FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイナマイト・キッドVSタイガー・マスク [Youtube]

 タイガー・マスクと、その永遠のライバルであるダイナマイト・キッドの名シーンを集めた動画です。タイガー・マスクは何代もいますが、やはり1世が最高だと思います。私は当時小学生だったと思いますが、本当に熱中しましたね。強くて、かっこいい正義のヒーロー。四次元殺法と呼ばれた空中技や、虎のマスクなど、子供の心を鷲掴みにしていました。

 ダイナマイト・キッドはそのタイガー・マスク1世の最大のライバルで、子供心に憎たらしかったですね。あのタイガー・マスクがなかなか勝てないのですから。しかし、今になってこうやって見てみると、ダイナマイト・キッドがいてこそのタイガー・マスクだということがよく分かります。タイガー・マスク1世をされていたのは佐山聡さんでしたが、この方は本当に運動のセンスが素晴らしい。動きを見ているとただ派手なだけでなく、本当に形が綺麗で完成度が高く、タイガー・マスク1世以降現在まで、これだけ運動センスのある選手はいないのではと思えるほどです。そのタイガー・マスクのポテンシャルを最大限に引き出すことのできたのは、ダイナマイト・キッドです。

 例えば腕をとられてからの切り返しなど、もう二人が無意識レベルで通じているとしかいいようのないものすごい動きをみせてくれます。一つの流れが終わったところで観客から拍手が起こったものですが、この動画を見ると納得ですね。思わず感嘆の拍手を送りたくなります。

 また佐山聡さんはリアルな格闘技志向の強い方で、後に『シュート』という団体を旗揚げされ、プロレスではなくリアルな戦いを追求されていくのですが、タイガー・マスクだったときからその考え方は持っており、しばしば対戦相手から、「佐山はむちゃくちゃやるから体がもたない」と敬遠されていたそうです。確かに、タイガー・マスクの試合を見ていると、“そんなにしっかり当てるか!?”と思ったり、“その角度で落とすか!”と思うことがしばしばあります。確かにこんなやり方をしていたら、対戦相手からは嫌がられるだろうなと思うのですが、ダイナマイト・キッドも同じくらい激しい戦い方をしています。当時は場外でのパイルドライバーをタイガー・マスクがかけられるのが本当に嫌でした。そんな考え方、プロレスに対する思いというものも、二人を近づけていた要素なのかもしれません。

 そして技の完成度です。例えばモンキー・フリップをするにしても、その高さ、形の良さは信じられないくらいです。現在のプロレスは進化を続け、どんどん新しい、ものすごい技が出てくるのですが、一つ一つの完成度という点では、タイガー・マスクに比べるべくもありません。タイガー・マスクのジャーマン・スープレックスがわざわざ『高角度ジャーマン・スープレックス』と呼ばれことが、いかに一つの技の完成度が高いかを物語っています。

 佐山さんのリアル格闘技志向や、正義のヒーローであり続けることへの苦悩などを後々知って、タイガー・マスクを見るときは若干感傷的な部分もあるのですが、それでもタイガー・マスクの試合は最高のエンターテイメントであり、芸術だと思います。特に永遠のライバル、ダイナマイト・キッドとの対戦はかけがえのない財産です。


http://www.youtube.com/watch?v=Z3Ks90kH6aY







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。