FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ugly Duckling(アグリー・ダックリング)- Moving at Breakneck Speed [ヒップ・ホップ 名盤]

 久し振り!アグリー・ダックリングが新作をリリースします。アグリー・ダックリングといえばオールド・スクールのパーティーなのりをもちながら、ユーモラスなライムでファンを魅了する、とにかく陽のヒップ・ホップです。アグリー・ダックリングの曲を聴いていると思わず顔がほころんでしまう、そんな元気のでる音楽でありながら、ただ軽い音楽をやっているのではなく、しっかりとした技術と豊富な知識に裏付けされているところがまた凄いところです。

 ベスト盤ではスチャダラ・パーのリミックスなんてのも収録されていました。どちらのグループにも共通して音楽を楽しむんだ!という姿勢がありますよね。

 それでは解説文を(HMVホームページより)

 アンディとディジー、アインシュタインの3人から成るロングビーチのヒップホップ・トリオ、アグリー・ダックリング aka UDのニューアルバム、完成!

 1993年に結成。ビースティー・ボーイズやEPMDからデ・ラ・ソウルやATCQ、ジャングル・ブラザーズといった、 オールドスクール~ネイティブ・タンといった黄金期にかけてのヒップホップにもろ影響を受けたスタイルが特徴で、 ファンキーなネタ使いとユーモラスなラップを武器に、ジュラシック5や初期ブラック・アイド・ピーズらと西海岸シーンを牽引。 そのわかりやすさから、ここ日本でも大人気で出すアルバムは全て手堅く売れるグループの1つ。

 そんな彼らの約3年ぶりとなる待望のニューアルバム『Moving At Breakneck Speed』は、これまでの彼らの魅力である「ヒップホップの楽しさを体現」した作風はさらにアップデート! アインシュタインによるゴキゲンなネタ使いのグルーヴィーなビートにディジーとアンディーの2人のユーモラスなラップが乗った、フレッシュでキャッチーなパーティー・ラップ満載♪

 こんな時代だからこそ、彼らのようなひたすら明るく楽しい、元気になるヒップホップ が必要なのかも。PV完成も楽しみです♪

トラックリスト

1. Keep Movin'
2. Momentum
3. $100 Weekend
4. Elevation
5. I Wonder Where She Is Now
6. One Horse Town
7. Anything Can Happen
8. How It Used To Be
9. Einstein Buys A Monkey
10. Run For The Light
11. Sprint!
12. Homecoming
13. The Breakneck Theme
14. Endless Summer


発売は2011/8/17です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。