FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Jim O'Rourke

ジム・オルーク・ポップを確立した重要作にして名盤2作が再発です!


 現在のロック/ポップ・シーンで、アーティスト/プロデューサーとして確固たる地位を確立しているジム・オルークの1999年の『ユリイカ』、2001年の『インシグニフィカンス』の2作が紙ジャケ再発です!

 ガスター・デル・ソルにいた頃は、エクスペリメンタルな音楽をやっていて、質の高さはよく分かったのですが、なかなかとっつきにくい音楽だったため、それほど熱心には聴いていませんでした。それがこの『ユリイカ』と『インシグニフィカンス』では、まさに極彩色のポップ・ミュージックを展開してファンを驚かせると同時に狂喜させました。この2作品がジム・オルークに新たな可能性の扉を開いたのは間違いありませんし、またそれまでジム・オルークの関わってきた作品に興味をもっていなかったリスナーを取り込むきっかけになったことも間違いないでしょう。

 様々な音楽に精通し、卓越した音楽センス、冒険心をもつジム・オルークが、ポップ・ミュージックと正面から向き合うことで、ポップ史に残る名盤を作り上げたのです。この2作を聴いていただければ、ジム・オルークというアーティストがどれだけ特殊で、また才能を持っているかということがよく理解していただけると思います。

 それでは解説文を。

ジム・オルークの名を広く知らしめることとなった1999年発表のエポックメイキング作『ユリイカ』と、ロックなサウンドで話題を呼んだ2001年発表の『インシグニフィカンス』が紙ジャケで再登場!

ユリイカ<初回限定生産盤> Jim O'Rourke

初のヴォーカル・アルバムということでも大きな話題を呼んだ、鬼才ジム・オルークの代表作であり、ヴァン・ダイク・パークスやジャック・ニッチェを敬愛す るオルークのポップ・サイドを集大成したかのような作品。本作リリース後、オルークは活動の場をますますポップ・フィールドへと拡げていくことになる。マ スターピース!







インシグニフィカンス<初回限定生産盤>Jim O'Rourke
ロック”と言いつつ、ラウドなナンバーはじつは2曲のみ。だが、シンプルなバンド・サウンドにこだわったことはたしか。そして、シンプルなサウンドだから こその味わい深さ。『ユリイカ』はただの“さわり”にすぎなかった!これがジム・オルークからのニュー・ポップ・ミュージックだ!ウィルコのジェフ・トゥ イーディも参加。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/03/20 09:00 ] Jesse Winchester Jim O'Rourke | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。