FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Guided by Voices(ガイデッド・バイ・ヴォイシズ)- 『Cool Planet』

なんとガイデッド・バイ・ヴォイシズがまたまた新作『Cool Planet』をリリース!




なんなんでしょう、この創造意欲は!今年2月18日に『Motivational Jumpsuit』をリリースし、依然変わらない音楽へのピュアな眼差しでファンを喜ばせてくれたガイデッド・バイ・ヴォイシズが、今度は僅か3ヶ月というインターバルで新作『Cool Planet』をリリースします。

ガイデッド・バイ・ヴォイシズのアルバムに収録されている曲は大抵2分程度の短いポップ・ソングであり、思いついたらそれをその場で曲にしているような手軽さもあり多作になるのは理解できるのですが、それでもこのペースでの新作は凄過ぎる!現在ウェブで公開されている『Bad Love is Easy』を聴いてみると、ガイデッド・バイ・ヴォイシズらしいディストーションのかかったギター・リフからスタートし埃っぽいドラムが乗っかってくるというサウンド。これまた2分ほどで駆け抜けていく圧倒的な清々しさ!




これまでガイデッド・バイ・ヴォイシズの音楽が好きな人なら楽しむことができ、そうでなければ楽しめない、完全に自分たちの音楽をただ追い求める新作になりそうです。私は….もちろんめちゃくちゃ楽しみです!新作は2014/5/12リリース予定です!





いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/03/30 09:00 ] Foster the People Guided By Voices | TB(0) | CM(0)

Guided by Voices(ガイデッド・バイ・ヴォイシズ)- 『Planet Score』

ガイデッド・バイ・ヴォイシズの最新作『Motivational Jumpsuit』から『Planet Score』が公開!




遂に20作目のアルバムを本日リリースするガイデッド・バイ・ヴォイシズ。バンド活動を通して変わらない音楽への新鮮な興味には驚嘆させられます。曲を聴くとその辺の若いバンドよりも遥かに若々しく活力に溢れた音を出しており、こっちも元気にさせられます。

昨日は『Littlest League Possible』について書かせていただきましたが、今回は『Planet Score』です。アメリカのTVドラマで知られるマット・ジョーンズが演じるPVもチープでいいですが、やはり曲ですね。2分弱のコンパクトなポップ・ソングで、ノイジーなギターと頭に残るメロディ、そして永遠に消えない甘酸っぱさがあるまさにガイデッド・バイ・ヴォイシズ!迷いも全くないですね!




さあ新作を聴こう!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/02/18 09:00 ] Foster the People Guided By Voices | TB(0) | CM(0)

Guided by Voices(ガイデッド・バイ・ヴォイシズ)- 『Motivational Jumpsuit』

大ベテランバンド、ガイデッド・バイ・ヴォイシズが来年リリース予定の新作からのナンバーを公開




オハイオ州出身のインディー・バンド、ガイデッド・バイ・ヴォイシズ。その活動は83年にスタートし、04年から10年までは活動を停止していましたが、それでもキャリアはゆうに20年を超える大ベテランです。

ガイデッド・バイ・ヴォイシズが最も話題となったのが90年代中盤のロー・ファイのときでしょう。宅録のようなチープな環境で録音された音楽に注目が集まり、ガイデッド・バイ・ヴォイシズもそれらの一つでした。個人的には96年の『Under the Bushes Under the Stars』を愛聴していて、短いながらも個性に溢れたキラキラした楽曲が印象的でした。

13年に『English Little League』をリリースしたさいにMagnet Magazineのインタビューでこのアルバムが最後になるかもしれないと語っていたので、新作のリリースのニュースは嬉しかったです。2月25日にリリース予定の新作から先行公開された『Little League Possible』を聴くと、相変わらずチープなサウンドのなかに子供のような無邪気さに満ちた音楽への愛が詰まっていて、本当にこのバンドは変わらないなと感動させられました。ガイデッド・バイ・ヴォイシズらしい20曲で38分というコンパクト・ポップなこの作品は、きっと音楽を聴くことの喜びが詰まった宝箱のような作品になるでしょう。












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/02/17 09:00 ] Foster the People Guided By Voices | TB(0) | CM(0)

Guided By Voices(ガイデッド・バイ・ヴォイシズ)- Let's Go Eat The Factory(レッツ・ゴー・イート・ザ・ファクトリー) [名盤 ロック]

 あのGuided By Voicesが新作をリリースします!このニュースで狂喜される方も多いのではないでしょうか?1983年にキャリアをスタートさせ、様々なメンバーが関わりながら2004年の解散まで、USインディー・ロック・シーンに大きな影響を与えてきたカリスマ的バンド。

 カレッジ・チャートで強い支持が示すように、一筋縄ではいかない捻ったアレンジとメロディ、そして知性と遊び心を感じさせる作品で多くのリスナーを魅了してきました。今回のアルバムは、Robert Pollard, Tobin Sprout, Mitch Mitchell, Greg Demos, Kevin Fennellというラインナップでは15年振りのアルバムです。

 21曲収録されているという情報を聞いて、“Guided By Voice”っぽいなとにやりとする方もいらっしゃるのではないでしょうか?アイデアを思いつくまま形にしたような、楽しい小品がずらりと並んだアルバムになっているのでしょう。いまからワクワクしてきます。

 それでは解説文を。

 2010年に再結成した元祖USのインディー・ロック・バンド、Guided By Voicesが約7年ぶりの最新作をリリース!

Guided By Voices:
 80年代半ばに結成され、90年代のUSインディー・シーンを語るに無くてはならない存在であるロバート・ポラード率いるGuided By Voices。初期の頃はマタドールからリリースし、メジャーへ移籍してからは2枚アルバムをリリース。その後2002年に再び古巣マタドールへ戻りますが、自主レーベル"Fading Captain"も立ち上げ、これまで多くの作品を発表しています。

 2004年に一度バンドは解散しますが、昨年、2010年に再結成。そして再結成後初となる、ファン待望のニュー・アルバムを来年2012年の1月にリリースすることが決定!

 バンドのメンバーは、フロントマンのロバート・ポラード(ギター/ヴォーカル)を筆頭に、トビン・スプラウト(ギター)、グレッグ・デモス(ベース)、ミッチ・ミッチェル(ギター)、ケヴィン・フェンネル(ドラムス)の5人となっており、この顔ぶれは96年発表の『Under The Bushes, Under The Stars』以来のことだそう!
また、このメンバーですにに再結成ツアーを行っているなど、気心の知れた仲ゆえにGuided By Voicesらしい素晴らしい作品を届けてくれることは間違いないでしょう!

ファンの方はお楽しみに!

『Let's Go Eat the Factory』トラックリスト

01 Laundry and Lasers
02 The Head
03 Doughnut for a Snowman
04 Spiderfighter
05 Hang Mr. Kite
06 God Loves Us
07 The Unsinkable Fats Domino
08 Who Invented the Sun
09 The Big Hat and Toy Show
10 Imperial Racehorsing
11 How I Met My Mother
12 Waves
13 My Europa
14 Chocolate Boy
15 The Things That Never Need
16 Either Nelson
17 Cyclone Utilities (Remember Your Birthday)
18 Old Bones
19 Go Rolling Home
20 The Room Taking Shape
21 We Won't Apologize for the Human Race


発売は2012/1/16です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/01/14 09:00 ] Foster the People Guided By Voices | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。