FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ザ・クークスの新作『Listen』はどうだったのか?

ザ・クークスの新作『Listen』はどうだったのか?




11年に『ジャンク・オブ・ザ・ハート』をリリースして以来、3年振りとなったクークスのアルバム『Listen』。『ジャンク・オブ・ザ・ハート』があまり充実したものではなく、いよいよクークスも終わっていくのかなと思っていたところに、『Listen』から先行公開された曲が素晴らしく良いものばかりで、俄然新作への期待が高まっていました。

アルバムは跳ねるようなビートが印象的な『Around Town』からスタートします。それにしてもドラムの音がいいですね!気持ちよく抜けていきます。そしてベースもどっしりとしており、この2つでリスナーを高揚させるグルーヴを生み出しています。ヴォーカルが入ってからの音数を削ぎ落としたところもドラムがしっかりしているので全く音が薄い印象はありませんし、そのあとヴォーカルのみになる展開なんて余程自分たちのサウンドに自信がないとできないことでしょう。この辺りからもバンドがいかに乗っているかが窺えます。




続いてもドラムが素晴らしいグルーヴを生み出してくれる『Forgive & Forget』、そして『Westside』を挟んで、ピアノの弾き語りでスタートするバラード『See Me Now』です。アルバムから先行公開されていたのがノリの良い曲ばかりだったのでバラードは新鮮ですね。メロディにもう少し捻りがあればもっと良かったのでしょうが、コーラスを効果的に使って盛り上がる構成になっています。

It Was London』はギターの奏でるメロディがとにかく頭に残るノリノリのナンバーで、現在のクークスはこの手のサウンドが一番しっくりくるんだということを実感します。

そしてアルバムから2番目に先行公開され、聴いた途端にノックアウトされた超強力なロック・ナンバー『Bad Habit』、普通のロックを超えた実験的なリズムが最高に刺激的な『Down』。

タイトルに惹かれた『Are We Electric』はシンセサイザーが活躍する曲で、エレクトリックな要素を上手く取り入れクークスらしいグルーヴィーなロック・ナンバーに仕上げています。

Sunrise』もリズムが相当に工夫されている興味深いナンバーですし、アルバムのラスト『Sweet Emotion』もシンプルにメロディを聴かせる構成ではありますが、やはりリズムはかなり練られているのが感じられます。

今作はこれまでのクークスのサウンドから大きな転換を図った作品で、クークスにとってターニングポイントとなる作品でしょう。それがどうだったかといえば、勇気をもって新しいサウンドを切り開いたことによってクークスはさらなる高みへ進んだと言えると思います。とにかくサウンドがアイデアに富んでいて聴いていて全く飽きることがありません。また、グルーヴも強力で、これは試行錯誤を重ねていくなかで自分たちのオリジナルなグルーヴを獲得したということだと思います。

これは聴くべき作品ですね!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/10/25 09:00 ] Jesse Winchester The Kooks | TB(0) | CM(2)

クークス、今月リリース予定の新作『Listen』より『Forgive & Forget』を公開!

クークス、今月リリース予定の新作『Listen』より『Forgive & Forget』を公開!




11年の『ジャンク・オブ・ザ・ハート』以来となるクークスの新作『Listen』。これまでにこのブログで先行公開されえた『Down』と『Bad Habit』を紹介させていただきましたが、これまでにないサウンドでクークスが新たなステージへの扉を開こうとしている予感があり、ニュー・アルバムへの期待が高まってきていました。そして今回公開されたのが『Forgive & Forget』です。

クラブ寄りの『Down』、ダイナミックなロックの『Bad Habit』、そして『Forgive & Forget』はリズムを強調したアッパーなロック・ナンバーです。ドラムを中心にリスナーをグイグイ引き込むグルーヴが生まれているのですが、見逃せないのがギター!『Bad Habit』でも目立っていましたがここでも素晴らしい仕事をしています。ファンキーでテクニカルなサウンドで強力なグルーヴの重要な一端を担っています。さらに今作で随所にみられるクラブ的なサウンドも効果的にちりばめられており、それらが渾然一体となって笑顔で飛び跳ねたくなるサウンドを作り出しています。ハンドクラップの使い方なんて最高!




これまで公開された3曲がそれぞれ違った個性を持った曲で、アルバムがどうなるのか非常に興味深いです。ただ、どれも質は高いのでかなり期待していいのではないでしょうか。その全貌が明らかになるまであとちょっと!アルバムのリリースは2014/8/27です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/08/19 09:00 ] Jesse Winchester The Kooks | TB(0) | CM(0)

ザ・クークス、8月リリース予定のニュー・アルバム『Listen』より『Bad Habit』を公開!

ザ・クークス、8月リリース予定のニュー・アルバム『Listen』より『Bad Habit』を公開!


06年にリリースされたデビュー作『Inside In / Inside Out』のキラキラしたメロディにノックアウトされ、それ以後は活動に注目しているグループ、ザ・クークス。しかし、08年にリリースされた2nd『Konk』はデビュー作と比べるとメロディが十分でないように思え、さらに3rdアルバム『Junk of the Heart』はクークスというバンドの良さがあまり現れていない作品に思え、がっかりした覚えがありました。

そして入ってきたニュー・アルバムの情報。先日は『Down』について書かせていただきましたが、ヒップ・ホップ・プロデューサーであるInfloと共作ということでかなりクラブ寄りのサウンドで、いよいよクークスの音楽も聴くことがなくなるのかなと思っていたところに届けられた『Bad Habit』。これはすごい!

今年のWarsawフェスティバルでのライヴなのですが、もう黒くてヘヴィーで最高!オープニングの“ウォー、ウォー、オオ”というコーラスがまずヤバい!このダークな雰囲気と異様にキャッチーなフレーズはなんなんだ!?そしてどっしりとしたギター。かつての繊細なバンドの姿はそこにはなく、数々の経験を通して鍛え上げられてきた揺るぎない自信を持つクークスがそこにはいます。サビになると音の厚みがぐっと増し、いやでも体が動いてしまうグルーヴ。これは名曲です。ここまでのグルーヴというのはそうそう生み出せるものではありません。バンドも演奏しながら絶対に手応えを感じているはずです。本当に素晴らしいの一言。




『Down』を聴いたときはクークスはどこに向かってしまうのかと不安になりましたが、『Bad Habit』を聴いて俄然アルバムが楽しみになってきました。今年の大穴になるかも!アルバムのリリースは2014/8/27です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/08/02 09:00 ] Jesse Winchester The Kooks | TB(0) | CM(2)

クークスが3年振りの新作『Listen』をリリース。再び輝きを取り戻せるか!?

クークスが3年振りの新作『Listen』をリリース。再び輝きを取り戻せるか!?


【送料無料】 Kooks クークス / Listen 【CD】

【送料無料】 Kooks クークス / Listen 【CD】
価格:2,646円(税込、送料込)



04年に英ブライトンで結成されたクークス。06年にリリースした『INSEIDE IN / INSIDE OUT』は類い稀なるポップ・センスを感じさせる、キラキラ輝くメロディが詰まった名作でクークスというバンドの輝かしい未来を予感させたのですが、 個人的には08年の『Konk』は期待していたほどではなく、さらに11年の『Junk of the Heart』はクークスというバンドに私が惹かれたその要素がほぼなくなってしまった残念な作品でした。

このままクークスとは離れていってしまうのかと寂しい思いを持っていたのですが、新作『Listen』に先駆けてライヴで公開された『Around Town』を聴いて再びクークスに心を奪われるのではという期待を持ち始めました。

黒人女性のコーラスから始まるこの曲は非常にソウルフルで、さらにドラムのリズムがいい!この部分だけで頭を揺らしてしまいます。デビュー当時のキラキラするサウンドとは全く別物ですが、このファンキーなグルーヴを持つ曲を私は支持したいと思います。




自分たちが満足できる、納得できるサウンドを求めて試行錯誤を重ねて辿り着いたこの音は、新たなファンを獲得するクークスというバンドのターニングポイントとなるものかもしれません。アルバムからの次の曲が公開されるのが待ち遠しいです!アルバムは2014/8/27発売予定です!













いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/07/24 09:00 ] Jesse Winchester The Kooks | TB(0) | CM(0)

The Kooks(クークス)が新曲『Down』を公開!

クークスが新曲『Down』を公開!


イギリスの実力派若手バンド、クークスが新曲『Down』を公開しました。クークスは04年にイギリス、ブライトンで結成されたグループで、ブリット・ポップの影響を受けたポップなメロディが特徴です。特にデビュー作『Inside In/Inside Out』にそれは顕著で、ブリット・ポップ大好きな私はこのアルバムを聴いて一発でファンになってしまいました。

その後08年に『Konk』、11年に『Junk of the Heart』と順調に作品をリリースしていますが、『Inside In/Inside Out』リリース後にベースをプレイしていたマックス・ラファティが精神を病み(ドラッグ中毒もあったと言われる)バンドを離れ、その後もドラマーが何度も入れ替わるなどのメンバーの変更があった。

今回公開された『Down』はバンドのフロントマンであるルーク・プリチャードと、ヒップ・ホップ・プロデューサーであるInfloとの共作ということで、これまでのクークスのサウンドとは大きく異なったものになっています。確かにバンドでプレイしてはいるのですが、ビートは完全にヒップ・ホップのもので、メロディもイギリス的な要素はなく今のヒップ・ホップ/R&Bシーンに接近したもので、クラブ仕様といっても良い仕上がりです。

また、一切リハーサルをやらずに録ったとのことですが、確かに曲中に新鮮なヴァイヴが溢れており、ライヴで盛り上がること間違いないと思います。

曲としては面白いと思うのですが、クークスのあのメロディが好きだった私としては複雑な新曲です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/04/12 09:00 ] Jesse Winchester The Kooks | TB(0) | CM(2)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。