FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Gil Scott Heron(ギル・スコット・ヘロン) - 『Pieces of a Man(ピース・オブ・ア・マン』

11年にこの世を去ったギル・スコット-ヘロンの1stスタジオ・アルバムが再発!




11年5月27日に62歳でこの世を去ったギル・スコット-ヘロン。彼の残した偉大なる作品は現在でも輝きが衰えることはありません。特に今回LPで再発される71年にリリースされた『Pieces of a Man』。この作品はギル・スコット-ヘロンの初めてのスタジオ・アルバムであり、また彼の代表作です。さらにはこのアルバムをリリースしたレコード・レーベル、フライング・ダッチマンの最も売れた作品でもあります。ジャケットの左下にパイロットのようなおじさんのロゴをみると、これは間違いないでしょ!と思ってしまうくらいフライング・ダッチマンは良い作品をリリースしていますよね。このレーベルはピート・ロックとC.L.スムースの超名曲『T.R.O.Y.』でサンプリングされたことで知られるトム・スコットや、ジャズの大御所ロニー・リストン・スミスの作品などもリリースしています。

この作品はジャズ・ファンクとして素晴らしいクオリティを持つ作品で、アルバムを通してファンキーなサウンドを楽しむことができますし、またギル・スコット-ヘロンのスポークンワードはまだラップが台頭していなかった当時としては相当インパクトがあったと容易に想像がつきます。それにしてもサウンドが素晴らしいのは当然かもしれませんね。ベースには、あのロン・カーターが、ドラムにはバーナード・パーディーが参加しているのですから!特に私はバーナード・パーディーが好きで、もう彼のドラムを聴いているだけで心がウキウキしてきます。その魅力はこのアルバムでも十分味わうことができます。

さらにはジャズ界でフルート、サックスといったらこの人というHubert Lawsも参加しているのですから、もうこれはオールスターといっても良いですね。Lawsのプレイヤやはり『The Revolution Will Not Be Televised』でしょう。強烈なメッセージと鬼ファンキーなサウンドで強烈なインパクトを与えるこの曲ですが、ギル・スコット-ヘロンのスポークンワードと並んでサウンドの中心となっているのは間違いなくHubert Lawsのフルートです。この黒さ!

この曲はMasta Aceの『Take a Look Around』を始め、プロフェッサー・グリフの『Real African People ‘Rap’, Pt.2』や、クイーン・ラティファの『The Evil That Men Do』など様々なアーティストにサンプリングされており、このアルバムを代表する名曲です!




他にも『Pieces of a Man』はKMDの名曲『What a Niggy Know?』、『Home is Where The Hatred Is』はカニエ・ウェストとコモンによる名曲『My Way Home』にサンプリングされています。

ブラック・ミュージックの歴史を紐解く上で絶対に外すことのできない作品であるのは間違いないでしょう!LPで聴くとさらに迫力が増しそうですね!発売は2014/2/24です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/03/04 09:00 ] ソウル E~H Gil Scott Heron | TB(0) | CM(0)

Gil Scott Heron(ギル・スコット・ヘロン)- Storm Music The Best Of

 今年5月にこの世を去った“戦う詩人”、ギル・スコット・ヘロンのベスト・アルバムがリリースされます。強烈なメッセージを社会に発信していたギル・スコット、しかし、詩人といってもポエトリー・リーディングというよりは、ずっと音楽の要素が強く、それが私がギル・スコットの音楽をただの思想としてではなく楽しめた大きな要因であり、現在も多くのファンから支持されている理由だとおもいます。

 ソウル、ジャズ、ファンクなど様々な音楽をミックスしたギル・スコットの音楽はとても刺激的で、聴いていてワクワクさせられます。レア・グルーヴとして語られることが多いのも納得の黒さです!

 それでは解説文を。

 「黒いボブ・ディラン」とも言われ、痛烈な社会批判を織り込んだメッセージをソウル、ジャズ、ファンクなどを融合させた独自のサウンドに乗せたスポークンワードというスタイルは、”ヒップホップ界のゴッドファーザー”&“元祖ラッパー”として、カニエ・ウェスト、エミネム、シーロー・グリーンといったヒップホップ界の現役アーティストからもリスペクトされている。今作は彼の全盛期にあたる70年~80年代のフライング・ダッチマン~アリスタ・レーベルからピックアップした全16曲を収録したベスト盤。日本盤のみボーナス・トラック収録予定。(メーカー資料より)

発売は2011/9/21です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/08/07 18:00 ] ソウル E~H Gil Scott Heron | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。