FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Kero One(ケロ・ワン)- Windmills of My Soul(ウィンドミルズ・オブ・マイ・ソウル) [ヒップ・ホップ 名盤]

ケロ・ワンのデビュー作にして、ジャジー・ヒップ・ホップ・ファンを狂喜させた名盤!




 ケロ・ワンという名前はどれほど知られているのでしょうか?ジャジー・ヒップ・ホップが好きな方の間ではそこそこの知名度はあると思うのですが、一般のリスナーの間ではほぼ無名といって良いのではないでしょうか?

 2005年に今回紹介させていただく名盤『Windmills of My Soul』でデビューして以来、3枚のアルバムをリリースし、そのどれもが名盤と言って良いクオリティを持っていますが、その作品とケロ・ワンの知名度が比例していないのが寂しいところです。これほどの才能を持つアーティストがこの状況では勿体ない、ぜひ一人でも多くのリスナーに聴いていただきたいという思いで今回はレビューを書かせていただきました。

 ケロ・ワンは韓国系アメリカ人で、確かに見た目は完璧なアジア人であり、私も初めて写真を見た時はびっくりしました。これは完全な私の先入観で、ヒップ・ホップ=黒人という図式が無意識のうちに頭にあったからです。しかし、そんな外見のことなど吹っ飛ばしてくれるくらい『Windmills of My Soul』は素晴らしいアルバムでした。

 とにかく音のセンスがいい!滑らかで繊細でありがなら、しっかりとしたボトムの重さもあるという完璧なサウンド。こういうサウンドは特に日本のリスナーにアピールするものだと思います。それを裏付けるエピソードがあります。

 ケロ・ワンは元々はウェブ・デザイナーだったのですが、あるとき自作でシングルを50枚作ったのです。その1枚が日本人DJによって購入され、彼がクラブでそのシングルをプレイしたことにより日本のレーベルがケロ・ワンに興味を持ち、そのシングルを3000枚注文したそうです。ですから、ケロ・ワンを発見したのは日本人だと言っても過言ではないのです!

 そして2005年にリリースされたのが本作『Windmills of My Soul』です。このアルバムは2006年に、あのRemix誌の“ベスト・ヒップ・ホップ・アルバム2005”を獲得しています。

 プレイボタンを押して流れ出すイントロのギター。これだけでこのアルバムの質、そしてケロ・ワンのセンスが理解していただけるでしょう。ライムも力が抜けてすっと入ってくるもので、“時々ごろっとしてリラックスしたいよね”という歌詞もぴったりです。ドラムも抜けが良い音で素晴らしい!

 フェンダーローズのとろける音色がたまらない『Give Thanks』、『My Story』、『It’s A New Day』などはケロ・ワンと言われて真っ先に思い浮かべるイメージの曲かもしれません。

 インスピレーション溢れるサックスとストレイト・アヘッドなライムがゾクゾクさせてくれる『Musical Journey』は、うってかわって熱い内容になっています。この『Musical Journey』以外でもサックスが登場する曲が非常に多いのがこのアルバムの特徴で、ただあるフレーズをループするだけではなく創造力に満ちたプレイを聴かせてくれるサックスはケロ・ワンの音楽の重要なパートを占めています。

 また、アルバムを通してドラムがめちゃくちゃいいですね。生演奏だと思うのですが、重くなり過ぎず、キレのある音と、単純に曲の一要素にとどまりリズムを刻むだけというのではなく、自由にプレイすることによって曲に新たな彩りを加えていっているというところが素晴らしいです。それによってこのアルバムの曲は生き生きしたグルーヴを獲得しているのです。

 さらに『Windmills Intro』で聴かれるようなリラックスしたライムはケロ・ワンのジャジーな曲調と相性抜群ですが、決してケロ・ワンのライムはこういった形のものだけではありません。『Musical Journey』、『In A Dream』、『Keep It Alive!』などを聴くとシリアスなメッセージを伝える際にはライムにエネルギーを込めており、ぐっと骨太なものになっています。

 『Tempted』はお気に入りの曲なのですが、イントロで“少しベースのヴォリューム上げてくれ”というセリフの通りベースが曲を引っ張っていくシンプルな構成で、ここに入ってくるサックスのメロディがたまらない。このメロディは繰り返し出てきて、もうこの曲といったらあのサックスというくらい頭に残ります。ピアノの音色も含めて、ちょっと変わった構成でありながら、同時に非常にポップでもあるという名曲。

 そしてこれも名曲『In All The Wrong Places』。こちらはもうメロディアス全開といった感じで、ケロ・ワンの作り出すノスタルジックなサウンドが存分に味わえる曲です。ピアノのメロディも素晴らしいですが、私がいつも一番胸を熱くするのはサビでのアコースティック・ギターです。この使い方は反則といってもよいくらいの衝撃です。

 ヒップ・ホップでは定番のフルートを使った『Cycle Repeats』はオールド・スタイルな格好良さがたまらない一曲です。共演MC、スクラッチ、ギター、サックスが男気溢れるサウンドを盛り上げています。

 『Check The Blueprints』はケロ・ワンの魅力を分かり易く詰め込んだ曲になっています。メロディアスなサックス、どっしりとしていながらキレのあるドラム、スムースなライム、とろけるようなフェンダーローズ、そして夢を見ているかのような空気感。初めてケロ・ワンを聴く方にはまずこの曲を聴いてもらうのが一番良いかもしれません。

 アルバム最後に収録されたDJ Mitsu The Beatsによる『My Soul』のリミックスは、スペイシー度を増したサウンド・プロデュースがされており、さらに硬くなったドラムの音によりがらりと表情が変わっています。

 いよいよ待望の新作が発売されるケロ・ワンですが、この機会にもう一度出発点となったこの名盤を聴いてみてはいかがでしょう?何度も繰り返し聴いてしまう心を癒す魔法を持ったアルバムです。






こちらは2012/7/4発売のニュー・アルバム『カラー・セオリー』です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。