FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これは隠れた名盤!Raw Poetic & K-Defによる『Cool Convos in Quantum Speech』

これは隠れた名盤!Raw Poetic & K-Defによる『Cool Convos in Quantum Speech』




タイトルを見て、“このアーティスト知らないな”と興味を失ってしまったあなた!最初の一曲だけでも聴いてください!少しでも多くの方に知っていただきたいとんでもない才能です!

Jason MooreことRaw Poeticはフィラデルフィア出身のラッパーで、03年にワシントンD.C.に移りそこでK-Murdockと“Panacea”というユニットをスタートさせました。10年までの間にEPを含めかなりの枚数の作品をリリースしています。

そんなRaw PoeticがK-Defと組んで15年にリリースしたのが『Cool Convos in Quantum Speech』です。元々はなんの予備知識もなく単にジャケットが気になったからという理由で購入し、聴いてみたらあまりの素晴らしさに、これは絶対に紹介しなくては!と使命感すら感じて二人のことを調べたのですが、二人とも知名度は極めて低くほとんど情報を得られませんでした。これだけの才能をもつアーティストの知名度がほとんどないことが驚きであり、同時に残念なことであるので、その状況を変えるため少しでもお役にたてればと思います。

まずは挨拶代わりの小品『Cool Convos』でアルバムはスタートします。しかし侮ってはいけません、この曲で披露されるRaw Poeticのラップ!これを聴いただけで彼がいかに才能のあるラッパーかということがお分かりいただけると思います。スピード感溢れるライムをバシバシヒットさせていくこの気持ち良さ!

続く『Easy Way Out』はシンプルなビートに乗ってRaw Poeticがストレート・アヘッドなラップを披露しますが、ジャジーなグルーヴを感じさせる質の高いものでRaw Poeticのスキルの高さが窺えます。

そして『Black Muzical』のイントロ部分ではまるでブラックスター(モス・デフとタリブ・クウェリによる)の名曲、『Definition』のようなサウス・アメリカな匂いを感じます。この曲は一曲を通してそういったテイストがありますね。

Whisper Mercury』に続いて登場する『Portal』は個人的に大好きなナンバーです。生演奏のような細かく刻まれるビートに最小限のメロディがあるだけのミニマルな演奏をバックに、細かくデリヴァリーされるRaw Poeticのラップが気持ち良い!極限まで音を削ぎ落としているのでヒリヒリするような緊張感があります。




一転して重いビートによる『No Difference』。重いビートに合わせるようにRaw Poeticのラップもグッと重心を落としています。サビでのコーラスが非常に黒くてソウルフルです。

キレのあるビートと歌うようなラップが気持ち良く絡み合う『Midlife』、生演奏のようなグルーヴとエスニックなメロディに引き込まれる『Water Works』、Raw Poeticのデリヴァリーが冴えまくる『Vanilla Skies』、韻を踏むライミングのスキルが尋常ではない『Lotto』。この曲でのRaw Poeticの高度な技術に裏打ちされたラップの素晴らしさはちょっと例を見ないほどです。まさに天才!

一転してソウルフルでグルーヴィーな『Stealin’ Bread』。聴いていると自然に体を揺らしてしまう、そんな優しいグルーヴを持った曲です。また、サビでの適度に力が抜けたRaw Poeticの歌声もいいですね。

Echo One』というタイトル通りの幻想的なサウンドのこの曲では、風に流れていくようなラップが乗っており、これまでの曲にはなかった魅力を感じ取ることができ、最後に収録されたボーナス・トラックの『Air Walks』では非常に難しいトラックに果敢に挑んでいくRaw Poeticの姿が頼もしいです。

様々なタイプの曲が収録されたアルバムであり、それぞれの曲に合わせてスタイルを変えていきながら、どれも非常に高いレベルのパフォーマンスを見せてくれるRaw Poeticというラッパーのスキルに圧倒されます。この人のスキルとスキル、そして引き出しの多さは信じられないレベルです。

また、Raw Poeticにばかり注目してしまいましたが、K-Defの作り出すサウンドはどれもジャジーで気持ち良く、またビートも多彩でこちらも素晴らしいクオリティです。

この作品以外にRaw Poeticの作品は聴いたことがありませんが、とにかく聴いてみたいです。そしてRaw Poeticこそ少しでも多くの方に知っていただきたいアーティストです!

これはぜひアナログで!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

現在美メロヒップ・ホップの最高峰、サム・オックの『Stages』はどうだったのか?

現在美メロヒップ・ホップの最高峰、サム・オックの『Stages』はどうだったのか?




ちょっと野暮ったい風貌からは想像もつかないような美しいサウンドを生み出し、美メロファンのハートをがっちり掴んでいるサム・オックが今年リリースした『Stages』。その内容について書かせていただきます。

オープニング・ナンバーの『Here I Go』を聴いていただければ余計な説明をしなくても、サム・オックというアーティストの生み出すマジックがどのようなものなのか分かっていただけると思います。この曲はラップもありますが、ヴォーカルが中心となった美メロ・ソウルで、信じられないくらい美しい!このメロディの魅力に逆らうことのできる人などいるのでしょうか?そう思ってしまうくらいのクオリティです。




同じような歌物に、ストリングスがバッチリはまってこのアルバム中でもトップ・クラスの出来となった『Goodbye』やポジティブな空気と抜けの良いドラムがたまらない『Every Moment』、アコギの弾き語り『Me Vs Me』がありますが、どの曲もシングル・カットされておかしくないような、他のアーティストなら代表曲になりそうなくらいのクオリティを持っています。ピアノが美しい『I’m Okay』や『Rest Easy』もラップが中心の曲です。

同じように美しいメロディを持ちながらこちらはスムーズなラップを聴くことのできる『All I Need』。歌声も優しく美しいのですが、ラップもサウンドとマッチした限りなく透明です。

続く『New Sights』ではもう少し骨太なサウンドを聴くことができますが、根底にある胸に染みる美しいサウンドというものは一貫しています。

サム・オックは凄い才能を持っているとは前々から思っていましたが、この作品を聴いてさらに深化していると感じました。この作品は間違いなく名盤です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



メソッドマンが94年にリリースしたデビュー作にして名盤『Tical』のデラックス・エディション!

メソッドマンが94年にリリースしたデビュー作にして名盤『Tical』のデラックス・エディション!




以前お伝えさせていただいたメソッドマンの『Tical』、デラックス・エディションに収録されたボーナス・トラックについて書かせていただきます。

まずはオリジナル・アルバム中で私が最も好きなナンバー『Release Yo’Delf』のプロディジーによるリミックスですが全く新しい曲に生まれ変わっています。非常にプロディジーらしいサウンドで、これはこれでありだと思いますがやはりオリジナルの方が数段好きですね。さらにNew Bloodによるリミックスですが、こちらはドラムンベースのような仕上がりで面白いですね。それにしてもリミックスを聴くと改めてメソッドマンのラップがどれだけ突出しているのかがよく分かります。どんなサウンドがきても全く印象が衰えることがありません。

そしてめちゃくちゃ楽しみだったオリジナル・アルバムからのアウトテイク『I’ll Be There for You / You’re All I Need to Get By』です。プロデューサーはもちろんRZAでヴォーカルでメアリー・J・ブライジが参加しています。確かにあの頃のRZAらしいサウンドが聴け、サックスなんかを入れている辺りは珍しいのですが、確かにちょっと印象は弱いですね。この曲に関してはパフ・ダディのリミックスの方がピンときました。

そしてもう一つの目玉、『Bring The Pain』のケミカル・ブラザーズのリミックスです!細かいところの作り込みや曲の変化などやっつけではない力の入り具合が感じられ、聴きごたえのある仕上がりになっています。




さらにもう1曲の未発表曲『The Riddler』。アウトテイクだけに『Tical』らしいダーク・ホラーな空気たっぷりでなかなかの内容です。

ラストはリル・ジョンによる『Wings of The Morning』のDynamik Duoミックスです。まあお楽しみ程度ですね。

ディスク2を聴き終えて特に購入する必要のあるものだとは思いませんでした。『Tical』という名盤に関連するものだとつい気持ちが動いてしまいますが、この程度であればオリジナルをしっかり聴いていれば問題ないですね。





いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



“クラシック・ヒップ・ホップ1000”キャンペーンから、DJプレミアの絶頂期の作品、グループ・ホームの『リヴィン・プルーフ』とジェルー・ザ・ダマジャの『ザ・サン・ライジズ・イン・ジ・イースト』を

“クラシック・ヒップ・ホップ1000”キャンペーンから、DJプレミアの絶頂期の作品、グループ・ホームの『リヴィン・プルーフ』とジェルー・ザ・ダマジャの『ザ・サン・ライジズ・イン・ジ・イースト』を




ヒップ・ホップ黄金期である90年代に人気・実力ともに最高だったプロデューサーがピート・ロックとDJプレミアでしょう。そのDJプレミアが手掛けた作品の中でも最高傑作に入るのが今回紹介させていただく作品です。

まずはジェルー・ザ・ダマジャが94年にリリースしたデビュー作『ザ・サン・ライジズ・イン・ジ・イースト』です。N.Y.ブルックリン出身のMCであるジェルー・ザ・ダマジャが残したこのアルバムはヒップ・ホップ死残る名盤として認知されており、中でも『Come Clean』はインスタント・クラシックとなり、現在でもプレミアの最高傑作と言われるナンバーです。




それ以外にもマーリー・マール、ビズ・マーキー、そしてヘヴィー・Dによる『We Wrote the Songs』などをサンプリングした『D. Original』、ドラムのかっこよさに聴き惚れてしまう『Brooklyn Took It』、マイケル・ジャクソンの『Billie Jean』のドラムがサンプリングされている『Mental Stamina』、クルーセイダーズのサックスが激渋な『Da Bitchez』、ストリート感が特に強い『You Can’t Stop the Prophet』、アイザック・ヘイズ、アーマード・ジャマル、そしてジャングル・ブラザーズをサンプリングした『Jungle Music』、ともう全曲が名曲です。プレミアのストイックでストリートなサウンドと、ジェルー・ザ・ダマジャのストレート・アヘッドなラップが鳥肌が立つくらいのかっこよさです!それにしてもドラムの音がとんでもなく気持ちいい!

そしてもう一作がLil' DapとMelachi the Nutcrackerのコンビ、グループ・ホームが95年にリリースした『リヴィン・プルーフ』。この作品も2曲を除いて全曲プレミアがプロデュースしており、そのクオリティは尋常ではありません。

まずはあのナズの名曲『It Ain’t Hard To Tell』をサンプリングした『Inna Citi Life』。ハイハットが生み出す狂気じみた空気と、プレミア印のスクラッチがたまらない。

そしてアルバム・タイトル曲であり、ベスト・トラックであろう『Livin’ Proof』。サンプリング・ソースはマーヴィン・ゲイからウータン・クランと多岐にわたっています。

その他の収録曲はシンプルながら圧倒的なドラム・サウンドとストレート・アヘッドなラップの説得力が半端ない『Suspended In Time』、これぞプレミアのドラムというべき『Sacrifice』、アイザック・ヘイズとヤングホルト・アンリミテッドをサンプリングしたことでソウルがグッと注入された『Up Against Tha Wall』、これもまさにプレミア・サウンドといった音が聴ける『Baby Pa』、これまたアルバムの代表曲『Supa Star』。

やはり全盛期のプレミアは凄い!もう掛け値なしの天才です!!そしてこの2枚の作品はあらゆるヒップ・ホップ・ファン必聴の作品だと断言します。これは聴かなきゃダメ!













いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



『ランナウェイ・スレイヴ』に続いてショウ&A.G.がリリースした名盤『グッドフェラズ』

『ランナウェイ・スレイヴ』に続いてショウ&A.G.がリリースした名盤『グッドフェラズ』




92年にソウルフルなサウンドでヘッズを虜にした超名盤、『ランナウェイ・スレイヴ』でデビューしたショウビズ&A.G.がショウ&A.G.と名前を変えて95年にリリースしたのが『グッドフェラズ』です。

ロード・フィネスやDJプレミア、A.G.がプロデューサーとして参加しているもののメインはショウなのですが、前作のソウルフルな音作りと比べ圧倒的にダークなサウンドとなっています。前作があまりに素晴らしかったので、この変化は歓迎できないものなのかといえば、これがまた凄い内容のアルバムとなっているのです。

まずはイントロの『Never Less Than Ill』から圧倒的なダークさが感じられると思います。そしてそのサウンドに合わせるようにA.G.のラップもヘヴィーに変化しています。

続いての『You Know Now』。シンプルな構成でありながら音の深さが半端ない!そしてサビの求心力!

アルバム中最もダーティーな曲の一つである『Check It Out』。この空気はParty Artyの野太い声に因るところも大きいでしょう。曲の雰囲気とバッチリな組み合わせ。こん男臭いサウンドは同じくParty Artyが参加した『Got The Flava』、『Neighbahood Sickness』、『You Want It』でも聴くことができるのですが、特にメソッドマンが参加した『Got The Flava』の破壊力はとんでもないです!




中盤のLee Dorsyのサンプリングが前作の雰囲気を思い起こさせる『Add On』、ヘヴィーな空気にプレミアの音ががっちりはまった『Next Level(Nyte Time Mix)』、レッドマンの『Winicumuhround』をサンプリングしているからかG-ファン感のある『All Out』、ウェス・モンゴメリーのギターによるメロディがたまらない『Next Level』などなど聴きどころ満載です。

『ランナウェイ・スレイヴ』とは違った魅力の詰まったこちらも名盤です!アルバムは現在発売中です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。