FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ポール・ウェラー、5月リリース予定の『サターンズ・パターン』からアルバムのタイトル・トラックを公開!

ポール・ウェラー、5月リリース予定の『サターンズ・パターン』からアルバムのタイトル・トラックを公開!




ソロ12作目となる『サターンズ・パターン』のリリースが迫ってきたポール・ウェラー。以前この作品について書かせていただいたときに、56歳という年齢を感じさせない精力的な活動という感想を書かせていただきましたが、これまでに公開された『ホワイト・スカイ』と『Long Time』のを聴いたかぎり、どちらも非常にアグレッシブなロック・ナンバーとなっており、サウンドの方でも全く守りに入るところがありません。

今回公開されたのはアルバムのタイトル曲である『Saturns Pattern』で、前作『ソニック・キック』から顕著となったエレックトリックな要素がほとんどみられず、本来のポール・ウェラーらしいブルースの影響を感じさせるロック・ナンバーとなっています。




中盤にオルガンやハーモニカが登場する辺りは、生涯モッズであるポールらしいなと感じました。ドラムの音もオーソドックスなものとは少し変わっており面白いですね。

エレックトリックが入ったポールも良かったですが、こういう音を聴いてしまうと、やはりこっちがしっくりきてしまいます。新作はどちらのタイプの曲も収められてそうで楽しみですね!

アルバムのリリースは2015/5/20です!






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/04/12 09:00 ] Mystery Jets Paul Weller | TB(0) | CM(0)

ポール・ウェラー、3年振りとなる新作『サターンズ・パターン』より『Long Time』を公開!

ポール・ウェラー、3年振りとなる新作『サターンズ・パターン』より『Long Time』を公開!




現在56歳のポール・ウェラーですが、この人のエネルギーには本当に驚かされます。ソロ11作目となった前作『ソニック・キック』は全英No.1となり、ますます円熟味を増していますが、5月にリリースが予定されているニュー・アルバム『サターンズ・パターン』から『Long Time』が公開されました。

単純にかっこいいロックンロールですね!『ソニック・キック』で大胆に導入されたエレクトリックなサウンドや、ハンドクラップなど細かい部分もいいのですが、なにより骨太なバンド・サウンドと、ギリギリとディストーションのかかったギター、そしてポールの太い声がたまらなくワイルドです。




新境地といった類いのもではなく、ポール・ウェラーが彼にしか出来ない熱いロックを思いっきり鳴らしている、そんな作品になりそうです。それがかっこよくない訳がない!

アルバムのリリースは2015/5/13です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/03/26 09:00 ] Mystery Jets Paul Weller | TB(0) | CM(0)

さあ、ポール・ウェラーの新作『サターンズ・パターン』から『ホワイト・スカイ』が公開!

さあ、ポール・ウェラーの新作『サターンズ・パターン』から『ホワイト・スカイ』が公開!




そのキャリアについては語る必要もないほどの存在ポール・ウェラー。ジャム〜スタイル・カウンシルと音楽史に残るキャリアを築きながら、さらにソロでそれを超えていこうとする彼の創造性にはただただ驚かされます。

今回リリースの決定したニュー・アルバム『サターンズ・パターン』は通算12作目となるスタジオ・アルバムでありながら、本人いわく「今まで俺が発表してきたどの作品よりもベストな出来だと思う…、 ここまで出来たことに、俺自身すごく喜んでいるんだ」とのことです。マジですか!?

アルバムに先駆けて公開された『White Sky』を聴いてみると、非常にアグレッシブなサウンドが印象的なロック・ナンバーで、とても60歳近いアーティストの音とは思えません。12年に全英1位を記録した前作『ソニック・キック』ではエレクトリックな要素も多分に盛り込まれていましたが、この曲でもそういった意味での冒険心も感じられます。青筋をたててシャウトするヴォーカル、叩きつけるようなドラム、歪んだギターととにかく熱い!




今作のプロデューサーは前作でもポールとタッグを組んだジャン・“スタン”・カイバート。 ミュージシャンとして参加しているのは、現在のツアー・メンバーでもあるスティーヴ・クラドック、 アンディ・クロフツ、ベン・ゴードリエ、そしてスティーヴ・ピルグリムに加え、 ザ・ストライプスのジョシュ・マクローリーや、ポールの昔からの仲間で、ウォーキングやザ・ジャムのオリジナル・ギタリストでもあるスティーヴ・ブルックスといったアーティストということで前作をさらに深化させた作品が期待できるのではないでしょうか。

本当に信頼のできるミュージシャン!アルバムのリリースは2015/5/13です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/03/01 09:00 ] Mystery Jets Paul Weller | TB(0) | CM(0)

Paul Weller(ポール・ウェラー)- 『Wings of Speed』 [ロック 名曲]

ポール・ウェラーの力強さと優しさが同居した名バラード『Wings of Speed』


ジャムで華々しくキャリアをスタートしたポール・ウェラー。絶頂期のジャムを解散してスタートしたのがスタイル・カウンシルでした。そのスタイル・カウンシルでも素晴らしい作品をリリースしていたポール・ウェラーでしたが、次第に方向性を見失い焦点が定まらなくなり、スタイル・カウンシルは解散、契約もなくなりほとんどホームレスのような状態だったといいます。

しかし、自主レーベルを立ち上げソロ・アルバムをリリースし、実力で“過去の人”いうレッテルを剥がしにかかります。92年の『Wild Wood』で少しずつ評価を取り戻してきたポール・ウェラーが、自身のステイタスを決定づけた作品が95年の『スタンリー・ロード』です。

この作品がリリースされた後は本国イギリスはもちろん、日本でも様々なメディアが彼を取り上げ、多くの若手ミュージシャンもポール・ウェラーのファンだと公言し、ポール・ウェラーは再びトップ・ミュージシャンというステイタスを取り戻すのです。

そんな『スタンリー・ロード』で私が一番好きな曲が今回紹介させていただく『Wings of Speed』です。“熱いロック”というイメージの強いソロになってからのポール・ウェラーですが、曲はスケールの大きな優しさを感じられいつも温かい気持ちにさせられます。ピアノ、コーラス、そしてポールのヴォーカルというシンプルな構成ながらその広がりは無限です。タイトルもめちゃくちゃかっこいいですよね。




この名曲が収録された名盤がこちら!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/09/03 09:00 ] Mystery Jets Paul Weller | TB(0) | CM(0)

Paul Weller(ポール・ウェラー)- Starlite [ロック 名曲]

 ポール・ウェラーの新曲がリリースされました。タイトル『Starlite』っていうのがいいですね。曲調もそれにあったロマンティクなものになっています。これまで暑苦しいほど熱いロックというイメージが強かったポール・ウェラーから考えると、かなり雰囲気の違ったものになっています。どちらかと言えばクラブ寄りの音と言って良いと思います。

 打ち込みのビートに、何度もリフレインされるフレーズがクラブ・ミュージックという感じを出しているからだと思います。しかし、ポール・ウェラーといえばスタイル・カウンシルでもこれまでのパンク・ミュージックから大きなサウンドの転換を図ったり、革新的であったり、冒険的な試みを行ってきたという過去もあるので、今回のこのシングルもそういった流れからだと納得できます。

 意外とこういったサウンドともポール・ウェラーの声はマッチしていて、新鮮でした。とにかく何度も繰り返して聴きたくなるような、ロマンティックでキラキラ輝く素晴らしい曲です!


『Starlite』






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/08/19 18:00 ] Mystery Jets Paul Weller | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。