FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Eric Clapton, Jeff Beck, Jimmy Page - 『Layla』 [Youtube]

 3大ギタリストが一堂に会してプレイしたという意味で貴重な映像です。詳しいことはよく分かりませんが、なにかの音楽イベントでの一コマのようで、とにかくもの凄い数のミュージシャンがステージに上がっています。そのため、演奏のクオリティがどうこうといった次元ではなく、とにかくみんなが楽しく曲を演奏しているといった感じで、とてもリラックスしている空気が伝わってきます。

 有名ミュージシャンが大勢いるにも関わらず、最前列でエリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジの3人が演奏していることから、やはりこの3人は別格で、みんなそれを理解しているのだなということが分かります。曲もエリック・クラプトンの持ち歌であり、ギターが前に出る曲ということもあるかもしれません。

 そして3人のプレイ・スタイルがまた興味深いです。クラプトンはそれほど大きなアクションも見せずに、ヴォーカルをとりながらギターを弾いているのに対して、ジミー・ペイジはコードを弾いたあとに右手を上げるあの独特の仕草をしてみたり、中盤のジャムでは頭を振りながらギターを弾き、誰よりも乗っている感じがします。目立ちたがり屋というものあるかもしれませんね(笑)。そして、ジェフ・ベックは白いTシャツにジーパンという、これまた本当いいつも通りの格好で、少し背中を丸めて弾くところもいつも通りです。

 取り立ててなにか化学反応が起こるといったことはないのですが、3人が一緒に演奏するという場面をみるだけでも音楽ファンなら胸が躍るのではないでしょうか。

Eric Clapton, Jeff Beck, Jimmy Page - 『Layla』






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。