FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メソッド・マンのソロ・デビュー作にして名盤『Tical』の20周年デラックス・エディション盤が登場!

メソッド・マンのソロ・デビュー作にして名盤『Tical』の20周年デラックス・エディション盤が登場!




この作品は最高ですよね!現在もヒップ・ホップ界の頂点に君臨するウータン・クランがヒップ・ホップ界を揺るがすデビュー作『Enter the Wu-Tang (36 Chambers)』をリリースしたのが93年。そして翌年、ウータン・クランから初めてのソロとしてデビューしたのがメソッド・マンでした。

グループでの作品では個性の強いラッパーが次々と登場するので多少分かりにくいところはありましたが、このソロ作でメソッド・マンの全貌が明らかになります。RZAの作るオリジナルとしかいいようのないドゥープでヘヴィーなビートはウータン本体でも、メソッド・マン以外のソロ作でも変わらないのですが、メソッド・マンのラップが始まると空気は一気に危険でダークな、ホラーと言葉が頭に浮かぶものに変わります。これがメソッド・マンという超一流のラッパーの力なのです。

歌声を多用する1曲目『Tical』からそのぶっとんだ個性派全開です!“ワン・ツー、アー、ワン・ツー・ワン・ツー”っていってるだけでめちゃくちゃかっこいいもん!

そして『Bring The Pain』!メスの個性的なラップ、どこまでも深い闇から沸き出すようなビートが超ドゥープな名曲。この曲を聴くとメスのラップはぶっ飛んだところがありながら、同時にメロディアスでもあるということが分かります。

シンプルなキーボードのメロディと重いドラムによるバックトラックが異常にかっこいい『Biscuits』、危なさが半端ない『All I Need』、メソッド・マンとレイクォンというウータンを代表する個性派によるラップ・バトルの『Meth Vs. Chef』、RZAには珍しい弾むビートが新鮮な『I Get Thang In Action』などなど聴き所満載です。

ただ、名曲揃いのこのアルバムで私が最も好きなのはこの曲『Release Yo’ Self』。Gloria Gaynorの『I Will Survive』をサンプリングしたこの曲はイントロのコーラスからして一気にMAXのテンションですが、その後もメスのラップのテンションが下がることはなくエンディングまで駆け抜けていきます。途中には“キ◯ガイ”と突っ込んでしまうくらい振り切れたパフォーマンスがありメスの魅力全開です。このかっこよさに抵抗できる人なんているのでしょうか!?と思わず思ってしまうくらいかっこいい名曲です。




ヒップ・ホップの格好良さが詰まった名盤だと断言できる素晴らしい作品で、もしまだ聴かれたことがなければ必聴でしょう!20周年記念の2枚組ではRZA、ケミカル・ブラザーズ、パフ・ダディ、プロディジーのリミックスが収録されるようで、メスのラップが新たなサウンドとともに蘇るかと思うとワクワクします。






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/09/03 09:00 ] ヒップホップ M~P Method Man | TB(0) | CM(0)

Method Man - Release Yo’ Delf [Youtube]

 個性は揃いのウータン・クランのなかでもひときわ輝きを放っているMC、メソッドマンの最強の1曲です。当時はウータン・クランの1stがリリースされ、ウータン旋風が吹き荒れているなか、第2波としてそれぞれのソロ作がリリースされたのですが、その先陣を切ったのがメソッドマンでした。

 グループでは各MCの個性が絡み合って作品が出来上がっているので、それぞれの個性というものがわかりづらかったので、ソロ作でいよいよメンバーの特徴が分かるかとワクワクしていたのですが、メソッドマンのアルバムにはやられましたね。もうダークでスモーキーで最高です。メソッドマンのフロウがまたメロディアスだったりして、エンターテイメント性が高く、どんどん引き込まれます。

 その1stアルバム『Tidai』からの1stシングル、『Bring the Pain』に続いて、1995年にリリースされたのが『Release Yo’ Delf』でした。Gloria Gaynoの『I Will Survive』という大ネタを使ったこの曲は、まず出だしにそのキャッチーなメロディを女性ヴォーカルに歌わせることで一気にリスナーの耳を掴み、さらにメソッドマンの独特のフロウがかぶさることでリスナーのハートを直撃します。またRZAによって作られたダークなビートが最高にかっこよく、もう一発でノックアウトです。

 『Release Yo’ Delf』をプレイするたびに、この曲が持つエネルギーに感動させられます。コアなヘッズから、それほどヒップ・ホップが好きでない方まで、色々な方に楽しんでいただける名曲です。


Method Man - 『Release Yo’ Delf』







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/12/23 09:02 ] ヒップホップ M~P Method Man | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。