FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Supremes(ダイアナ・ロス&ザ・シュープリームス)- 『Where Did Our Love Go(愛はどこへ行ったの)』

ソウル・ミュージックを代表するレーベル、モータウンを代表する名盤中の名盤、シュープリームスの『Where Did Our Love Go(愛はどこへ行ったの)』が廉価再発!




ソウル・ミュージックと聞いて多くの人が真っ先に思い浮かべるのが“モータウン”でしょう。そしてモータウンを代表するグループで必ず出るのがシュープリームスでしょう。また、モータウンを代表する作品となれば、これまた『愛はどこへいったの』が挙がると思います。それくらいこの作品は人気、評価ともに絶大な作品なのです。

そしてそれに関しては実際に聴いていただければ細かく説明するまでもなくお分かりいただけると思います。ポップでありながら時間の経過による風化に耐えうる奇跡のような作品なのです。

最も有名なナンバーはアルバム・タイトル曲である『Where Did Our Love Go』でしょう。シュープリームスにとって初の全米1位を獲得したこのナンバーは、モータウンの数々のヒット曲を手がけてきたH-D-Hによるもので、甘く切ない完璧なポップ・ナンバーに仕上がっています。




またダイアナ・ロスのセクシーなヴォーカルと跳ねるリズムがたまらない『Baby Love』も『Where Did Our Love Go』と並ぶ必殺のポップ・ナンバーです。

同じグルーヴィーなポップでありながら、『When The Lovelight Starts Shining Through His Eyes』は全身でリズムを刻みたくなるナンバーで、ハンドクラップと破裂しそうなブラスが前に前に攻めてきます。中盤の唸るような男性のシャウトも最高!

あまり取り上げられることのない曲ですが『I’m Giving You Your Freedom』はゆったりと刻むギターと、所々に印象的に絡むギターのメロディ、そして正統派なバラードといった趣きがしっとりとさせてくれて大好きです。

H-D-Hとシュープリームスがマジックを起こした奇跡の名盤です!アルバムは現在発売中です












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/12/03 09:00 ] Babyface Diana Ross & The Supremes | TB(0) | CM(0)

Diana Ross & The Supremes(ダイアナ・ロス&シュープリームス)- More Hits By the Supremes(モア・ヒッツ・バイ・シュープリームス) [ソウル 名盤]

 今年はシュープリームス結成50周年ということで、様々なアイテムがリリースされますが、このアイテムも要注目です!

 デジタル・リマスターで音質は向上し、しかもモノ/ステレオの両方を収録。さらにボーナス・ディスクにはレア・トラックやライヴ音源を収録。ダイアナ・ロスという大スターを輩出したことでしられるシュープリームスですが、それ以外にも非常に質の高いソウル・ミュージックということで、多くのファンに愛される存在です。適度にポップで、適度に黒いそのサウンドは、誰にでも受け入れられるものですし、ダイアナ・ロスを中心としたヴォーカル・ワークは素晴らしいものがあります。

 それでは解説文を。

 The Supremesの結成50周年を祝うリリースの一環としてリリースされる”More Hits By The Supremes”の2枚組Expanded Edition!

 オリジナル・リリース: 1965年7月にリリースされた通算6作目のスタジオ・アルバム。全米アルバム・チャートで6位、R&Bチャートで2位を記録。当時、The Supremesはガールズ・グループの頂点に君臨しており、このアルバムは5作連続No.1ヒットを放つ大ヒット・アルバムとなった。

 Disc 1: モノ&ステレオ音源はデジタル・リマスターされたものを収録。過去のどの音源よりも良いサウンド!貴重なCoca-ColaのCM音源、未編集のインタビューも収録!

 Disc 2: 過去未発表の貴重な音源を含む全26曲を収録!全国放送のTV番組、”The Ed Sullivan Show”に初めて出演した数日後、デトロイトのFox Theaterで行ったライヴ音源、パリでのMotortown Revueでのライヴ音源等のステレオ・ミックス音源等聴き所だらけ!
パッケージ: 過去のExpanded Edition同様のパッケージ。豪華なブックレットにはオリジナルのライナー・ノート、細部にこだわったエッセイ等過去のリリースにリンクするもの。勿論、貴重な写真も載っています!

ディスク:1
1. Ask Any Girl (Original Mono LP)
2. Nothing But Heartaches (Original Mono LP)
3. Mother Dear (Original Mono LP)
4. Stop! In The Name Of Love (Original Mono LP)
5. Honey Boy (Original Mono LP)
6. Back In My Arms Again (Original Mono LP)
7. Whisper You Love Me Boy (Original Mono LP)
8. The Only Time I'm Happy (Original Mono LP)
9. He Holds His Own (Original Mono LP)
10. Who Could Ever Doubt My Love (Original Mono LP)
11. (I'm So Glad) Heartaches Don't Last Always (Original Mono LP)
12. I'm In Love Again (Original Mono LP)
13. Ask Any Girl (Original Stereo LP)
14. Nothing But Heartaches (Original Stereo LP)
15. Mother Dear (Original Stereo LP)
16. Stop! In The Name Of Love (Original Stereo LP)
17. Honey Boy (Original Stereo LP)
18. Back In My Arms Again (Original Stereo LP)
19. Whisper You Love Me Boy (Original Stereo LP)
20. The Only Time I'm Happy (Original Stereo LP)
21. He Holds His Own (Original Stereo LP)
22. Who Could Ever Doubt My Love (Original Stereo LP)
23. (I'm So Glad) Heartaches Don't Last Always (Original Stereo LP)
24. I'm In Love Again (Original Stereo LP)
25. Coca-Cola Commercials (Bonus Track)
26. Supremes Interview (Alternate Version - Bonus Track)
ディスク:2
1. Baby Love - Live At The Fox
2. Where Did Our Love Go - Live At The Fox
3. Come See About Me - Live At The Fox
4. Come Into My Palace
5. Oowee Baby
6. Surfer Boy
7. Beach Ball
8. Stop! In the Name Of Love - Version 1
9. Take Me Where You Go - Version 1 (Without Strings)
10. Back In My Arms Again - Alternate Vocal
11. Too Hurt To Cry, Too In Love To Say Goodbye
12. Whisper You Love Me Boy - Alternate Vocal
13. Nothing But Heartaches - Alternate Vocal
14. It's All Your Fault
15. Mother Dear - Version 2
16. Too Much A Little Too Soon
17. He Holds His Own - Alternate Vocal
18. Moonlight And Kisses
19. Baby, Baby, Wo Ist Unsere Liebe ( Where Did Our Love Go)
20. Thank You Darling, Thank You Baby
21. Jonny Und Joe (Come See About Me)
22. Stop! In The Name Of Love- Live In Paris
23. Baby Love- Live In Paris
24. Somewhere - Live In Paris
25. You're Nobody 'Til Somebody Loves You - Live In Paris
26. Shake - Live In Paris

 ■メンバー: Diana Ross(Lead Vo)、Florence Ballard & Mary Wilson(Back Vo)
(メーカー資料より)

発売は2011/11/15です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/11/14 18:00 ] Babyface Diana Ross & The Supremes | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。