FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Judee Sill(ジュディ・シル)- 『Hear Food(ハート・フード)』 [ロック 名盤]

伝説のシンガー・ソングライター、ジュディ・シルの遺作となった2nd『Heart Food』アルバムが再発!


Judee Sill ジュディシル / Heart Food 【CD】

Judee Sill ジュディシル / Heart Food 【CD】
価格:1,200円(税込、送料別)



以前このブログでセルフタイトルの1stアルバムを紹介させていただきましたが、この2ndも素晴らしいのでこちらも紹介させていただきます。このアルバムは73年にリリースされたもので、79年に35歳という若さで生涯を閉じたジュディ・シルの遺作となったアルバムです。

例えば『The Pearl』や『The Phoenix』といった曲は1stアルバムのレコーディングの時点で完成していた曲だったのですが、『Jesus Was A Cross-Maker』を収録するために2ndにまわされることになったというエピソードや、『The Vigilante』も71年にレコーディングされていたという事実からも分かる通り、1stの世界観の延長線上にある作品となっています。

しかし『Soldier of The Heart』は1stではみられなかったような、ポップなアレンジが新鮮な曲もあります。

他に気になる曲を挙げると、カントリー調のゆったりとした空気が最高な『There’s A Rugged Road』や『The Vigilante』は独特の歌い回しも含めて、ジュディ・シルらしいナンバーです。

The Kiss』は、ジュディ・シルのキリスト教への深い思い、そしてピアノの旋律の美しさとキーの転調が印象的です。

そして彼女には珍しい8分弱という長尺なナンバー『The Donor』は、ピアノとジュディ・シルの歌声を中心としながら複雑にコーラスが重なり、リスナーを彼女の音世界へと引きずり込むような曲で、彼女には珍しく男性コーラスも動員し、美しく幻想的な世界を作り出しています。

今回の再発は2013年の最新リマスターということで、音質の向上が楽しみです。アルバムは現在発売中です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/05/14 09:00 ] Jesse Winchester Judee Sill | TB(0) | CM(0)

Judee Sill(ジュディ・シル)- 『Judee Sill(ジュディ・シル)』 [ロック 名盤]

どこまでも美しい、ジュディ・シルの名盤1st『Judee Sill』が再発!


Judee Sill ジュディシル / Judee Sill 【CD】

Judee Sill ジュディシル / Judee Sill 【CD】
価格:1,200円(税込、送料別)



一般的な知名度はさほど高くないジュディ・シルですが、通の間では評価の高いアーティストです。とくにシンガー・ソングライターが好きでこの人を知らない人はいないというくらいのカリスマで的な人気を誇っています。

ジュディ・シルの曲にはシンプルな構成でありながら聴くほどに魅力を増していく、特別なマジックがあります。決して派手な音楽ではなく、また71年に1stアルバムをリリースしてから僅か8年、35歳という若さでこの世を去り、オリジナルのアルバムを2枚しか残していないのも彼女が知る人ぞ知る存在である所以でしょう。

今回紹介させていただくのは、71年のデビュー作『Judee Sill』で、このアルバムはDavid Geffen'のアサイラム・レコードの初めてのアルバムでもあります。幼少期からピアノを始めたジュディ・シルですが、その表情豊かなピアノがアルバム全編にわたって活躍しています。

それ以外では、ほぼアコースティック・ギターとヴォーカルという構成の曲がほとんどで、一聴すると非常にシンプルに感じるのですが、ジュディ・シルの音楽の特徴はヴォーカルをオーバーダブしていることでしょう。それによって曲に奥行きが生まれ、幻想的な雰囲気を生み出しています。

そんなジュディ・シルの音楽性が最もポップに現れているのが、アルバムのリリース前にシングル・カットされた『Jesus Was A Cross Maker』でしょう。独特の節回しで忙しく上下するヴォーカルとピアノの相性が抜群です。サビではキレのいいドラムが入ることで一気に華やかになります。シングル・カットされたことが納得できるナンバーです。

それ以外で個人的に好きなのは、カントリーのような弾き語りでありながら、ブラスが入ることで一味違っている『Crayon Angels』、同じようなギターの弾き語りの『Lady-O』。この曲はちょっとメロディの展開が変わっていて面白いです。そして、前述したようなヴォーカルのオーバーダブが最も顕著に出ているのが『My Man On Love』です。

ジュディ・シルの記念すべきデビュー作であり、彼女の魅力がギュッと詰まった素晴らしい作品です。ジョニー・ミッチェルにも通じるものがあり、彼女のファンの方にも聴いていただきたい作品です。

アルバムは現在発売中です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/05/01 09:00 ] Jesse Winchester Judee Sill | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。