FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『64』- 横山秀夫 [本]

第10回本屋大賞2位、週刊文春ミステリーベスト10第1位の実力とは?横山秀夫の大ヒット作『64』!


【送料無料】 64 / 横山秀夫 【単行本】

【送料無料】 64 / 横山秀夫 【単行本】
価格:1,995円(税込、送料込)



いま私が最も作品を読むのを楽しみにしているのが、横山秀夫氏のものです。このブログでは『臨場』と『陰の季節』を取り上げさせていただきましたが、いよいよ『64』です。

本屋さんでもかなり取り上げられており、いつ読もうかずーっと我慢していたのですがとうとう読み始めてしまいました。本作の主人公は広報部に属する三上という刑事で、元は捜査一課にいたこともあるベテラン刑事です。

物語の舞台から14年前の昭和64年に起きたD県警史上最悪の誘拐殺害事件を巡り、刑事部と警務部が全面戦争に突入するなか、三上は現在自分が籍を置く広報部が属する警務部に肩入れするのか、それとも警察の花形であり、いつかは復帰したいと夢見る刑事部に肩入れするのか、そんなジレンマを抱えながら、警務部と刑事部との板挟みにあい、双方から“裏切り者”呼ばわりされ、さらには愛娘の失踪、それによる妻の精神衰弱といったことが重なりどんどん追い込まれていきます。

横山秀夫氏の作品らしく細かに心の動きが描写されており、それが物語にリアリティを与えると同時に読者を三上の視点に引きずり込んでいきます。様々な登場人物の心の動き、関係性も非常に複雑でありながら丁寧に描かれており自然にそれらを感じることができます。

また、話しの筋には幾つかのトラップが仕掛けられておりながら、後半点であったそれらのトラップが線となり一つの大きな流れを生み出していく様は圧巻です。その辺りになると読むことを止めることができず、私は3時間ぶっ通しでエンディングまで読んでしまいました。

そして、構成力とともに私が横山秀夫氏の最大の魅力だと考えるのが、氏の温かい目線です。“この人は本当に人の気持ちを思いやることの出来る人なんだな”、そんなふうに感じる場面が幾つかあり、私は2度ほど抑えられなくなり思わず涙してしまいました。この物語の主人公である三上は、そんな横山秀夫氏が作り出したということがよく納得できる、不器用ながら熱く真っすぐな正義漢で、思わず応援したくなる存在です。

本作はD県警が舞台ということで、『陰の季節』と同じ舞台であり、あの二渡も登場し、さらには三上の高校時代の同級生という設定となっています。その辺りも横山秀夫ファンには嬉しいポイントですね。

また、三上が主人公の作品が読めたらな〜と思わされる素晴らしい作品でした。






そんな今作を読みながら聴いていたのが、ナイン・インチ・ネイルズの緊張感が張りつめるデビュー作『プリティ・ヘイト・マシーン』です。トレント・レズナー率いるインダストリアル・メタルの先駆者、ナイン・インチ・ネイルズが、ニルヴァーナと同じ1989年に発表した記念すべきデビュー・アルバム。クリーヴランドのインディ・レーベル、TVTからのリリース。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/07/31 09:00 ] 64 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。