FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スラム・ヴィレッジのニュー・アルバム『Yes!』は6月リリース!

スラム・ヴィレッジのニュー・アルバム『Yes!』は6月リリース!


Slum Village スラムビレッジ / Yes 輸入盤 【CD】

Slum Village スラムビレッジ / Yes 輸入盤 【CD】
価格:2,323円(税込、送料別)



ヒップ・ホップ史にその名を残すジェイ・ディー(ジェイ・ディラ)が所属していたことでも知られ、また傑作アルバムを何枚もリリースしていることでもその名を残すグループ、スラム・ヴィレッジ。

オリジナル・メンバーであるジェイ・ディーとバーティンが亡くなってからは、残された唯一のオリジナル・メンバーであるT3を中心に活動を続けていましたが、2年振りの新作をリリースの運びとなりました。

昨年はジェイ・ディー生誕40周年ということで、彼のビートを使った『Yes Yes』をリリースしていましたが、新作『Yes』はなんと8割がジェイ・ディーのプロダクションとなっています。これらのトラックは彼の存命中に制作されたものとのことで、やはり史上稀に見る天才プロデューサーであるジェイ・ディーのビートが聴けるとなればテンションが上がってしまうのですが、まずは『Yes Yes Remix』から。




もう気持ち良すぎ!これこそジェイ・ディー。ソウルフルでジャジーで、聴いていて心のじわっと沁みてくるサウンドです。ビートも弾力がありながら良く跳ねていて素晴らしいです。リラックスしたラップと相性が完璧ですね。これが全盛期のスラム・ヴィレッジだ!と叫びたくなります。

さらにBJ・ザ・シカゴ・キッドとディラの実弟であるイラ・Jが参加した『Expressive』。これまたうねるベースがたまらないファンキー・ナンバーで、音数は少ない分ベースやコーラスのセクシーさが際立つどす黒い名曲です。こういう曲を聴くと、普通でない音を普通に聴かせる異形の天才ジェイ・ディー凄さを改めて感じさせられます。

この2曲を聴いて新作は間違いないと確信しました。間違いないどころか全盛期の名盤に勝るとも劣らない作品になるのではないでしょうか!

アルバムのリリースは2015/6/17です!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/05/22 09:00 ] Rick Ross Slum Village | TB(0) | CM(0)

Slum Village(スラム・ヴィレッジ)- 『Evolution』 [ヒップ・ホップ 名盤]

新生スラム・ヴィレッジの新作『Evolution』には、ジャジー・ジェフ、ラッパー・ビッグ・プー、ハヴォックらが参加!の




スラム・ヴィレッジといえば“J・ディラ”ですよね。06年に若くしてこの世をさったJ・ディラは、間違いなくヒップ・ホップ史にその名を残す天才プロデューサーでした。01年にはスラム・ヴィレッジを離れていたものの、プロデュースなどではグループに関わり続けていました。

そして、オリジナル・メンバーであるバーティンも09年に病のためにこの世を去り、遂に残ったオリジナル・メンバーはT3のみという状態になってしまいました。それでもT3は『Villa Manifesto』でプロデュースを手掛けたYoung RJと、J・ディラの弟であるラッパーのイラ・Jをメンーに加えて新作『Evolution』を完成させました。

この作品にはDJ ジャジー・ジェフや、モブ・ディープのハヴォックなどがゲスト参加しているのですが、個人的には、現代を代表するプロデューサーである9thワンダーを擁し、ヘッズの間で未だに高い人気を誇るグループ、リトル・ブラザーのラッパーであるビッグ・プーの参加が気になります。

アルバムからのリード・シングルとしてリリースされた『Forever』は硬いドラムの音が気持ちいい、これまでのスラム・ヴィレッジの作品と比べてもまったく遜色のない素晴らしい曲になっています。正直J・ディラ亡き後のスラム・ヴィレッジはね〜という思いがあった自分が恥ずかしい、それほどの出来です。これは絶対に聴いて下さい!

そしてもう一曲公開されているのが『Summer Breeze』。この曲のプロデューサーはフォーカスなのですが、コーラスを巧みに使い『Forever』とはまた違った魅力のあるナンバーになっています。

T3がいかにスラム・ヴィレッジというグループを大切にしているかという思いが伝わってくる力作です!

この新作『Evolution』は、6月25にデジタル・リリースされるほか、7月2日にCDでもリリースされる予定。10日には日本語解説付きの国内仕様盤がリリースされる。

1. Braveheart f/ Havoc (produced by Young RJ)
2. Rock Rock f/ DJ Jazzy Jeff & Rapper Big Pooh (produced by Young RJ)
3. Let It Go f/ Blu (produced by Young RJ)
4. Forever (produced by Young RJ & T3)
5. Scared Money f/ Early Mac (produced by Young RJ & Early Mac)
6. Summer Breeze (produced by Focus)
7. The Line f/ Focus (produced by Young RJ)
8. Hustle f/ Vice & J Ivy (produced by Young RJ)
9. Bout That f/ Focus (produced by Young RJ)
10. 1 Nite f/ Vice (produced by Focus)
11. Greatness f/ Joetka (produced by Young RJ)
12. Riot f/ Rapper Big Pooh & Joe Scudda (produced by Young RJ)









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/07/11 09:00 ] Rick Ross Slum Village | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。