FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ramsey Lewis(ラムゼイ・ルイス)- Ramsey(ラムゼイ [紙ジャケット仕様) ]) [ジャズ 名盤]

 先日紹介させていただいた、ラムゼイ・ルイスの『太陽の女神』ですが、この再発にともなって全部で8枚のアルバムが再発されています。どれも素晴らしい内容なので、ぜひ聴いていただきたく、前回紹介しきれなかった残りの4枚のアルバムを今回紹介させていただきます。

『テキーラ・モッキンバード(紙ジャケット仕様)』

ロデュースはEW&Fのキーボード、ラリー・ダンが「Tequila Mockingbird」「Skippin'」「The Ole Bach Magic」を、その他の曲は前作に続きバート・デコトーが担当。B・デコトーは、マリーナ・ショウやドクター・フィールグッド、シスター・スレッジ、アルバート・キングなどのプロデュースも手がけている。タイトル曲「Tequila Mockingbird」はもちろん、その他の収録曲も、日本のテレビ/ラジオ番組のテーマ曲として頻繁に使用されるなど、ラムゼイ作品のなかでも、最もメロディアスでポップな作品と言われています。「Skippin'」はヴィクター・フェルドマンの名曲をカバー。ビルボード・ジャズ・チャートで3位を記録。〔1977年作品〕 90年代初頭に一度CD化(SRCS-7007)されたきりで、現在は廃盤。中古盤やオークションでも高値で取引されているアイテムです。






『ラムゼイ(紙ジャケット仕様)』

プロデュースは、クルセイダースのメンバー(トロンボーン)としても知られるウェイン・ヘンダーソンが「Aquarius/Let The Sun Shine In」「Wearin' It Out」を、それ以外をジェイムス・L・マックが担当。ジェイムス・L・マックは、シカゴ出身の作曲家/アレンジャーで、ラムゼイの他にも、ナンシー・ウィルソンやジェリー・バトラーなども手がけている。エモーションズなどにも通じるエレガントな女性コーラスを効果的に配し、アルバム全体にメロウな空気が充満した作品。「Wearin' It Out」は強靭な70年代的ファンキー・グルーヴ曲。〔1979年作品〕 日本初CD化になります。






『ルーツ(紙ジャケット仕様)』

プロデューサーに、EW&Fのキーボード、ラリー・ダンと、ニューオリンズ・ファンクの重鎮、アラン・トゥーサンを迎えた作品。「太陽の女神」にも通じるスキャット入りメロウ・ダンサー「Whisper Zone」、ダンサブルな「High Point」「Colors In Space」、ハンドクラップのブレイクが抜群な「Come Back Jack」など、全体的に明るくメロディアスなフュージョン・サウンドが心地よい作品に仕上がっています。モーリス・ホワイトやアル・マッケイら EW&F組もレコーディングに参加。〔1980年作品〕 1994年に一度CD化(SRCS-6427)されたきりで、現在は廃盤。中古盤やオークションでも高値で取引されているアイテムです。






『トゥー・オブ・アス(紙ジャケット仕様)』

ベテラン女性シンガー、ナンシー・ウィルソンとのコラボレーション・アルバム。インストゥルメンタル曲と、ヴォーカル曲が交互に配された構成になっている。プロデューサーは、ベーシストとして知られるスタンリー・クラーク。デヴィッド・ロバーツの「Midnight Rendezvous」や、レオン・ウェア&デイヴィッド・フォスター作品の「Slippin' Away」など、ミディアム~スロー・ナンバーはさすがの出来映え。AORファンからも支持される作品に仕上がっている。「Ram」の日本語ナレーションはご愛嬌ということで。〔1984年作品〕 ナンシー・ウィルソンは1937年生まれ。50年代末、キャノンボール・アダレイに認められ、キャピトル・レコードからデビュー。これまでに70枚以上のアルバムをリリースし、グラミー賞も3度受賞している。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2011/10/31 18:00 ] ジャズ Ramsey Lewis | TB(0) | CM(0)

Ramsey Lewis(ラムゼイ・ルイス)- Sun Goodness(太陽の女神 [紙ジャケット仕様) ]) [ジャズ 名盤]

 ジャズ・ファンクの名盤にして、フリー・ソウルでも語られるラムゼイ・ルイスの『太陽の女神』が、Blu-spec、2011年リマスター、紙ジャケ仕様で登場です!

 ジャズではありますが、ファンクやソウルの要素も多分に入っているので、ロックのリスナーの方にもすんなり入っていけると思います。またヒップ・ホップからみても重要な作品なので、ヘッズにもお薦めです!

 それでは解説文を。

 アース・ウィンド&ファイアのデビュー40周年を記念して、アースの主要メンバーであるモーリス・ホワイトがプロデュースを担当したラムゼイ・ルイス(モーリスはアース結成前にラムゼイ・ルイスのトリオのメンバーとして共演。)のジャズ・ファンク名作として名高い『太陽の女神』をはじめとする、 1974年から1984年の名盤8タイトルを、2011年リマスタリングを施した紙ジャケット&Blu-spec CD仕様で復刻!全タイトル完全生産限定盤になりますので、お早めにご注文下さい!

■完全生産限定盤
■紙ジャケット仕様
■Blu-spec CD仕様
■2011年リマスタリング
■書き下ろし解説

現在発売中です。





 ラムゼイ・ルイスは素晴らしい作品を幾つも残しているので、同時に再発されるアルバムのなかから、気になるものを紹介させていただきます。



『ドント・イット・フィール・グッド(紙ジャケット仕様) 』

チェス/カデット時代からの盟友、チャールズ・ステップニーを再びプロデューサーに迎え、ファンク色を一層強めた1975年作品。C・ステップニー自身プレイヤーとしてもシンセサイザーで参加しており、現在ではC・ステップニーが参加したアルバムとしても評価が高い。タイトなファンク・チューンのタイトル曲「Don't It Feel Good」や「Spider Man」、浮遊感漂うエレピが心地よいメロウな「Juaacklyn」、「Something About You」など、捨て曲が見当たらない充実作。「That's The Way Of The World」は、EW&Fの代表曲をリリカルにカバーしています。(EW&Fのメンバーはレコーディングに参加していません) 当時ビルボード・ジャズ・チャートで3位、R&Bチャートでも5位を記録した。〔1975年作品〕日本初CD化になります。






『サロンゴ(紙ジャケット仕様)』

EW&Fの総帥、モーリス・ホワイトと、チェス/カデットの名匠、チャールズ・ステップニーが共同プロデュース!(本作発表後にC・ステップニーは急逝) 今では「ジャズ・ファンクの傑作」としてクラブDJ達からも支持を受けている。アフリカ/ブラジルとファンクの融合という当時のEW&Fにも通じるテーマで統一され、躍動感溢れるナンバーが数多く収録されている。レコーディングは、ラムゼイのレギュラー・バンドに加え、ヴァーディン・ホワイト、ラリー・ダン、アル・マッケイらEW&F勢とハーヴィー・メイソン、アーニー・ワッツ、エムトゥーメイ、ジェリー・ピータースらが参加。タイトルの「サロンゴ」はザイール語で「無から愛の力で創造する」とラムゼイ。〔1976年作品〕






『ラヴ・ノーツ(紙ジャケット仕様)』

世紀の傑作『キー・オブ・ライフ』を発表した直後、絶頂期ともいえる時期のスティーヴィー・ワンダーが2曲を書き下ろし、レコーディングにも参加!オープニングを飾る「Spring High」は、いかにもスティーヴィーな可愛らしいメロディが印象的。ラムゼイのピアノに、スティーヴィーのシンセサイザーが絡み合います。「Love Notes」も、歌詞を付けたらそのまま歌えそうなキャッチーなナンバー。その他の楽曲はラムゼイのレギュラー・バンドを中心に展開。「Love Theme From "A Star Is Born"(Evergreen)」は、当時バーブラ・ストライサンドが歌い全米1位を獲得したナンバーをスロー・ファンクに仕上げている。また本作は前作『サロンゴ』のレコーディング直後に急逝したプロデューサー、チャールズ・ステップニーに捧げられている。〔1977年作品〕









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/10/29 18:00 ] ジャズ Ramsey Lewis | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。