FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Hieroglyphics(ハイエログリフィックス)- 『The Kitchen'(ザ・キッチン)』 [ヒップ・ホップ 名盤]

ハイエログリフィックスが10年ぶりの新作をドロップ!


Hieroglyphics / Kitchen' 輸入盤 【CD】

Hieroglyphics / Kitchen' 輸入盤 【CD】
価格:2,405円(税込、送料別)



マジか?!きましたね、ハイエログリフィックス。カリフォルニアのオークランドを拠点とするグループで、アイス・キューブの甥であり、ファンキーな作風で知られるデル・ザ・ファンキー・ホモサピエンを中心に、ヒップ・ホップ史上に残る名盤『93 ‘till Infinity』をリリースしたことで知られるオピオらソウルズ・オブ・ミスチーフの4人に、西海岸を代表するバトル・ライマーのカジュアル、ドミノ、ペップ・ラブ、そしてDJ・トゥーレというそうそうたるメンツで結成されたクルーで、98年にデビュー作『Third Eye Vision』をリリースし、ジャズやファンクなど多彩なサンプリングと、コンシャスなリリックでコアなヘッズを中心に大きな話題となりました。

03年には2nd『Full Circle』をリリースしましたが、その後は編集盤を幾つかリリースしたのみで、このグループの活動はもう終了してしまったのかなと思っていたところで10年振りの新作というニュース!1stを狂ったように聴いていた私としては本当に嬉しいサプライズでした。

新作はカリフォルニアのサクラメントのプロデュース集団、The Sleeprockersがプロデュースやミキシングを手掛けており、非常にファンキーな作品になっているとのことですが、ゆったりしたドラムとホーンのグルーヴが最高に気持ちいい『Livin’ It Up』は、緩いグルーヴと次々とマイクをリレーしていくラップの相性が最高でめちゃくちゃ格好良く、アルバムを代表する一曲です。『Exciting』や『All As Above So Below』も重いドラムと太いベースが印象的ですし、前評判通り、そしてまさにハイエログリフィックスという非常に西海岸的なファンキーさに満ち溢れた素晴らしい作品となっています。また前半のこすりまくりのスクラッチが刺激的な『Highway Five』もいいですね。

シングル・カットされた『It’s Partly Me』はファンク・ミュージックの肝であるセクシーでしなやかなベース・ラインがとにかくかっこいい!このベースが紡ぐグルーヴに乗って各メンバーが個性的なラップを繰り広げていくという展開は、ハイエログリフィックスの真骨頂であり、ラップ・ミュージックの至福の時間といえます。

そしてもう一曲のシングル曲『Gun Fever』は、アメリカの銃問題に踏み込んだ内容となっており、他の曲と比べるとシリアス度は少し高めですが呪術的に繰り返されるコーラスと、中東を思わせるドラム・サウンドがエスニックな魅力を作り出しています。全体的にいつもよりもしまったラップとなっており、そのストレート・アヘッドな感じがクールです。

スーパー・グループであるハイエログリフィックスの名に恥じない素晴らしいアルバムに仕上がっていると思います。この緩〜いグルーヴと黒くてクールなラップが生み出す最強ラップ・ミュージック、ぜひ体験して下さい!

アルバムは現在発売中です






そしてこちらが名作1st全曲です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。