FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Dinosaur Jr.(ダイナソーJr.)- 『Green Mind(グリーン・マインド』 [ロック 名盤]

ダイナソーJrの魅力が存分に発揮された最高傑作『グリーン・マインド』が再発!




2005年にオリジナル・メンバーで再結成を果たし大きな話題となったダイナソーJr。12/19にBLANCO Y NEGROに移籍時にリリースした4枚のオリジナル・アルバムを紙ジャケット&SHM-CDで再発されますが、今回紹介させていただくのは彼らの4枚目のアルバムとなった、1991年の作品『グリーン・マインド』です。

抽象的な絵がジャケットになることの多い彼らの作品の中で、このアルバムのジャケットは最高に格好良く、異色を放っています。音もジャケットそのままの、ぶっきらぼうで刺激的なものになっています。

ダイナソーJrは1985年にジェイ・マスシス、ルー・バーロウ、マーフの3人によって結成されました。アルバムをリリースするごとに評価を高めていった彼らですが、3枚目の『バグ』でついに全英チャートの1位を獲得します。ダイナソーJrの暴力的で破壊的でありながら、目的を持たないようなサウンドは当時の若者の心を掴みました。実際リーダーであるジェイ・マスキスも様々なメディアのインタビューで、「面倒くさいからツアーはやらない」、「働きたくないから大学に入ってバンドをやっている」などなど脱力するような発言を連発し、“無気力大王”と呼ばれる始末。しかし、そんなジェイ・マスキスが生み出す音楽がこれほどかっこいいのだから世の中分かりません。

名作『バグ』に続いてリリースされたのが彼らの最高傑作、『グリーン・マインド』です。アルバムはヒットとなったシングル『The Wagon』で幕を開けます。アルバムのジャケットの、“荒涼とした海辺でタバコを加える少女”といったイメージそのままの音が飛び出してきます。叩きつけるようなドラムとノイジーにかき鳴らされるギターが疾走し、放心したようでありながらメロディアスなヴォーカル。唯一無二のダイナソーJrサウンドが爆発しています。そして、このアルバムのほぼ全曲に言えることですが、ギター・ソロがめちゃめちゃかっこいい!元々ジェイ・マスキスはドラマーで、ギターに関しては全くの門外漢からスタートしているので、初期の曲は不協和音をかきならしているというスタイルでしたが、次第にそれに技術が伴い、このアルバムではスリリングで最高にクールなソロを聴かせてくれます。

続いての『Puke+Cry』はもう少しペースを落としたグルーヴとなり、よりメロディアスになっています。ドラムが主導権を握るジェイ・マスキスらしい曲です。

I Live for That Look』は空虚さが溢れ出したような曲で、風の吹き抜ける原野を連想します。どことなくボブ・ディランにも通じる音ではないでしょうか。この曲のギター・ソロも痺れます。

そのタイトル通りつかみ所のない一風変わった『Flying Cloud』を挿んで、前のめりなリズムがたまらない『How’d You Pin That One On Me』が始まります。障害物をなぎ倒して疾走するかのようなドラムにアドレナリンが吹き出ます。

Muck』はダイナソーJrにしては珍しいタイプの曲で、粘っこいギターがファンクっぽいです。ただ、ジェイ・マスキスに訊いても、特に意図はなくて、ただそうなったと言われそうですけど、アルバムの他のナンバーとは全く異なる異色を放つナンバーです。

アルバムを通してダイナソーJrの魅力が感じられる、まさに名盤と呼ぶに相応しいアルバムです。彼らのような音を出すバンドは後にも先にもいません。こんな素晴らしい音楽を知らずにいるのはあまりにも勿体な過ぎます。この再発を機に是非聴いてみて下さい。またダイナソーJrの作品を持っている方も、SHM-CDでよりグレードアップした彼らの魅力に触れてみてはいかがでしょう?

発売は2012/12/19です。






2005年にルー・バーロウも戻りオリジナル・メンバーで復活したダイナソーJr。これまでに2枚のアルバムをリリースし、ファンを狂喜させています。














いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。