FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Oh Yes We Can Love: a History of Glam Rock [ロック 名盤]

グラム・ロックの歴史を総括した決定盤!『Oh Yes We Can Love: History Of Glam Rock』




グラム・ロックといえば一般的には70年代、デヴィッド・ボウイやT. Rexといったバンドが中心となって起こったムーヴメントですが、この5枚組ボックス・セットではグラム・ロックのルーツをチャック・ベリーやリトル・リチャードまで遡って辿っています。

確かにチャック・ベリーのダック・ウォークや、リトル・リチャードの奇声をグラム・ロックと捉える方もいらっしゃるので、的外れではないと思いますし、こういった視点で編集するというのは面白いですよね。

ハウリン・ウルフ(!?)、ストゥージーズ、キンクスなんてちょっと意外なところも入っていますが、ディスク2になると、モット・ザ・フープル、ロキシー・ミュージック、T. Rexといったお馴染みのバンドが登場します。

その後はジェフ・リンやラモーンズ、ブロンディ、ジェネレーションX、モリッシー、スウェードなども登場し、もうなんでもありの状態です。この人のグラム・ロックの定義とはいかなるものなのか?と思ってしまいますが、同時に面白いコンピでもあります。

グラム・ロックといっていいかは分かりませんが、聴いていて楽しい作品であることは間違いないでしょう。発売は2013/11/5です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/09/23 09:00 ] Foster the People Glam Rock | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。