FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Malus & Lyrical Waterside - One Day In Our Life [ヒップ・ホップ 名盤]

 詳しくはMalus & Lyrical Watersideというアーティストを知らないので、ここで紹介するのは気が引けるのですが、解説文を読んで、これほど興味のわくアーティストも滅多にいないので、反則覚悟で紹介させていただきます。

 まず目を引かれるのが、参加しているアーティストの豪華さです。DIAMOND D(D.I.T.C.) / GRAND PUBA / TASH & E-SWIFT(ALKAHOLIKS) / KURIOUS AG(D.I.T.C.) / SUBSTANTIAL・EVIL DEE (Black Moon)というありえない豪華さ!これだけで相当音が期待できます。しかもそれをまとめているMalus & Lyrical Waterside が日本人アーティストというところが、さらに気分を盛り上げます。ジャケットも相当センスがいい感じですし、これはぜひ聴いてみたいアーティストです。

 それでは紹介文を。

 驚愕の豪華面子っ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! DIAMOND D(D.I.T.C.) / GRAND PUBA / TASH & E-SWIFT(ALKAHOLIKS) / KURIOUS AG(D.I.T.C.) / SUBSTANTIAL・EVIL DEE (Black Moon)が参加の東京下町をリプレゼントするクリエイターコンビ「MALUS & LYRICAL WATERSIDE」による超注目タイトル!!


 夜が明けるかの如く煌びやかなイントロ1から幕を開ける本作、壮大かつ美麗なストリングスフレーズが窓から差し込む光のように印象的にトラックを 彩るSubstantialによる2、心地良い疾走感と絡むスキャットヴォーカル、マイク巧者として知られる元ArtifactsのEl Da Senseiが跳ぶ唾が見えるほ どにアグレッシヴ!! タイトル通り1日のスイッチを"ON"へと切り替える3、ランチでも食べて少し小休止とばかりにゆったりとした時間が流れるインスト4 を跨ぎ、迎え入れるわD.I.T.C.のAG!! 自身の楽曲では絶対にありえないであろう、スチャダラやL.が使用した事で馴染みある大ネタをバックに"Chill" するAGのリリックが午後イチの青空に染み渡る5、落日の情景をフラッシュバックさせるセンチメンタルなインスト6への流れから、夜へと気持ちを高ぶ らせる流麗なヴァイブラフォントラックにテンション高めのKuriousのラップが見事に呼応した7、色々と瞑想を決め込む電車内8から、 今までのGrand Pubaの"ゆったり感"な印象を根底から覆す、疾走感と共に訪れる高揚感を押さえきれないオルガンの響きに、これでもかと煽りまく るGrand Pubaのラップ史上最高峰のパーティートラックを完成させた9、楽しい時間は終わり帰り際にバーでもう一杯、隣には酒で全てを失った男 (Tash)が1人、そして男を慰め同情するバーテン(E-Swift)との会話が聴こえてくる....。寂しさを増幅させるかのように響くピアノトラックを背にTashが 「きっと人生良くなっていくさ...(Things Get Better)」と、DJ TSUによる切れのあるワードスクラッチと共に呟き続ける、正にAlkaholiks(アル中)な Tashの悲しい人生劇場10、そして、ラッパー参加楽曲の締めを飾るのは、参加してもらったのがは奇跡とさえ言えるD.I.T.C.からDiamond D!! ア ンダーグラウンドとメロウが奇跡的な比率で混在した渾身のトラックに、重厚という言葉がしっくりハマる、1日の終焉へと向かう一抹の寂しさの中、 今日を振り返る11、締め括りに相応しいインストルメンタル12からの流れを組むかのような叙情的なトラックの上、このアルバムに深い感銘を受けて くれたBlack MoonのEvil Deeが提供してくれた熱すぎるシャウトアウトが心震わせる13にて閉幕。黙っていてもまた朝が来るように、気が付いたらまた リピートしてしまっている。いつの間にかそれぞれの生活の一部として溶け込んでいる、そんな1枚に仕上がってます。

1. Daybreak (Intro)
2. A Fine Day Feat. Substantial
3. On Feat. El Da Sensei
4. Daydreaming
5. Chill Ruff Feat. AG (D.I.T.C.)
6. Evening Glow
7. Take Off Feat. Kurious George
8. Yamanote
9. J.P. Hustle Feat. Grand Puba
10. It Gets Better Feat. Tash & E-Swift (of Alkaholiks)
11. Feelin' Good Feat. Diamond D (D.I.T.C.)
12. One Day In Our Life
13. Before The Dawn Shout by DJ Evil Dee (of Black Moon)


現在発売中です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。