FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Galactic(ギャラクティック)- Carnivale Electricos(カーニヴァル・エレクトリコス) [ソウル 名盤]

 ギャラクティックの新作が発売されます!ギャラクティックといえば燃えるようなグルーヴでファンクを叩きだす、希代のファンク・バンドで、これまでもディープなファンク・ファンを狂喜させるアルバムを次々とリリースしてきました。そんなギャラクティックが今回の題材に選んだのは“マルディクラ”!

 このニュースを聞いて期待が半端なくなりました。マルディグラといえばニューオリンズの名物となっている大規模なお祭りです。様々な音楽のルーツであるニューオリンズに焦点を当てるということが、ギャラクティックの気合いを象徴しています。

 参加しているアーティストはニューオリンズにゆかりのあるミュージシャンということですが、アル・ジョンソンやネヴィル・ブラザースのメンバーがいる一方、ラッパーのミスティカルやマニー・フレッシュがいるという、まさにガンボのようなごった煮状態!それをまとめるのがギャラクティックのファンキー・グルーヴとくれば、これは本当に期待出来ますね。

 そしてアルバムに先駆けてリリースされた『Hey Na Na feat. David Shaw (of the Revivalists) and Maggie Koerner』を試聴してみました。めちゃめちゃファンキーでグルーヴィーな出来になっています。アルバムがマルディグラをモチーフにしているように、踊れるリズムがしっかりと根本にあり、それにディストーションのかかったギターや、コーラスが彩を加えていくという、とにかく抜群に明るくて生命力溢れるトラックとなっています。このトラックを聴いて、アルバムがこの曲の延長線上にあるだろうということが予測出来ます。

 それでは解説文を。



世界無敵のファンク・ジャム・バンド、ギャラクティックの最新作は、 地元、ニュー・オーリンズ一大カーニヴァル「マルディグラ」をテーマにした、 マルディグラに縁のあるアーティストとのコラボレーション・アルバム!  しかも発売時期は、本家マルディグラの開催時期ということで、ニュー・オリンズでは大盛り上がり必至♪

ニューアルバム『Carnivale Electricos』に参加するのは、 ニューオリンズのレジェンド、アル・“カーニバル・タイム”・ジョンソン、 ネヴィル・ブラザースでお馴染みのシリル・ネヴィルやアーロンの息子、アイヴァン・ネヴィルや、 ラッパーのミスティカルやキャッシュマネーで活躍したプロデューサーのマニー・フレッシュ、 リバース・ブラス・ バンド等で活躍しているトロンボーン奏者のコーレイ・ヘンリーなどなど。 これまで培ったコラボレーション手法を成熟させ、地元ニュー・オーリンズ最大の音楽祭マルディグラをテーマにした最高のパーティー・アルバムの誕生!


■ギャラクティック・プロフィール
94年のデビュー以来、全世界を圧倒的なグルーヴで虜にしてきたニューオリンズ出身のファンカデリック ・ジャム・バンド、ギャラクティック。長年バンドのボーカリストとして活躍していたセリル “ザ・ハウスマン” デ クロウの脱退後、5thアルバム「From The Corner To The Block 」(2007年) は、ほぼ全ての楽曲で異なったフィーチ ャリングMCを迎えた、ヒップホップ色の濃いアルバムに、6thアルバム「Ya-Ka-May」ではニュー・オーリンズ出身のアーティストとのコラボレー ションアルバムとなった。
メンバー:ベンエルマン( サックス)/ロバート・マーキュリアス(ベース)/スタントン・ムーア (ドラムス)/ジェフ・レインズ(ギター)/リッチ・ヴォーゲル( キーボーズ)

■マルディグラ(MardiGras) とは
フランス語で、太った火曜日(FatTuesday) を意味するそうです。宗教的には、イースター前の断食に入る前に、いっぱい食べようということから始まったお祭りらしいのですが、いつのまにかそこにアフ リカ系移民( 奴隷として連れてこられた人) や、インディアンの儀式などの要素が入りこんで、今では、パレード、音楽、食べ物を中心としたドンチャン騒ぎのお祭りになっているようです。マルディグラ デイは毎年かわりますが(2月か3月の火曜日)、その日の11日前の金曜日から毎日パレードが行われ、マルディグラデイで最高潮を迎えます。パレードで は、色んな飾り付けをした山車がメインストリートを行進し、その山車と山車の間には、ブラスバンドや、オープンカーに乗った有名人らしき人等が次々と通り ます。そして、山車や車からは、ビーズの首飾り、カップ、コイン、子供のおもちゃ等、色んなものが、観客へ向けて投げられます。ビーズを沢山キャッチする と幸福になると言われています。

トラックリスト
1. Ha Di Ka feat. Big Chief Juan Pardo and the Golden Comanche
2. Hey Na Na feat. David Shaw (from the Revivalists) and Maggie Koerner
3. Magalenha feat. Casa Samba
4. Voyage Ton Flag
5. Out in the Street feat. Cyril and Ivan Neville
6. JuLou
7. Move Fast feat. Mystikal and Mannie Fresh
8. Karate feat. KIPP Renaissance High School Marching Band
9. Guero Bounce
10. Carnival Time feat. Al “Carnival Time” Johnson
11. Attack
12. O Côco da Galinha feat. Moyseis Marques
13. Ash Wednesday Sunrise

発売は2012/2/2です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/01/26 09:00 ] ソウル E~H Galactic | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。