FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Band(ザ・バンド)』- 『Rock of Ages(ライヴ・アット・アカデミー・オブ・ミュージック 1971 ロック・オブ・エイジズ・コンサート デラックス・エディション)』

ザ・バンドのベスト・パフォーマンスをおさめたライブが豪華仕様で再発!




アメリカン・ルーツ・ミュージックを聴くうえで絶対に外せないバンド、それがザ・バンドです。ロビー・ロバートソン、リチャード・マニュエル、リヴォン・ヘルム、リック・ダンコ、ガース・ハドソンの5人が残した音楽は、今も色褪せないものばかりです。

ザ・バンドのデビューは68年に『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』でデビューし、この作品は現在では非常に高い評価を受けている作品です。また翌年にリリースされた2nd、『ザ・バンド』も彼らのルーツ・ロック・バンドとしての良さが出た素晴らしい作品です。

今回再発される『ロック・オブ・エイジス』は72年にリリースされた作品で、71年に行われたコンサートの模様を収録したものです。この作品のあと、ザ・バンドは3枚のスタジオ・アルバムを残して解散するのですが、そういった流れからもこの作品が収録された71年辺りが彼らのベストな時期だといってよいでしょう。

それでは今回どのような仕様で再発されるのかですが、デラックス盤の内容がすごい!もうファンなら卒倒しそうです。

デラックス盤収録内容(通常盤はDISC 1&2のみの内容になります)
【DISC 1&2】4回のコンサートのベスト・トラックを収録!(29曲)
【DISC 3&4】ニュー・イヤー・イヴ・コンサート の全貌をそのままノーカット、無編集でマスターレコーディングから史上初完全収録!(27曲)
【DVD】DISC 1&2の中から25曲を5.1サラウンド・サウンドで再現。+キング・ハーヴェスト、WSウォルコット・メディシン・ショウのライヴ映像

どうですか!?ハンパないでしょう。ザ・バンドの音楽はルーツに根ざしたシンプルでありながら深いもので、聴けば聴くほど味わいの出る宝といっても過言ではないものです。実際私も何度となく彼らの作品を聴きましたが、未だに聴くときは必ず満足感を得ることが出来ます。この豪華ボックスも人生の宝になるでしょう!

発売は2013/11/20です。












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/11/01 09:00 ] Animal Collective The Band | TB(0) | CM(0)

The Band(ザ・バンド)- 『Last Waltz(ラスト・ワルツ)』 [ロック 名盤]

ザ・バンドの最終作であり、ロック史に残るコンサート、『ラスト・ワルツ』が新装で再発!

The Band バンド / Last Waltz 輸入盤 【CD】

The Band バンド / Last Waltz 輸入盤 【CD】
価格:2,200円(税込、送料別)



ボブ・ディランを始め、多くのミュージシャンと交流のあったバンド、ザ・バンド。もともとはレヴォン・ヘルムを中心とする“ホークス”というR&Bバンドだった彼ら。ロニー・ホーキンスのバック・バンドとして巡業している間にカナダ出身のミュージシャンが加わり、ロビー・ロバートソン、リック・ダンゴ、リチャード・マニュエル、そしてガース・ハドソンというお馴染みのラインナップの“ザ・バンド”が完成しました。

『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』、『ザ・バンド』、『南十字星』などの傑作を残した彼らは、1976年11月25日に旧知のミュージシャンたちが一堂に会して開催された『ラスト・ワルツ』と呼ばれるライブでいったん活動に終止符を打ちました。このライブの模様は、巨匠マーティン・スコセッシの手によりドキュメンタリー映画として撮影され、内容の素晴らしさ、参加したミュージシャンの豪華さからロック史に残る映像作品となりあました。

1978年に公開された映画のサウンドトラックとして発売されたアルバム『ラスト・ワルツ』は、LP3枚組というボリュームにもかかわらず当日の模様を完全に網羅した内容とはいえず、長年完全な形での音盤化が求められていたが、その希望に応える形で2002年にライノが実現させたのがCD4枚組の「完全版」でした。“完全版”とうたわれながら、実際にはまだ未収録の曲があるのですが、それまでのCD2枚組30曲と比べると、CD4枚組54曲とボリュームは倍近くとなりこれは嬉しかったです。

今回の再発で軽量化、コンパクト化されたということでより手に取りやすい形になると思われます。ザ・バンドというグループが歩んできた奇跡を振り返るには最適な素晴らしい作品です。

収録曲
【DISC.1 】
01. Theme from the Last Waltz / Orchestra With Orchestra
02. Up on Cripple Creek
03. The Shape I'm In
04. It Makes No Difference
05. Who Do You Love? / Ronnie Hawkins
06. Life Is a Carnival
07. Such a Night / David Bromberg
08. The Weight (previously unreleased)
09. Down South in New Orleans
10. This Wheel's on Fire (previously unreleased)
11. Mystery Train
12. Caldonia / Muddy Waters (previously unreleased)
13. Mannish Boy / Muddy Waters
14. Stage Fright
【DISC.2】
01. Rag Mama Rag (previously unreleased)
02. All Our Past Times / Eric Clapton (previously unreleased)
03. Further on Up the Road / Eric Clapton
04. Ophelia
05. Helpless / Neil Young
06. Four Strong Winds / Neil Young (previously unreleased)
07. Coyote / Joni Mitchell
08. Shadows and Light / Joni Mitchell (previously unreleased)
09. Furry Sings the Blues / Joni Mitchell (previously unreleased)
10. Acadian Driftwood (previously unreleased)
11. Dry Your Eyes / Neil Diamond
12. The W.S. Walcott Medicine Show (previously unreleased)
13. Tura Lura Lural (That's an Irish Lullaby) / Van Morrison
14. Caravan / Van Morrison
【DISC.3】
01. The Night They Drove Old Dixie Down
02. The Genetic Method/Chest Fever (previously unreleased) / Excerpt from Movie Soundtrack
03. Baby, Let Me Follow You Down
04. Hazel / Bob Dylan (previously unreleased)
05. I Don't Believe You (She Acts Like We Never Have Met) / Bob Dylan
06. Forever Young / Bob Dylan
07. Baby, Let Me Follow You Down (Reprise) / Bob Dylan
08. I Shall Be Released (Finale)
09. Jam No. 1 (previously unreleased)
10. Jam No. 2 (previously unreleased)
11. Don't Do It (previously unreleased)
12. Greensleeves (previously unreleased) / From Movie Soundtrack
【DISC.4】
01. The Well
02. Evangeline
03. Out of the Blue
04. The Weight / The Staples
05. The Last Waltz (Refrain)
06. Theme from the Last Waltz
07. King Harvest (Has Surely Come) (previously unreleased)
08. Tura Lura Lural (That's an Irish Lullaby) / Van Morrison (previously unreleased)
09. Caravan / Van Morrison (previously unreleased)
10. Such a Night / David Bromberg (previously unreleased) 11. Rag Mama Rag (previously unreleased)
12. Mad Waltz (previously unreleased) / Sketch Track for ""The Well""
13. The Last Waltz Refrain (previously unreleased) / Instrumental
14. The Last Waltz Theme (previously unreleased) / Sketch

発売は2013/10/4です。こちらはLPバージョンです。












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/10/08 09:00 ] Animal Collective The Band | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。