたいです。

 それでは解説文を。

 人気インディ・レーベルStones Throw Recordsから登場し、そのヴィンテージ感あふれる音楽で一気にファンを獲得したメイヤー・ホーソーン(Mayer Hawthorne)。彼が世界最大のUniversal Music Group傘下のUniversal Republicから10月11日にリリースするセカンド・アルバム“How Do You Do”の詳細が発表された。

 すでにこのニューアルバムからは、“No Strings”、“A Long Time”“The Walk”など前作のスタイルを受け継ぐ楽曲がリリース済みだが、いよいよアルバム発売が迫る中、ジャケット写真とトラックリストが発表された。同時に、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)からクエストラブ(?uestlove)まで多彩な面々が「私がメイヤー・ホーソーン」と名乗るイメージビデオも公開されている。また気になるニューアルバムの中身だが、“Gangsta Luv”のリミックスを制作したことでも話題を呼んだスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)とのコラボ曲“Can't Stop”なども収録されている。

 なお、この発売に合わせてメイヤーは11月初旬まで連日のように全米各地を回るライブ・ツアーを行う予定で、あわせて11月16日(水)に六本木 Billboard Live TOKYO、11月17日(木)には梅田Billboard Live OSAKAにて来日公演も行われる。

発売は2011/11/2です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/11/01 18:00 ] Jamie Woon Mayer Hawthorne | TB(0) | CM(0)

Mayer Hawthorne(メイヤー・ホウソーン)- Impressions( Covers EP) [ソウル 名盤]

 今朝メールをチェックしていると、Stone Throwからとんでもないニュースが
入ってきていました。なんと私の大好きなMayer Hawthroneが全曲カヴァーの6曲入り
のEPをリリースしたらしいのですが、それがオンラインで無料でダウンロードできるの
です!これはしない手はないということで、さっそくダウンロードして聴いてみたのですが、
素晴らしいです!無料なのでぜひみなさんにも聴いていただきたいです。私はダウンロード
してからiTuneに取り込み、iPodを同期して聴きまくっています。

 一緒に曲の解説も入っていたので、少しそれを紹介させていただきます。1曲目の
『Work to Do』は、アイズレー・ブラザーズがオリジナルです。この曲はMayer
Hawthroneのオリジナル・バンドと、2011冬のアメリカツアー中に、ラジオ局の中の
スタジオで録音したそうです。あとで色々な人に、「アヴェレージ・ホワイト・バンドの
カヴァー良かったよ」と言われ、アイズレー以外のヴァージョンがあることを知ったそうです。

 2曲目の『Don’t Turn the Light On』はChromeoというデュオの曲で、一見エレクトロ・
ファンクのように感じるが、その底には愛に溢れたバラードが流れていて、Mayerはタイロン・
デイヴィスを思い出したそうです。ChromeoのDave1によると、この曲は幽霊に恋をした
男の物語なので、幽霊っぽいサウンドを取り入れたそうです。

 3曲目の『You’ve Got The Making Of A Lover』はこれぞノーザン・ソウルという
教科書のような曲だそうです。オリジナルはテキサス州ダラスのFestivalsというグループ
だそうで、オリジナルは60年代にレコーディングされたそうです。

 4曲目の『Fantasy Girl』は驚くべき作曲/編曲能力を持った、パサディナのSteve Salazar
の曲です。彼は生まれたときから心臓に問題があり、27で亡くなったそうです。亡くなる前の
70年代半ば、Shorty’s Portionというバンドとともに1枚のデモ・アルバムを残しており、
Peanut Butter Wolfがそのコピーを持っていて、あまりにMayerが気に入ったので、Peanut
Butter Wolfがそれをくれたそうです。多分世界中に300枚以下しかないだろうとのことです。
この曲ではMayerのお父さんがペダル・スティール・ギターをプレイしています。

 5曲目の『Little Person』はJon BrionがCharlie Kaufman’の“Synecdoche, NY”という
映画のサントラのために書いた曲だそうですが、この星のものではないとMayerは書いて
います。元々は女性ヴォーカルとピアノだけなのだそうですが、Mayerはいつももっと
スケールの大きい方があっていると思っていたそうです。

 そして最後の『Mr. Blue Sky』を見て驚喜しました。私の大好きなELOの大好きな曲です!
ワン・テイクで録ったようですが、もう最高!わくわく感がたまりません。本当にこの曲が
聴けて良かった!素晴らしい!


 音源は以下のサイトでダウンロードできます。

 Mayer Hawthorne - Impressions







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/05/19 22:24 ] Jamie Woon Mayer Hawthorne | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。