FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベル&セバスチャン、今年1月リリース予定のニュー・アルバム『ガールズ・イン・ピースタイム・ウォント・トゥ・ダンス』からさらなる新曲『Nobidy’s Empire』を公開!

ベル&セバスチャン、今年1月リリース予定のニュー・アルバム『ガールズ・イン・ピースタイム・ウォント・トゥ・ダンス』からさらなる新曲『Nobidy’s Empire』を公開!




10年の『ライト・アバウト・ラヴ』より5年振りとなるベル&セバスチャンの新作から『Nobody’s Empire』が公開されました。

デビュー直後は“グラスゴーの神秘”などと言われ、ミステリアスな魅力に溢れていたベル&セバスチャンでしたが、徐々に音楽スタイルを変えていき、正直私は心が離れていっていました。それでも“もしかしたら”という気持ちで聴いてしまうのがファンなのですが、『ガールズ・イン・ピースタイム・ウォント・トゥ・ダンス』から初めて公開された『The Party Line』には正直打ちのめされました。

アルバムのタイトルに“ダンス”という単語があり、曲名にも“Party”という言葉がある時点である程度予想はできていたのですが、私がベルセバに求めているものとはかけ離れていました。もちろん勝手なファンの一方的な要求ということはよく分かっていますし、彼らが新たなステージへと進んで行くことを否定するつもりもないのですが、ベルセバが最も輝くのはこういった音楽ではない!という気持ちが強すぎ、結果さきほど述べたような反応となってしまいました。

そして今回の『Nobody’s Empire』。しっくりくるじゃないですか!かなりポップな感じはありますが、これぞベルセバという繊細なギター・サウンド、優しく心に染みるメロディが印象的な素晴らしいナンバーです。サビ直前から盛り上がっていく感じも素敵ですね。




完全にダンス方向へシフトしてしまったわけではなかったということがわかってホッとしました。アルバムのリリースは2015/1/14です!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/01/10 09:00 ] Animal Collective Bell & Sebastian | TB(0) | CM(0)

ベル&セバスチャン、4年ぶりの新作『ガール・イン・ピースタイム・ウォント・トゥ・ダンス』から『The Party Line』を公開!

ベル&セバスチャン、4年ぶりの新作『ガール・イン・ピースタイム・ウォント・トゥ・ダンス』から『The Party Line』を公開!




ベル&セバスチャンが4年ぶりのニュー・アルバムをリリースします。私くらいの世代の方にはベルセバをデビューから知られている方も多いのではないでしょうか?メディアに一切登場せず、神秘に包まれていたグループ、ベル&セバスチャン。まるで天上のもののような美しく繊細なサウンド。当時のリスナーはベルセバという存在に心頭したものでした。

デビュー作のあと少しずつサウンドを変化させ、一時は初期とはかけ離れたサウンドとなっていたのですが、前作で原点回帰したように感じ今作を楽しみにしていました。

そして遂に新作から『The Party Line』が公開されたのですが、プロデューサーがナールズ・バークレイやアニマル・コレクティブを担当したベン・アレンと聞いて一抹の不安を感じていましたが、その不安は現実のものとなってしまいました。

分厚いベースとファンキーなギター・サウンド、そして打ち込みのリズム。さらにメロディも完全にディスコティックです...誤解していただきたくないのは曲のクオリティとしてはかなり高いということです。メロディとサウンドがしっかりと溶け合い間違いなく注目を集めるであろうレベルの曲となっています。ただ、これをベルセバがやる必要は...とつい思ってしまうのです。




ベルセバに特別な先入観のないリスナーの方には自信を持ってお薦めできる作品になりそうです。私の方は...とりあえず2nd『天使のため息』を聴き返します。アルバムは2015/1/14リリースです!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/11/29 09:00 ] Animal Collective Bell & Sebastian | TB(0) | CM(0)

Bell & Sebastian(ベル&セバスチャン)- 『Seeing Other People』 [ロック 名曲]

この世のものとは思えない、独特の世界が広がるベル&セバスチャンの名曲『Seeing Other People』


今回紹介させていただく『Seeing Other People』を収録した『If You’re Feeling Sinister(天使のため息)』がリリースされたのは96年の11月でした。それまでまったく存在すら知らなかった“ベル&セバスチャン”というバンドが、とてつもない作品をリリースし音楽界はパニックに陥っていました。それはどこからともなく現れたバンドが、これほどまでのクオリティの作品を残したからでもありましたが、ベル&セバスチャンというバンドが謎に包まれていたからという理由も大きかったと思います。

リーダーがスチュアート・マードックという人物で、グラスゴーで結成されたという情報以外ほとんど情報がない状態でした。それはスチュアートがまったくインタビューを受けなかったからですが、音楽関係者やファンの情報を求める欲求は留まることを知らず、それがベル&セバスチャンというバンドへの欲求をさらに高めていきました。

その後入ってきた情報は、バンドは8人くらいのメンバーで構成されている、スチュアートは教会で働いているといったますますリスナーの興味を煽るものばかりで、ベル&セバスチャンの名前は一人歩きを始めていました。

しかし、そういった背景はさておき、彼らの音楽が素晴らしかったのは間違いのないことで、また今回紹介させていただく『Seeing Other People』を聴いていただくとお分かりいただけるように、この曲の持つ雰囲気はどこか浮世離れしており、バンドの神秘性を高めることに一役かっていることは間違いないでしょう。

スチュアートのつぶやくようなヴォーカル、ギターとピアノによって生まれる幻想のようなサウンドと、それに幾重にも重なるバンドの演奏が濃いベールのような空気を立ち込めさせます。まさに天から降ってくるかのような奇跡の音楽。


『Bell & Sebastian - Seeing Other People』


この名曲が収録されているのがこの作品。












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/09/18 09:00 ] Animal Collective Bell & Sebastian | TB(0) | CM(0)

Bell & Sebastian(ベル&セバスチャン)- 『The Third Eye Centre(ザ・サード・アイ・センター』 [ロック 名盤]

ベル&セバスチャンのシングル&B面曲などを収録した編集盤が登場!




96年に活動を開始して以来、オリジナルな作品を届け続けてくれているベル&セバスチャンが、ファンには嬉しいレア・トラック集をリリースします。ベル&セバスチャンのレア・トラック集と聞いて真っ先に頭に浮かぶのは、05年にリリースされた“Jeepster”レーベル時代のシングルを集めた『フルキズ・ソングス~ アーリー・シングルス・コレクション』です。当時はまだベル&セバスチャンがシーンに登場したときの衝撃の余波が残っており、彼らのシングルまで買い集めている熱心なファンも多くいて、しかもB面曲のクオリティも異常に高く大きな話題になっていました。私もシングルをほとんど持っていたのですが、やはりまとめた形になるのが嬉しくて『フルキズ・ソングス~ アーリー・シングルス・コレクション』を買った覚えがあります。

今回の『The Third Eye Centre』は、03年の『ヤァ!カタストロフィ・ウェイトレス』、06年の『ライフ・パースート』、そして10年の『ライト・アバウ ト・ラヴ~愛の手紙~』という3枚のオリジナル・アルバムからのB面曲集ということで、『フルキズ・ソングス~ アーリー・シングルス・コレクション』以後のベル&セバスチャンの全貌を知るのにうってつけの作品でしょう。さらに新曲『Your Cover's Blown (Miaoux Miaoux Remix)』も収録されていて、こちらの方はこれまで完全未収録ということで内容が楽しみです。

永遠に解けない謎、ベル&セバスチャンの核心に一歩近づくアルバムです。

アルバムの発売は2013/8/21です。











いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/08/28 09:00 ] Animal Collective Bell & Sebastian | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。