FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Buggles(バグルス)- The Age of Plastic(ラジオ・スターの悲劇+9) [ロック 名盤]

 『ラジオ・スターの悲劇』の大ヒットによって、一発屋のイメージが強いバグルスですが、実際にアルバムは2枚しかリリースしていませんし、アルバムとしてのセールスは芳しいものではなかったので、一発屋というイメージもあながち間違いではありませんが、どからといってバグルスが質の低い音楽をやっていた訳ではありません。この『ラジオ・スターの悲劇』をあらためて聴いてみると、随所にバグルスというバンドの面白さが感じられ、質の高いエンターテイメントとして完成されていると感じました。

 バグルスは1977年にトレバー・ホーンを中心とする3人で結成されました。そして、1980年にリリースされたのがこの『ラジオ・スターの悲劇』です。トレバー・ホーンはのちにイエスなどのプロデュースで大活躍するのですが、私が一番好きなトレバー・ホーンの仕事は、アート・オブ・ノイズとのものです。少々大袈裟過ぎるサウンド・プロデュースが気持ちいい作品でした。80年代というニューウェーブという打ち込み全盛の時代背景もトレバー・ホーン人気を後押ししました。

 そんなトレバー・ホーンの特徴は、このバグルスの1stアルバムでもはっきりと感じられます。アルバムを通してのコンセプトは、当時では近未来だったと思われるのですが、いま聴き返してみるとレトロ・フューチャーリスティックとでも呼びたい感触のものです。当時の機材を使ったエレクトリックなサウンドは、暖かみと懐かしさがありほっこりとした気分になります。

 『The Living in The Plastic Age』はプラスティック世紀を生きる、というタイトルがまさにこのアルバム、ひいてはバグルスというバンドのコンセプトを明確に表しています。打ち込みのリズムの跳ねるような感じ、シンセサイザーとヴォーカルで繰り返される無機質なメロディが、いかにもという感じで嬉しくなります。

 そして、次に登場するのが『Video Killed the Radio Star』!もう歌いだしのメロディと、ヴォーカルにかけられたエフェクトが最高です。これを聴いた瞬間、一気に胸が高鳴ります。どキャッチーなメロディなので、誰もが楽しめる名曲ですね。さらにそれにリズムが入ってくると、もうたまりません。並の曲ならもうこれで十分というところなのですが、この曲が凄いのはサビにさらにキャッチーなメロディを持っていることです。一度聴いたらすぐに口ずさみたくなるこのメロディ!サビのヴォーカルが女性ヴォーカルに変わるという細かい変化も心憎いですね。おもちゃ仕掛けのような可愛らしいレトロ・フューチャリスティックなバグルスの音楽と、メロディが完璧にシンクロした、バグルスをこれ以上なく正確に表現した奇跡の名曲です。

 そして、もう一つこの曲が持っている力を。最近、少し落ち込みながら車を走らせているときにこの曲が流れたのですが、全くフィルターを通さずに胸に響いてきて、いつのまにか涙を流していました。悲しいという感情ではなく、癒しという感覚に近いものでした。何度となく聴いてきたこの曲の知らなかった魅力に気付かされた瞬間でした。ワクワクするポップ・ソングという側面だけでなく、胸を締め付けるような切なさをも併せもった名曲なのです。

 そして、これまたタイトルがいかにもな『I Love You (Miss Robot)』。淡々と歌われるメロディと、音だけ単体で聴くとファンキーさすら感じるベースが、グルーヴを生み出すことなくニューウェイヴの一つのパーツとして違和感なく機能しているところに、バグルス(トレバー・ホーン)のプロデュース能力とバランス感覚を感じます。

 『Clean, Clean』はこんな安易なメロディでいいのか!?と一瞬思ってしまうくらいどキャッチーで、直球なサビの“Clean Clean”が楽しい誰もが乗れる曲です。“Clean Clean”続いて弾かれるメロディもまたまたどキャッチーで、思わず笑みがこぼれてしまいます。この曲は全体的を通してとにかく楽しさだけを追求した曲という感じなので、難しいことは考えずに楽しむのが正しい楽しみ方ではないでしょうか。間奏のメロディにしても、とにかく飛び道具をこれでもかと詰め込んだ1曲です。

 一転して切ないバラード、『Elstree』。この曲では特に奇をてらうような仕掛けはほとんどなく、真っすぐ曲を聴かせにいっています。ヴォーカル・エフェクトが若干『Video Killed the Radio Star』を彷彿とさせるところからも、バグルスがこの曲のメロディに自信を持っているだろうことが感じ取れます。

 そして、個人的に大好きな曲、『Astroboy(And the Proles on Parade)』です。この曲はバグルスには珍しくピアノが登場するのが特徴ですね。音もあまり色んな音を足し過ぎずに、隙間を残してあるところがスペース感を演出しています。サビ前の“ピュー”というSEと、“Astroboy”という真っすぐ空に伸びていくようなフレーズで自分の意識がどこまでも広がっていくような感覚になり、心が解放されます。聴いていて気持ちの良い曲ですね。

 冒頭にも書かせていただきましたが、『ラジオ・スターの悲劇』というこのバグルスのアルバムは、様々な仕掛けに富んだプロデュースと、『ラジオ・スターの悲劇』の大ヒットによって色物的な見方をされることが多いですが、高いクオリティをもつ曲が並んだ素晴らしいアルバムです。もちろんサウンド・プロデュースも楽しいですし、それだけでなく胸にぐっとくるメロディ、そしておもいっきり弾けられる曲まで魅力に溢れた作品です。

 名盤として取り上げられることが多くないので、未聴の方も多いのではないでしょうか。廉価再発の機会にこの素晴らしいアルバムが再発見されることを願っています。

1. プラスティック・エイジ
2. ラジオ・スターの悲劇
3. キッド・ダイナモ
4. アイ・ラヴ・ユー、ミス・ロボット
5. クリン・クリン
6. 思い出のエルストリー
7. アストロボーイ
8. モノレールのジョニー
9. ラジオ・スターの悲劇 (シングル・ヴァージョン)
10. キッド・ダイナモ (シングル・ヴァージョン)
11. プラスティック・エイジ (シングル・ヴァージョン)
12. アイランド (エディット・ヴァージョン)
13. クリン・クリン
14. テクノポップ
15. 思い出のエルストリー (シングル・ヴァージョン)
16. モノレールのジョニー (ヴェリー・ディファレント・ヴァージョン)
17. 思い出のエルストリー スペシャルDJエディット・ヴァージョン)


発売は2011/11/9です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2011/11/09 09:00 ] Animal Collective Buggles | TB(0) | CM(0)

Buggles(バグルス)- The Age of Plastic(ラジオスターの悲劇) [ロック 名盤]

 1979年にリリースされた名盤、バグルスの『ラジオスターの悲劇』が廉価再発です。プラスティックな手触りの音と、キッチュな曲で一世を風靡したバグルス。やはり最大の聴きどころは、アルバム・タイトル曲の『ラジオスターの悲劇』でしょう。

曲の入りからインパクトがあり、サビのメロディのキャッチーさはちょっと飛び抜けています。一度聴いたら即口づさみたくなるメロディと、MTVによるミュージック・ビデオの登場により、ラジオというメディアが次第に力を失っていくことを予見したかのような、印象的な“Video kill the radio star”というフレーズがまた頭に残って仕方なくなります。

今回の再発では9曲のボーナス・トラックが収録されています。

1. プラスティック・エイジ
2. ラジオ・スターの悲劇
3. キッド・ダイナモ
4. アイ・ラヴ・ユー、ミス・ロボット
5. クリン・クリン
6. 思い出のエルストリー
7. アストロボーイ
8. モノレールのジョニー
9. ラジオ・スターの悲劇 (シングル・ヴァージョン)
10. キッド・ダイナモ (シングル・ヴァージョン)
11. プラスティック・エイジ (シングル・ヴァージョン)
12. アイランド (エディット・ヴァージョン)
13. クリン・クリン
14. テクノポップ
15. 思い出のエルストリー (シングル・ヴァージョン)
16. モノレールのジョニー (ヴェリー・ディファレント・ヴァージョン)
17. 思い出のエルストリー (スペシャルDJエディット・ヴァージョン)

このアルバムは絶対に聴いて欲しい一枚です。発売は2011/11/9です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/09/08 09:00 ] Animal Collective Buggles | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。