FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10cc - Original Soundtrack(オリジナル・サウンドトラック+2) [ロック 名盤]

 1975年にリリースされた、ブリティッシュ・ポップ史上に残る名盤が廉価再発です。このブログでは11月9日にユニバーサル・ミュージック・ジャパンさんから再発されるアイテムを、かなり特集していますが、やはりお求め易い価格で数々の名盤が再発されることで、新しいリスナーを獲得するということはとても好ましいことだと思います。発売する企業にとっては安易なプロジェクトになってしまったり、新しい音を求めるというリスナーの姿勢が弱まるなどという批判もありますが、やはり名盤と呼ばれるアルバムが高く評価されるのは、それぞれのアルバムがなんらかの素晴らしいもの持っているからだと思いますので、特に若いリスナーにはそういう名盤に触れていただきたいと思いますし、そういうアイテムが安価で手に入るというのは素晴らしいと思います。私が高校生のときにこのアルバムを3000円以上だして買ったのを思い出します。

 話しを10ccの『オリジナル・サウンドトラック』に戻しましょう。まず、なんといっても『I'm Not in Love』でしょう。イギリスのポップ・ソングの歴代トップ10には、ほぼ間違いなくランクインする、まさに歴史的名曲!私はこの“ポツポツ”となるリズムの音が大好きなんです。この音に関しては全く時代を感じさせず、いつ録音された音なのか全く判別不能な不思議な魅力があります。後ろで流れているSEもいい雰囲気を作り出しています。よくいわれることですが、10ccというグループは、グレアム・グールドマンとエリック・スチュワートというポップ職人と、ロル・クレームとケヴィン・ゴドレイというサウンド・クリエイターという2組に大きく分けることが出来ますが、この曲ではグールドマンとスチュワートが素晴らしいメロディを提供し、クレームとゴドレイがそれに様々な効果を付け足すことで、世紀の名曲になったと言えるでしょう。実際に曲を聴いていると、この曲がとてもシンプルな構造を持っていることに気付かれるのではないでしょうか。本来ならアコースティック・ギターの引き語りで演奏されるような曲です。中盤に入ってくる呟きや、ヴォーカルが始まる直前まで徐々に音圧をあげるSEなどは本当に曲に新たな表情、深みをもたらしています。この曲は絶対に聴いていただきたい、そう強く思う必殺ナンバーです。

 順番が変わってしまいましたが、1曲目の『Une Nuit a Paris, One Night in Paris, Pt. 1. The Same Night in Paris, Pt. 2』は、このアルバムが仮想の映画のサウンドトラックとして作られた、というコンセプトを思い出させる内容です。イントロでの車のクラクション、人の話し声、そして瓶の転がる音などは映像を喚起します。9分近い大作ですが、そのなかで映画の場面が変わるように曲調も変わっていきます。随所に巧みにコーラスが配されていたり、次々と趣向を凝らしたメロディが登場したり、ピアノなど楽器もバリエーションに富んでいて、10ccの音楽素養の高さを感じます。壮大なスケールを持ち、アルバムのコンセプトを最も体現しているこの曲を頭に置くことで、一気にリスナーを自分たちの世界に引き込むことに成功しています。

 『Blackmail』は10ccが得意とする捻ったメロディが特徴の曲です。ギターのトーンがいかにも10ccらしく、曲の完成度を高めるためというよりも、曲に面白みをもたらすアイデアとしてギターが使われているという印象を受けます。とは言っても中盤と後半のギター・ソロはスリリングでかっこいいです。

 『The Second Sitting for the Last Super』も10ccらしい遊び心に溢れたナンバーです。この辺りはアルバムのコンセプトに沿いながらも、10cc本来のポップ・ソングになっています。そして、10cc本来のポップ・ソングとは、前述したように、グールドマンとスチュワートによる素晴らしいメロディがベースにあり、それにゴドレイとクレームが様々な仕掛けを加えることで、高い質のメロディを持ちながら、どんどん冒険に挑んでいくという音楽ファンにはたまらないものです。この曲でも、テンポの速いロックから、明るいポップ・ナンバーになり、艶やかなコーラスが印象的な曲になりと忙しいことこの上ないです。

 『Brand New Day』はピアノが中心となった雰囲気のある曲です。このアルバムでも何度も登場するオペラ調の曲で、いかにもサウンドトラックといった感じがします。

 そして、最後を飾る『The Film of My Love』は映画のエンドロールで流れそうな、どこまでも青い空が続いていくようなイメージのナンバーです。南国を思わせるリズムとギターが、映画を見終わったときのような満ち足りた気分にしてくれます。

 この『オリジナル・サウンドトラック』は1975年に発表されたのですが、10ccはそれぞれの作品に特徴があって分かり易いです。デビュー作である『シート・ミュージック』はまだそれほどギミックが使われていない、ウィットとアイロニーに溢れた作品、この『オリジナル・サウンドトラック』はどちらかといえば、メロディ組が前に出た作品、そして続く『びっくり電話』はサウンドクリエーター組が主導権を握ったであろう楽しい仕掛け満載のポップ・アルバム。そして、サウンドクリエーター組が脱退し、ブリティッシュ・ポップへのオマージュともいえるメロディが詰め込まれた『愛ゆえに』。こう見るとメロディ組と、サウンドクリエーター組が交互に主導権を握っていたのか?という気もしてきます。

 この『オリジナル・サウンドトラック』は、アイデアありきのつまらないコンセプト・アルバムとは一線を画するまさに歴史的名盤と呼べるものです。最近ではこんなアルバムは滅多に接することが出来ないので、若いリスナーの方もこの機会に聴いていただければと思います。

発売は2011/11/9です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。