FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ボブ・マーリーの名盤ベスト、『Legend』が30周年記念エディションで再発!

ボブ・マーリーの名盤ベスト、『Legend』が30周年記念エディションで再発!




レゲエ界最大の偉人、ボブ・マーリー。それまでレゲエという音楽を聴いていなかったリスナーにレゲエという音楽の素晴らしさを教えたアーティストであり、同時にレゲエというジャンルの最高峰のアーティストでもありました。私もボブ・マーリーからレゲエという音楽を聴くようになった一人で、そして初めて聴いた彼の作品が、今回紹介させていただく『Legend』でした。

ボブ・マーリーは81年に36歳という若さで生涯を終えるまで、多数の作品を残しており、また名作も多いためにどの作品から聴き始めるのかというのが非常に難しくもあります。そういったときにこのベスト盤は、まんべんなく有名曲が収録されているということで非常に重宝される作品です。

Is This Love』、『Could You Be Loved』、『Three Little Birds』、『Get Up, Stand Up』、『One Love / People Get Ready』、『I Shot The Sheriff』、『Redemption Song』、『Jamming』などなど、もうとんでもない名曲のオンパレードです!

そのなかでも白眉なのが『No Woman, No Cry』のライヴ・ヴァージョンです。強いメッセージ性を持つボブ・マーリーの音楽ですが、ライヴでの圧倒的な声の力に打ちのめされます。この声に込められた力の大きさときたら!このライヴは絶対に聴いて欲しいです。




そして、今回30周年記念エディションということで、Blu-ray Audioが付き、Bob Clearmountainによる最新5.1ch remixを収録。またBlu-ray Audioには""No Woman No Cry""のEarly Studio Version、""Easy Skanking""と""Punky Reggae Party""の最近見つかった別テイクが収録されている。28ページの豪華ブックレットにはライナーノーツ、未発表の写真のほかに、ポール・マッカート ニー、スティーヴィー・ワンダーのコメントがつくとのことです。

未だに耳にする機会の多いボブ・マーリーですが、彼の音楽に触れればそれも納得できると思います。必聴の名盤!アルバムのリリースは2014/7/1です!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/06/13 09:00 ] レゲエ Bob Marley | TB(0) | CM(0)

MOOMIN(ムーミン)- 『歩いて行こう〜Looking For The Brand New Day〜』

日本を代表するレゲエ・シンガー、MOOMINの名曲『歩いて行こう〜Looking For The Brand New Day〜』

92年から活動を続け現在も一線で活躍しているレゲエ・シンガー、MOOMIN。この人の曲はとにもかくにも素晴らしいメロディを持つ曲が多く、アルバムに必ず何曲も“名曲”と呼べる曲が収録されています。

今回紹介させていただく『歩いて行こう〜Looking For The Brand New Day〜』は97年にリリースされた『FLY AGAIN』に収録されていたナンバーで、タイトル通りのポジティブな歌詞とサウンドが勇気を与えてくれます。

メロディが良いのはもちろんなのですが、やはりレゲエとポジティブなヴァイブは相性がいいですね。その歴史の中で幾度となく虐げられてきたジャマイカの人々がそれでも前を向くための原動力となったレゲエという音楽。MOOMINはその本質を捉えており、それはこの曲を聴いていただければ理解していただけると思います。必ずあなたにも勇気を与えてくれる一曲です。




今回紹介させていただいた名曲はもちろん、MOOMINの代表曲がずらりと並んだベスト!4枚のアルバムからセレクトした究極のベスト・アルバム。いまやクラブ・クラシックといえる名曲「Moonlight#Dancehall」のSPEECHによる新ミックスなど、聴きどころ満載。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/10/20 09:00 ] レゲエ MOOMIN | TB(0) | CM(0)

Bob Marley & The Wailers(ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ)- 『Legend Remix(レジェンド・リミックス)』 [レゲエ 名盤]

世界で最も売れているレゲエ・アルバム、ボブ・マーリー「Legend」が新たな生命を吹き込まれる!




84年にアナログで発売されて以来、これまでに全世界で4,000万枚以上を売り上げているボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのベスト・アルバム『Legend』。

数多くの名曲を残しているボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズなので、それらを一気に聴くことが出来るベスト盤は非常に有り難いですし、アルバム数も多いので、まずはここから聴き始めて、それからオリジナル・アルバムに入っていくという流れが一番スムーズだと思います。かくいう私もその流れでボブ・マーリーの魅力にどっぷりはまりました。

そんな“名盤”ベストが、今回リミックス・アルバムとしてリリースされるとのニュースを聞き、初めはあまり興味が持てませんでした。これまでに何度も、素晴らしいオリジナル曲が、リミックスを担当したアーティストのエゴによって台無しにされる場面を味わってきたからです。しかし、オフィシャル・トレーラーを見てみると、この作品がそんな陳腐なアーティスト・エゴとは対極の、ボブ・マーリーに敬意を払った作品となっていることが分かります。

エグゼクティヴ・プロデューサーには、ロサンゼルスを拠点にDJ/プロデューサーとして活躍するジェイソン・ベントリーが座っており、それ以外に参加しているのは、ボブ・マーリーの息子であり、現在のレゲエ・シーンを引っ張るジギー・マーリー、さらにステファン・マーリー、レゲエ界の生ける伝説、リー・ペリー、Z-Trip、ロニー・サイズ、フォーテック、Thievery Corporationといったそうそうたるメンバーが参加しています。

そして少し聴くことが出来るサウンドでは、『Three Little Bird』はオリジナルに忠実な音ながら、音がスケールアップしており、一方『Exidous』はスペーシーで現代的なサウンドになっています。他にもダビーな音や、クラブ仕様のダンス・サウンドを聴くことができ、相当気合いの入った作品となっていそうです。

『Legend』という名盤が、新たな生命を得る瞬間を見逃すな!

アルバムは現在発売中です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/07/16 09:00 ] レゲエ Bob Marley | TB(0) | CM(0)

Snoop Lion(スヌープ・ライオン)- 『Reincarnated』 [ヒップ・ホップ 名盤]

スヌープがレゲエ・アーティストに!




最初にこのニュースを聞いたときは、“マジ!?”とちょっと唖然としてしまいましたが、詳しく見てみると、ジャマイカに赴いて実際に文化に触れたりとかなり本人は本気みたいですし、スヌープのゆるーいライムはレゲエと相性が良さそうだしと思い、作品を楽しみにしていました。

そんな中、何曲か聴くことができたので早速レヴューさせていただきます。まず言いたいのは、“これは相当いい!”ということです。最近のレゲエはヒップ・ホップに接近しており、ラップといってもおかしくないようなヴォーカルも珍しくないので、スムースなスヌープのラップは違和感がないだろうと思っていましたが、まさにその通りでした。リラックスして歌うようなスヌープのラップとレゲエのメロディの相性は抜群です!

さらにジャマイカといえば“ガンジャ”、マリファナですが、どの曲にもマリファナの超スモーキーな空気がたっぷりと詰まっておりむせ返るほどです。個人的にはマヴァドとポップカーンを迎えた『Lighters Up』が最高です。緩いメロディを3人で歌うところも、レゲエ調にマヴァドがラップをかますところも気持ちいいです。しかし、なによりスヌープ・ライオン!このラップの格好良さ、気持ちよさはレゲエというオケを得たことによりさらなる次元へ達しています。

ストレートアヘッドにダンスホールなレゲエ・ソング、『Here Comes the King』はダビーな音処理がめちゃくちゃ良く、チープな打ち込みの音と相まって“これぞレゲエ!”といった感じです。メジャー・レイザーがプロデュースした『La La La』は、オーガスタ・パブロを思い起こさせる曲になっています。

決して片手間ではない、期待するに値する作品になると思います。

アルバムは現在発売中です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/05/03 09:00 ] レゲエ Snoop Lion | TB(0) | CM(0)

Garnett Silk(ガーネット・シルク) - 『Satisfaction(サティスファクション)』 [Youtube]

1966年に生まれ、僅か28歳でこの世を去った悲運の天才シンガー、ガーネット・シルク。

その声質と、強い政治的メッセージから“ボブ・マーリーの再来”と言われていたガーネット・シルク。どの曲も彼の想いに溢れた、ハートに訴えかけるヴォーカルを聴けるので素晴らしいのですが、どれか一曲と言われたら私はこの曲を選びます。

控えめな伴奏をバックに、涙が止まらなくなるような切なさに溢れたガーネット・シルクのヴォーカルが堪能できるからです。彼のヴォーカルに関しては、言葉でどうこういうことの出来るレベルを超えていて、魂から発せられているとしか言いようがありません。

彼は1994年に火事によって命を落とすのですが、不明な点も多く、未だに暗殺されたのではないかという声もあります。それほどまでに彼のヴォーカルはリスナーに訴えかける力を持っていたのです。

空の上から優しく見守ってくれてるだろう姿を想像しながらこの曲に包まれて下さい。


『Garnett Silk - Satisfaction』






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/03/07 09:00 ] レゲエ Garnett Silk | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。