FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Laura Izibor(ローラ・イジボア)- Let The Truth Be Told(素顔のローラ) [ソウル 名盤]

 2009年に22歳という若さでデビューしたローラ・イジボア。デビュー前からアレサ・フランクリンを引き合いに出される歌声で、相当評価の高かったアーティストですが、その期待を裏切ることのない素晴らしいデビュー作でした。

 アルバムを聴く前はアレサ・フランクリンのことが頭にあり、ものすごい声量の歌手なんだろうなという漠然としたイメージがあったので、アルバムを聴いてみて少し肩すかしをくったような気持ちになりました。それほどがんがん声で押してくるという感じではありません。しかし、そんなことはどうでもいいと思えるほど素晴らしい曲が並んでいます。

 とにかく収録されている10曲全てがお薦めなのですが、まずはポップなピアノと弾むリズムがウキウキさせてくれる『Shine』。そんなポップな感じがサビに近づくにつれて一気にソウルフルになっていきます。メロディはあくまでポップで、しかしローラの声が泥臭さすら感じさせるようなソウルフルなものになることによって、曲の雰囲気はがらっと変わります。この泥臭さと洗練の同居が彼女の個性であり、才能です。

 『Don’t Stay』や『If Tonight Is My Last』のようなゆったりとした曲では、そのヴォーカルに込められた思いがズドンと伝わってきます。しかし、『What Would You Do』には敵いません。この曲のサビで“Would you die for me? Would you cry for me?”と歌う部分ではゾクっときました。“私のために死んでくれる?私のために泣いてくれる?”という歌詞がとてもリアルに聴こえるからです。さらに中盤から盛り上がっていくときの荒々しいドラムとヴォーカルの絡みは白眉です。

 『I Don’t Want You Back』では歌い上げるという表現にぴったりのヴォーカルを聴くことができます。じわじわと盛り上がってきて、サビでは高音で伸びていく歌声を堪能できます。こういう曲を聴くとローラの実力が分かり易いですね。

 最初に書いたアレサ・フランクリン以外では、ロバータ・フラッグやローリン・ヒル、リーラ・ジェイムスなどが引き合いに出されています。ソウルフルで泥臭い魅力を持ちながら、それでいて洗練されてポップという、滅多みることのできない才能が共通しているのだと思います。アルバム全曲がこれだけのクオリティーというのはなかなかないと思います。しかも、ローラは作曲とプロデュースまでこなしているのですから、ちょっと怖いくらいのアーティストです。本当に次作が楽しみです。

 それからYoutubeではDJ Premierによる『From My Heart to Yours』のリミックスを聴くことができますが、これが最高にかっこいいのでチェックしてみて下さい。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2011/09/25 09:00 ] Jamie Woon Laura Izibor | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。