FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Rufus Wainwright(ルーファス・ウェインライト) - 『Vibrate : The Best of (ザ・ベスト・オブ・ルーファス・ウェインライト)』

ルーファス・ウェインライトの15年のキャリアを総括するベスト盤、『Vibrate : ザ・ベスト・オブ・ルーファス・ウェインライト』が登場!




98年にセルフタイトルのアルバムでデビューして以来、12年の『Out of the Game』まで実に10枚のスタジオ・アルバムをリリースしてきたルーファス・ウェインライト。ドラマティックでナルシシズムに満ちた、オペラから強い影響を受けている彼のサウンドは非常にユニークであると同時にアーティスティックであり、デビュー作から高い評価を受けました。

ルーファスの沈んでいく傾向が最も強くなった作品が、母親の死というものと向き合いながら作り上げた10年の『All Days Are Night:Songs for Lulu』でしょう。幼い頃に両親が離婚をし母子家庭で育ったルーファスにとって母親の死というものはそう簡単に受け入れられるものではなかったのでしょう。作品は深い悲しみに満ちており、またその後も彼はその影を引きずることになります。

そんなルーファスの転機となったのが娘の誕生であり、その結果生まれた作品が12年の『Out of the Game』です。この作品はなんとシャロン・ジョーンズ&ダップ・キングスという現代最強のファンク・バンドの一つを招いて録音されており、またプロデューサーにはエイミー・ワインハウスやアデルで知られるマーク・ロンソンを起用しており、ルーファスのキャリア史上最もポップな作品となっています。

ルーファス・ウェインライトの音楽はBGMで流すことのできるようなタイプの音楽ではなく、全神経を集中し五感で感じるものです。リスナーに負荷を強いる反面それに値するだけの素晴らしい世界をみせてくれます。ベスト盤にはレナード・コーエンの『ハレルヤ』が収録されるとのことで、ルーファスのイメージとぴったりのこの曲がどのように演奏されているのか楽しみです。

アルバムの発売は2014/3/3です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/02/10 09:00 ] The Raspberries Rufus Wainwright | TB(0) | CM(0)

Rufus Wainwright (ルーファス・ウェインライト)- Out of the Game(アウト・オブ・ザ・ゲーム) [ロック 名盤]

 ルーファス・ウィンライトの新作の情報が入ってきました!セルフ・タイトルのデビュー作で各メディアから、賞賛の嵐を受けて以来、コンスタントに良作をリリースし続けているルーファス・ウェインライト。前作である2010年にリリースされた『All Days Are Nights: Songs for Lulu』も素晴らしい内容でした。

 ルーファス・ウェインライトがここまでシーンに受け入れられている理由の一つに、揺るぎない自分の音楽へ対する自信というものがあると思います。もちろん質も素晴らしいのですが、ルーファス・ウェインライトが作っている音楽は、彼以外には作ることのできない、オリジナリティに溢れています。ですから、私は彼のデビュー作を聴いたときに、“変わった音楽だな”という印象が強く、その本質を理解するには程遠い状態でした。

 しかし、繰り返し聴くことで、トラディショナルなポップ・ミュージックと、クラシックやオペラといった従来のロックやポップ・ミュージックでは取り入れられることの少なかった音楽を融合した、ルーファス・ウェインライト・ミュージックというものを理解できるようになりました。

 異形の音楽に共通している事実の一つに、いったんその魅力にはまってしまうと、それ以外の作品ではその感覚を得ることができず、ひたすらそのアーティストを聴き続けるということがありますが、ルーファス・ウェインライトの音楽はまさにそれです。多くの評論家がこぞって彼の音楽を高く評価するのも、そういった理由があると思います。

 前作から2年。今度はどのような楽園を用意してくれたのでしょうか?発売は2012/4/25です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/03/14 09:00 ] The Raspberries Rufus Wainwright | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。