FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Cars(カーズ) SHM-CD再発 [ロック 名盤]

 70年代後半にシーンに登場し、キャッチーなメロディとプラスティック感覚たっぷりのサウンド・プロデュースでファンを魅了したカーズのオリジナル・アルバム6枚が、紙ジャケ、デジタル・リマスター、SHM-CD仕様で再発です!

 カーズといえばやはりリック・オケイセク。捻った独特のポップ・センスと、サウンド感覚を持つ彼が間違いなくカーズの音楽の心臓でした。そして、そんなリック・オケイセクが再び脚光を浴びたのが、ウィーザーの1stアルバムをプロデューしたときです。

 カーズのように独特のメロディ・ラインを持ち、勢いのある演奏の彼らと、リック・オケイセクの作り出す音は奇跡の組み合わせとなり、ウィーザーのデビュー・アルバムは彼らの最高傑作であるどころか、90年代最高のロック・アルバムの1つに挙げられています。

 そんな事実も踏まえた上で、カーズの諸作を聴いてみると面白いかもしれません。また、アルバムを出すごとに音楽を進化させていっている過程も確認でき、年代を追って聴いてみるのもいいですね。

 それでは解説文を。

78年のデビュー・アルバムが絶賛され、それ以降も次々にアルバムを大ヒットさせた'80年代アメリカを代表するバンドとなったカーズ。彼らのオリジナル・アルバム6タイトルがUS盤完全復刻紙ジャケット・コレクション&最新デジタル・リマスターで堂々登場!

仕様
■国内アナログ盤オビ再現
■初回生産限定盤
■SHM-CD
■解説歌詞対訳付
■紙ジャケット
■デジタルリマスタリング

発売日は2012/3/7です。


『錯乱のドライヴ』

 アメリカはイースト・コースト、ボストンから最高にヒップな衝撃波がやって来る!クレイジーかつポップなロックン・ロールでひたすら押しまくる恐怖の個性派集団、話題のデビュー・アルバムがこれだ!(1978年作品:国内アナログ盤キャッチより)







『キャンディ・オーに捧ぐ』

 シリアスなプラスティック・ドリームを描く魅惑のモダン・タイムズ・ロックン・ロール。より高い次元へと昇華された知的なニュアンス、きらめくサウンド、タイトなビートが、今、きみの感性を刺激する。(1979年作品:国内アナログ盤キャッチより)






『Panorama』

 走れ時を超えて。現在よりも未来にアンテナを向けろ。既成概念?捨てちまえ。クールでなけりゃ意味ないね。「キャンディ・オーに捧ぐ」から1年。さらにプログレッシヴな解釈を加え、巨大になったモダン・タイムズ・ロックン・ロール。息もつかせぬ展開で、冷やかな音のパノラマに引きずり込む。(1980年作品:国内アナログ盤キャッチより)






『Shake It Up』

 「モダン・タイムズ・ロックン・ロール」パート4到着!カーズとロイ・トーマス・ベイカーの抜群のコンビネーションによってみごとに開花したエロティシズムと戦慄の世界。よりポップにグレイド・アップされたカーズのビートで君をKO!(1981年作品:国内アナログ盤キャッチより)






『Heartbeat City』

 これ程までに完璧なサウンドが存在し得るだろうか?クールでハイ・センスなカーズ・サウンドは今、極限にまで磨ぎ澄まされた!(1984年作品:国内アナログ盤キャッチより)






『Door To Door』

 待ったぜ3年4ヶ月、数々のソロ・プロジェクトは彼らをまた一歩前進させた!リック・オケイセックを中心にオリジナル・メンバーの結束も堅く、カーズ・マジック健在!(1984年作品:国内アナログ盤キャッチより)









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/02/13 09:00 ] Cage The Elephant Cars | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。