FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Otis Redding(オーティス・レディング)- 『Otis Blue(オーティス・ブルー)』 [ソウル 名盤]

オーティス・レディングの最高傑作、『オーティス・ブルー』が再発!




先日2枚組、デラックス・エディションで再発された『オーティス・ブルー』。オーティス・レディングの最高傑作を問われて、最も上がる答えがこの作品ではないでしょうか。

ブッカー・T&MG’sを中心としたスタックスのスタジオ・ミュージシャンと、24歳のオーティス・レディングのエネルギーが正面からぶつかり合い、超ソリッドでタイトなソウル・ミュージックを生み出しています。当人たちの気迫が凄過ぎて余計な味付けは全く不要、だからこそここまでソウルの真髄に迫る作品ができたのでしょう。『Respect』の荒々しいドラムとオーティスのヴォーカルが生み出すグルーヴは必聴!歴史に残る名演です。そしてそこから繋がるサム・クックの『A Change Is Gonna Come』。この流れ!さらに『I’ve Been Loving You Too Long』の全身に絡み付くような温かい色香。強烈な印象を残す名曲です。スモール・フェイセズもカヴァーした『Shake』ももちろん素晴らしいですし、モータウンを代表するナンバーである『My Girl』も完全にオーティス・カラーに染め上げられています。

そしてこれらの名演を形にする手助けをしたのが、エンジニアのトム・ダウト。彼特有のサウンドがこの作品が名盤と呼ばれるのに大きく貢献したことは異論の余地がありません。

捨て曲一切なし、ソウル・ミュージックを代表する真の名盤といえるでしょう。絶対に手元に置いておきたい作品です。

それでは解説文を。

ATLANTIC R&B BEST COLLECTION 1000 (完全生産限定)
シンプルで心に迫るソウル・ミュージックの金字塔! オーティス・レディングの最高傑作と名高い3作目

ブッカー・T&MGズの面々を中心にしたスタックスのスタジオ・ミュージシャンたちとの息もぴったりと合い、全米R&Bチャート2位の 〈愛しすぎて〉、同4位の〈リスペクト〉、ローリング・ストーンズのカバー〈サティスファクション〉、そしてサム・クックの〈チェンジ・ゴナ・カム〉と息 つく暇もない名唱の数々。無駄な曲がひとつもなく、おそるべき完成度で迫る。24歳のオーティスの才気が爆発した真の傑作だ。
●2013年デジタル・リマスタリング

発売は2013/3/20です。






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。