FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Janes Addiction(ジェーンズ・アディクション)- Nothing’s Shocking(ナッシング・ショッキング) [ロック 名盤]

 80年後半にシーンに登場し、ハード・ロック、メタル、パンクなどの攻撃的な音楽をミックスし、そのあまりに攻撃的な音楽でリスナーに衝撃を与えると同時に、瞬く間にカリスマ的存在になったジェーンズ・アディクションの記念すべき1stアルバムが再発されます。

 ジェーンズ・アディクションといえば、まずペリー・ファレルでしょう。デビュー当時はドラックにまみれ、危険な空気をまといながら、同時に知性を感じさせたまさにグループの頭脳。その後はかなりスピリチュアルな世界へ傾倒していくのですが、とにかくこの時期のファレルは人を魅きつける危うさがありました。

 そしてもう一人、レッチリへの参加が印象的なデイヴ・ナヴァロ。レッチリに参加したという事実が物語るように、ナヴァロはメタルとファンクの両方に通じ、さらにテクニックも抜群という希有な存在です。結局レッチリではいまいち音楽性が合わずに、傑作を作り上げるとことできませんでしたが、それでもデイヴ・ナヴァロが素晴らしいギタリストであることは変わりません。

 こんなメンツがギラギラしてシーンに登場してきたときに作り上げた1stアルバム。衝撃は半端じゃありません。今聴いても十分刺激的なこのサウンドに痺れてください。

発売は2012/1/25です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/01/02 09:00 ] James Janes Addiction | TB(0) | CM(0)

Jane's Addiction(ジェーンズ・アディクション)- Great Escape Artist(グレート・エスケープ・アーティスト) [ロック 名盤]

 応年のファンが耳を疑うニュースが飛び込んできました!なんとあのジェーンズ・アディクションが再結成をし、新作をリリースするというのです!

 ジェーンズ・アディクションといえば1985年に結成されてから、1991年に解散するまでのわずか6年足らずの期間でシーンに大きな爪痕を残した伝説のバンドです。ヴォーカルのペリー・ファレルは完全にこの人の世界をもっており、理解し難い発言を繰り返していましたが、それが不思議な魅力を放っていました。そしてギターのデイヴィッド・ナヴァロは解散後にレッド・ホット・チリ・ペッパーズに参加して1枚のスタジオアルバムを残しました。

 そんな個性溢れるメンバーが作り出すオリジナリティに溢れた楽曲と世界観で、ジェーンズ・アディクションは多くの熱狂的なファンを獲得しました。とにかく聴いていると自分の音楽観が音をたてて崩れていくような、そんな感覚にとらわれたものです。


 それでは解説文を掲載させていただきます(HMVホームページより)


 昨年より伝えられていたJane's Addictionの約8年ぶりとなるニュー・アルバムが遂に9月リリース決定!!

 2010年の11月に、デイヴ・ナヴァロがTV番組にて「2011年には新作を発表できると思う。」とコメントし、同年12月からレコーディング進められていた最新作『Great Escape Artist』。

 2003年の『Strays』以来、8年ぶりのスタジオ・アルバムとなる本作には、ボーカルのペリー・ファレルのほか、ギターのデイヴ・ナヴァロ、ドラムのクリス・チェイニーというオリジナル・メンバーが揃い、ベーシストには約半年でバンドを離脱したダフ・マッケイガンに代わりTV On The RadioのDave Sitekが参加している模様!
アルバムについてペリーは、

「ジェインズがかつて持っていたポスト・パンク・ゴス的なダークさと、ミューズとかレディオヘッドとか最近のバンドがやってるようなことを変な感じで合わせたようなものになっていると思う。」

とコメント!アルバムからのリード・トラック「End of the Lies」やアルバムのドキュメンタリー映像もすでにウェブで公開されており、かなりの手応えを感じるとともに、久々に聴くペリー・ファレルのネチっこいボーカルにはかなり期待が高まります!

リリースは9月27日!気になる方は海外のサイト等チェックです!!










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/08/06 10:00 ] James Janes Addiction | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。