FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Brian Eno(ブライアン・イーノ)- 『Another Green World(アナザー・グリーン・ワールド)』[ロック 名盤]

ブライアン・イーノが新たな世界へと旅立った記念碑的な名盤『アナザー・グリーン・ワールド』が再発!




現在トップ・プロデューサーとして知られるブライアン・イーノのソロ三作目にして、“環境音楽”と呼ばれることになる新たなジャンルを確立した名盤『アナザー・グリーン・ワールド』。

それでは具体的にどのような変化があったのかといえば、前作までのロック的なサウンドが影をひそめ、代わりに漂うようなつかみ所のないアンビエントなサウンドが展開されます。また歌詞の面でも、14曲中僅か5曲しか歌詞を持つ曲がなく、インストが大半を占めます。

この作品がこれまでのイーノの作品と大きく異なったものになった一つの理由に、そのレコーディング方法です。スタジオに入ってからしばらく思ったように作業の進まなかったイーノは、“Oblique Strategies”というカードを使用したレコーディング方法を採用したことがあります。

また、前作に引き続きフィル・コリンズ、ロバート・フィリップなどがゲスト参加していますが、実に7曲ですべての楽器をイーノが演奏しています。この辺り、イーノの頭の中にははっきりとしたイメージがあったことが窺われます。

アルバムは『Sky Saw』という、次々と新しい楽器が登場する不思議な曲からスタートします。この時点でこのアルバムが従来の“ロック”というカテゴリーにおさまるものではないということがはっきりとします。ちなみに『Sky Saw』はミックスを変えてイーノの『Music for Films』や、ウルトラヴォックスのデビュー作に使用されており、イーノのこの曲に対する満足感を感じます。

3曲目の『St. Elmo's Fire』はヴォーカルの入った、このアルバムではポップなナンバーで中盤の民族音楽をも連想させるギター・ソロが素晴らしい曲です。

そして5曲目の『The Big Ship』。分厚いシンセサイザーの音が支配する映画音楽のような曲ですが、なにかイメージを喚起するのではなく、聴いている者をその音世界に引きずり込むような圧倒的なスケールを持っており、聴いていると頭が真っ白になります。

続く『I'LL Coming Running』は一転してユーモラスなピアノとポップなメロディを持つ曲で、あまりの違いに少しずっこけてしまいます。個人的には『The Big Ship』のようなサウンドを追求して欲しかったのですが、この辺りがまだ音楽の方向性がはっきりしていなかったということなのかもしれません。

『Sombre Reptiles』や『Becalmed』、そしてエンド曲『Spirits Drifting』も『The Big Ship』と近い宗教的な美しさとでもいうべきサウンドを持つ曲で、やはり個人的に大好きなナンバーです。

『Golden Hours』はシンセサイザーが中心となったサウンドにヴォーカルが乗る、アンビエントな曲とポップな曲の中間の色合いを持っています。中盤のギター・ソロがちょっと説明しづらい変わったもので、とてもインパクトがあります。『Everything Merges With The Night』も同じような傾向の曲で、アンビエントな曲、ポップな曲、その中間の曲とブライアン・イーノの試行錯誤を感じます。

昔は名盤と評価されながら、イマイチ良さが分からない作品という印象だったのですが、今回あらためて聴き直してみて、これは間違いなく名盤だと感じました。どこがどう良いのか説明するのは非常に難しいのですが、単純に聴いていて満たされた気分になる作品で、そういった気持ちにしてくれる作品はめったに出会うことができません。この再発でこんな名盤が再発見されると素晴らしいですね!

アルバムは現在発売中です。













いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/10/04 09:00 ] Animal Collective Brian Eno | TB(0) | CM(0)

Brian Eno(ブライアン・イーノ)- 『Another Green World(アナザー・グリーン・ワールド)』、『Before And After Science(ビフォアー・アンド・アフター・サイエンス)』 [ロック 名盤]

ブライアン・イーノがオリジナルの作風を獲得していく過程が手に取るように分かる、70〜80年代の作品がSHM-CDで再発!




グラム・ロック最高のバンドの一つ、ロキシー・ミュージックにシンセサイザー・プレイヤーとして加入してキャリアをスタートさせたブライアン・イーノ。結局はブライアン・フェリーとの対立から2ndアルバムである、『For Your Pleasure』を最後にロキシー・ミュージックを脱退してしまったのは有名な話しですが、このエピソードから窺い知れるのは、当時のブライアン・イーノがどれほど個性的で、それにブライアン・フェリーが反応したかということです。

そんなブライアン・イーノがソロになって最初にリリースしたのが、74年のロバート・フィリップなど豪華ゲストが参加した『Here Comes The Warm Jets』でした。この作品の頃はまだロックという言葉の定義する範疇にいたイーノですが、75年にリリースした3rdアルバム、『Another Green World』で、その後の彼の代名詞ともなる“環境音楽”というジャンルを確立することになります。アンビエントで実験的なサウンドは、刺激的な音を求めていたリスナーの注目を集め、また自分の求める音に辿り着いたブライアン・イーノは大きな飛躍を遂げていきます。

発売は『Another Green World』より後となるのですが、75年に発売された5作目の『Before and After Science』は、デヴィッド・ボウイやウルトラヴォックスなどでのプロデュース業が還元されたロックよりの素晴らしい作品になっています。

今回再発される作品のなかで最後にリリースされた82年の『Ambient 4 – On Land』までの間に、前述したロバート・フィリップを始め、ハロルド・バット、ダニエル・ラノワなど素晴らしい才能とコラボレーションしており、その辺りも聴きどころです。

また、ブライアン・イーノは76年から79年にかけてデヴィッド・ボウイの名作群、“ベルリン三部作”をプロデュースし、その名声をさらに高めていくことになります。

アルバムの発売は2013/8/28です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/08/10 09:00 ] Animal Collective Brian Eno | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。