FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

22-20s - Got It If You Want It [ロック 名盤]

 現在の若手バンドのなかでも群を抜くブルース・スピリッツで異色の存在である22-20s。その素晴らしさは、ブルースという音楽を核に持ちながら、決して懐古主義に陥らず、単純に聴いたときに“かっこいい!”と思える音楽をやっていることです。

 私は若手バンドを聴くことが以前と比べて減りましたが、22-20sはデビュー前から気になった存在で、1stアルバムを聴いて完全にファンになりました。そのあと、解散というショッキングな発表がありましたが、無事に再結成を果たし、以前にも増して熱く煮えたぎるような音楽をプレイしてくれています。

 そんな22-20sのニュー・アルバム。今作は“ブルース色を強めた”と宣伝されていますので、ますます彼らがシーンのなかでユニークな立ち位置に立つことでしょう。ロックの熱い思いで煮えたぎるブルース、めちゃめちゃかっこいいですよ!

 それでは解説文を。

 前作『Shake Shiver Moan』から約2年ぶりとなる22-20sのサード・アルバム『Got It If You Want It』が完成!

 よりブルース色を強めた今作は、前作同様イアン・ダヴェンポート(バンド・オブ・スカルズ、スーパーグラス、バッドリー・ドローン・ボーイ、ヴィア・ジント・ヘルデン他)がプロデュース アメリカのミネアポリスで曲を書きデモをレコーディングし、母国イギリスのリンカンシャーのチャペル・スタジオでレコーディング。前作のツアーを通し、自分達の原点(ブルース)をより見つめなおして昇華させた強力アルバムを完成させた!

【収録曲】
1. Bring It Home / ブリング・イット・ホーム
2. Pocketful Of Fire / ポケットフル・オブ・ファイア
3. White Lines / ホワイト・ラインズ
4. Heart And Soul / ハート・アンド・ソウル
5. Purple Heart / パープル・ハート
6. Cuts And Bruises / カッツ・アンド・ブルージーズ
7. Only Way You Know / オンリー・ウェイ・ユー・ノウ
8. My Creation / マイ・クリエイション
9. A Good Thing / ア・グッド・シング
10. Little Soldiers / リトル・ソルジャーズ
11. Cherry Red / チェリー・レッド *
12. Death Wish Fever / デス・ウィッシュ・フィーヴァー *
13. Pocketful Of Fire (Demo) / ポケットフル・オブ・ファイア(デモ) *

発売は2012/3/7です。






* 日本盤ボーナス・トラック
貴重なライヴ音源を収録したボーナスCD付き限定盤も!
フジロックフェスティバル'10のライヴ音源5曲やデモ等、ファン必携の10曲を収録したボーナスCD付きの初回限定盤も同時発売!こちらは日本限定でのリリースとなります。

【初回生産限定盤ボーナス・ディスク収録曲目】
1. All That I Need / オール・ザット・アイ・ニード
2. Only Way I Know (Acoustic Demo) / オンリー・ウェイ・アイ・ノウ(アコースティック・デモ)
3. Purple Heart (Acoustic Demo) / パープル・ハート(アコースティック・デモ)
4. A Good Thing (Demo) / ア・グッド・シング(デモ)
5. White Lines (Demo) / ホワイト・ラインズ(デモ)
6. Ocean (Live From Fuji Rock Festival'10) / オーシャン(ライヴ・フロム・フジロックフェスティバル'10)
7. Latest Heartbreak (Live From Fuji Rock Festival'10) / レイテスト・ハートブレイク(ライヴ・フロム・フジロックフェスティバル'10)
8. Shake, Shiver And Moan (Live From Fuji Rock Festival'10) / シェイク、シヴァ・アンド・モウン(ライヴ・フロム・フジロックフェスティバル'10)
9. Fire Of Love (Live From Fuji Rock Festival'10) / ファイア・オブ・ラヴ(ライヴ・フロム・フジロックフェスティバル'10)
10. Devil In Me (Live From Fuji Rock Festival'10) / デヴィル・イン・ミー(ライヴ・フロム・フジロックフェスティバル'10)







【バイオグラフィー】
2001年バンド結成。デルタ・ブルーズの巨匠スキップ・ジェイムスの代表作がバンド名の由来。まだ若干18、19歳の時にレーベルと契約を結び、 2003年にシングル『サッチ・ア・フール』でデビュー。彼等が鳴らしたブルース・ロックは大きな話題となり、翌年リリースのファースト・アルバム 『22-20s』は、ここ日本も含め大ヒットを記録するも、2006年1月に僅かアルバム1枚を残してバンドは突如解散。2008年9月、バンドはヘヴン リー・レコーズ(バンドがファースト・アルバムをリリースしたレーベル)の18周年を記念したライヴで復活し、セカンド・アルバムの制作に入っていく。 2010年の3月から北米を皮切りにツアーも正式に再開。そして2010年5月(海外は6月)には、オリジナル・メンバーの3人にダン・ヘアを加え、イア ン・ダヴェンポートをプロデューサーに迎えて制作された、6年ぶりとなるセカンド・アルバム『シェイク/シヴァ/モウン』をリリース。復活作となったこの アルバムは大ヒットを記録。日本ではオリコン総合ウィークリー・チャートの34位にランクインした。同年7月にはフジロックフェスティバル'10で来日を 果たし、動員率150%を記録。秋には東名阪のジャパンツアーも大成功をおさめた。




いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/02/24 18:00 ] The 1975 22-20s | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。