FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Red Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)- By the Way(バイ・ザ・ウェイ) [ロック 名盤]

 新作に併せて、過去のアルバムが再発されるレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、今回はジョン・フィルシアンテが復帰しての第2作目、2002年リリースの『By the Way』を紹介させていただきます。

 以前にこのブログで『Californication』を紹介させていただいたときに、“枯れ”がアルバムの大きな要素になっていると書きました。それはバンドが大きな危機に面して、不安を抱えての制作であったことが原因であったと思われます。しかし、そんな危機的状況で作ったアルバムが、世界中から諸手を上げて歓迎され、バンド史上最高の成功を収めたことで、レッド・ホット・チリ・ペッパーズは自分たちが進む方向に自信を持ち、それが今作での“枯れ”が“深い味わい”に変わるという変化につながっていると思います。

 どちらのアルバムもジョン・フィルシアンテの色が濃く反映されていると思います。ジョンはどんな音楽をやっていようが、常にどこかに寂しげな雰囲気を漂わせています。しかし、その寂しさが前作では“枯れ”と感じられ、今作では“味わい”になったことは、ジョン・フィルシアンテの心の充実を物語っているのではないでしょうか。そして、ジャケットからも連想されるように、このアルバムからは“海”というイメージが湧いてきます。バンドの活動地であるカリフォルニアの海ではあるのですが、強い日差しのリゾートを思わせるそれではなく、生命の源である母なる海、そういった印象を受けます。

 タイトル曲『By the Way』はジョン・フィルシアンテのギターが静かにリフを刻む上を、アンソニーの優しいヴォーカルがゆっくりと歩いていきます。そして、突如うねるベースが入って曲調が一変します。ドラムがグルーヴを生み出し、まさにファンクという音楽になるのですが、不思議なことに前半の音楽と雰囲気は全く同じように感じるのです。曲調は確かにがらりと変わるのですが、ファンクのグルーヴを叩きだしている後半ですら、そこにあるのは“温かい愛”なのです。

 ここで一つの事実を伝えたいと思います。前作を聴いたときに薄々感じていながら、どこか認めたくないという気持ちがあり、目を背けていた事実がこのアルバムを聴いて確信に変わりました。それは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズは変わったという事実です。

 チンコソックスや火噴き電球などのバカ・パフォーマンスをし、ドラック問題でどろどろになっていたやんちゃなバンドであったレッド・ホット・チリ・ペッパーズは、ジョン・フィルシアンテが復帰した前作から、次のステージに踏み出したのです。それはより普遍的な大衆性を獲得することであり、実際ジョン・フィルシアンテ復帰後のレッド・ホット・チリ・ペッパーズは世界的なバンドとして大きな成功を手にしていくのです。それと同時に、どこかキワモノ的な魅力のあったレッド・ホット・チリ・ペッパーズというバンドは失われてしまったのです。

 初期の彼らのファンはとても寂しい思いをしながら、バンドの変化を見守っていたことでしょう。自分たちの大好きだったバンドが、脱皮していくという事実を認めることは寂しく、辛いことです。しかし、それはまた人間の成長に伴って起こることであり、素晴らしいことなのです。

 私もこのアルバムを聴いて、“もうレッド・ホット・チリ・ペッパーズは完全に違うバンドになってしまったんだな”という感傷に襲われました。そしてこのアルバム以後はあまり熱心にバンドを追いかけることはなくなってしまいましたが、多くのファンに支えられているバンドをみて、いつもなんだか寂しくも心が温かくなる感じがするのです。結婚して新しい生活を始めた娘を見るような気持ちですかね。

 そういう印象は『Universally Speaking』でさらに強くなります。『By the Way』では“ファンク”というそれまでの自分たちの大きな特徴をかろうじて残していましたが、この『Universally Speaking』に至っては完全に今のレッド・ホット・チリ・ペッパーズの曲になっています。中盤に入るロマンティックな音なんて、それまでのレッド・ホット・チリ・ペッパーズからは想像できないものです。

 『The Zepher Song』、この曲も海の匂いが凄くする曲です。抑えた感じからサビで一気に視界の広がるような感覚、そして優しいメロディは普遍的なラヴソングといってもよいものです。

 そして、個人的にこのアルバムのベスト・ソングだと思っているのが、『Cabron』です。もうイントロのギターから切なくて、ロマンティックで、可愛くて、素晴らしいです。それにヴォーカルが乗っかると、なんでしょうこの癒しのオーラは。優しい日差しに照らされた、美しい海を見るような、そんな癒しに溢れた曲です。そして、この曲がこれまでのレッド・ホット・チリ・ペッパーズというバンドから最も遠いところにある曲でしょう。こんなにもカラフルな極彩色のサウンドを、まさかレッチリがやるとは!

 このアルバムについてのインタビューで、ドラムのチャドが、「Very John(ジョンだね)」と答えているのですが、ジョン・フィルシアンテという才能が、遂に本領を発揮し始めたのがこのアルバムと言えるでしょう。これまでのレッド・ホット・チリ・ペッパーズのキワモノ的な音楽から、もっと大きな普遍的な愛を内包したものへ。

 今回記事を書くためにあたらめて聴き返してみたのですが、本当に素晴らしいアルバムだと思います。新生レッド・ホット・チリ・ペッパーズのポテンシャルが遂に形となった、そんな記念すべきアルバムです。そして私にとってはレッド・ホット・チリ・ペッパーズというバンドに対しての、様々な感情を呼び起こすアルバムでもあります。


発売は2011/8/31です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。