FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

John Legend(ジョン・レジェンド)- 『12 Years A Slave (Motion Picture Soundtrack)』

現在のソウル・シーンを代表するアーティスト、ジョン・レジェンドが今度はサントラを監修!


12 Years A Slave 輸入盤 【CD】

12 Years A Slave 輸入盤 【CD】
価格:2,090円(税込、送料別)



先日新作をリリースしたジョン・レジェンドですが、今度はサントラのニュースが入ってきました。尽きることのない創作意欲という感じですね。しかも、ただ多作なだけでなくそのクオリティが高いところが彼の凄いところですね。個人的にはいま最も気になるソウル・ミュージシャンの一人です。

今回ジョン・レジェンドが担当したのはトロント国際映画祭で観客賞(People’s Choice Award)にも選ばれたスティーヴ・マックイーン監督の新作映画『12 Years A Slave』で、ジョン・レジェンドは、「『12 Years A Slave』は驚くほどに力強い映画。とても感動したよ。あらゆる瞬間が素晴らしく、とても感銘を受けたのでサウンドトラックの制作に貢献することにしたんだ。この映画に感動した、さまざまな場所、さまざまなジャンルの素晴らしいアーティストたちに集まってもらったよ。素晴らしいアートに触れたアーティス トは、なにか創りたくなるもの。このアルバムはそういう作品なんだ」と説明しており、内容に注目が集まります。

ジョン・レジェンド自身による黒人霊歌「流れよ、うなるヨルダン河よ」(“Roll, Jordan, Roll”)のアカペラ・カバーは、歌に込められた思いが痛いほど伝わってくる渾身の一曲でこの映画にかけるジョン・レジェンドの覚悟が感じられます。ゲストにはアリシア・キーズやアラバマ・シェイクス、コディ・チェスナットといった面々が参加しているとのことです。




映画のタイトルから、黒人にとってはかなり重いテーマを描いたものであることが想像でき、だからこそ相当な覚悟をもって望んでいると思います。心して聴きたい作品ですね。サントラの発売は2013/11/19です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/11/19 09:00 ] Jamie Woon John Legend | TB(0) | CM(0)

John Legend(ジョン・レジェンド)- 『Love in the Future(ラヴ・イン・ザ・フューチャー)』 [ソウル 名盤]

ジョン・レジェンドが再びカニエ・ウェストとタッグを組む新作、『Love In The Future』!




現在のソウルを代表する存在、ジョン・レジェンド。グラミー賞3冠を受賞したザ・ルーツとのコラボ作『ウェイク・アップ』があったので、それほど空いているようには感じませんが、実際には08年の『Evolver』以来の5年振りのニュー・アルバムとなります。

そして、今作の一番の話題といえばエグゼクティブ・プロデューサーにカニエ・ウェストが戻ってきたということでしょう。ジョン・レジェンドの作品はどれも好きですが、個人的には初期の、カニエが関わっていたストレートなソウルが感じられる方が好みなので、今回のニュースには胸が踊りました。

実際に公開されている2曲、『Who Do We Think We Are』と『Made to Love』を聴いてみると、ジョン・レジェンドのこの作品にかける意気込みが伝わってきます。特に『Who Do We Think We Are』での熱く歌い上げるヴォーカルはグッときますし、ジーン・ナイトの『Mr. Big Stuff』を使うあたりにも強い決意が感じられます。実際、本作をレコーディングするにあたって、“本当に素晴らしいモダン・ソウル・アルバムを作りたいんだ”という内容の発言をしていたそうです。

一方『Made to Love』それとはかなり趣が異なり、カニエ印のかなり実験的な音になっています。これがジョン・レジェンドの言う“モダン・ソウル”なのでしょうか。

個人的には初期の作品のような、もっとしなやかなソウル・アルバムを期待していたので正直少しがっかりです。これが単なる懐古主義の戯言になることを期待しています。

アルバムの発売は2013/9/4です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/07/21 09:00 ] Jamie Woon John Legend | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。