FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SHM-SACD 2011/9/28発売ラインナップ - マイストア

 大人気でユニバーサル・ミュージックの看板シリーズになったSHM-SACDに新たなラインナップが登場です!毎度お馴染みのローリング・ストーンズからは、『山羊の頭のスープ』と『エモーショナル・レスキュー』が取り上げられました。ローリング・ストーンズ屈指の名盤というわけではない2枚ですが、それぞれに味がある決して見過ごすことの出来ない作品です。こういうアルバムが取り上げられるという懐の深さが、さすが人気シリーズといった感じです。

 それ以外ではジャズのキース・ジャレット、マッコイ・ターナーなどが気になりますね。もしお気に入りの作品があれば、ネクスト・レベルの音で体験するというのもよいのではないでしょうか。

 蛇足ですが発売日が私の誕生日なので、プレゼントとして自分に一枚買おうと思っています。

 それでは左側の入り口から、“マイストア”をチェックしてみて下さい。





いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2011/07/26 18:00 ] 高音質 SHM-SACD | TB(0) | CM(0)

SHM-SACD 2011/8/24発売ラインナップ - マイストア

 毎回取り上げさせていただいているユニバーサル・ミュージックさんの人気シリーズ、『SHM-SACD』に新たなラインナップが登場です。私的に今回気になるのは、ウェス・モンゴメリーですね。ジャズの歴史のなかでも最高のギター・テクニックを有するウェス・モンゴメリーの作品は、その驚異のテクニックが堪能できるとともに、作品としても素晴らしいジャズ・アルバムとなっています。

 今回SHM-SACD化されるなかで、『ハーフ・ノートのウエス・モンゴメリーとウイントン・ケリー』と、『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』はともに名盤と名高いアルバムで、『夢のカリフォルニア』も非常に評価の高い作品です。ウェス・モンゴメリーのあのギターを、高音質で聴いたらどのようになるのか、想像もできません!

 それでは『マイストア』をチェックお願いします!






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/06/19 08:01 ] 高音質 SHM-SACD | TB(0) | CM(0)

SHM-SACD 2011/7/20発売ラインナップ - マイストア

 恒例のSHM-SACDシリーズの新作ラインナップの紹介です。今回はかなり興味のある作品が多くて、ちょっと目移りしてしまいます。嬉しい悲鳴ですね。

 まず目をひくのが、後期のマイルス・デイヴィスのアルバム3枚ですね。混沌とした世界が展開されていて、私は結構好きです。そしてスーパー・グループにしてフュージョンの代表格、スタッフは2枚。特にデビュー作である『スタッフ』は素晴らしい演奏に支えられて、明るく、爽やかな曲が連発される、誰にでもお薦めの名盤です。

 さらにアストラット・ジルベルトのアルバムが3枚入っているのには正直驚きました。もちろん素晴らしいアーティストなのですが、一般の知名度という点ではこれまで取り上げられてきたアーティストと比べると少し劣る感は否めません。しかし、こういう素晴らしいアーティストもしっかりフォローしてくれる辺りが、さすがだなと思わされると同時に、このシリーズの売り上げが安定しているのではと想像されます。すっかり定番のシリーズですからね。

 そしてお馴染みのローリング・ストーンズが2枚、スティーヴィー・ワンダーが1枚入っています。人気、実力ともに申し分ない彼らなので、毎回取り上げられるのも当然といっていいのでしょうが、それでもいつも嬉しくなってしまいます。

 発売は2011/7/20です。またよろしければページ左側のマイストアからチェックお願いします。






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/06/03 20:35 ] 高音質 SHM-SACD | TB(0) | CM(0)

SHM-SACD 2011/6/22発売ラインナップ - マイストア

 私がいつも楽しみにしているユニバーサル・ミュージックのSHM-SACDシリーズの、
新たなラインナップが発表されました。マイストアに追加しましたので、右側のタグから
入って下さい。

 今回もメインはクラシックですが、それ以外で幾つか興味のあるものがあったので
紹介させていただきます。

 まずは前2回で1枚ずつ取り上げられていたスティーヴィー・ワンダーの3部作の
完結編、『ファースト・フィナーレ』に注目です。スティーヴィーが最ものっていた
時期の作品だけあって、その完成度は驚異的です。他2作と比べると若干緊張感は
低めですが、その分ゆったりした気分で聴くことができます。

 そしてフュージョンの名盤、ラリー・カールトンの『夜の彷徨い』。素晴らしい
演奏技術で数々の名作を残してきた彼の最高傑作です。音質、演奏ともに最高なので、
SHM-SACDで聴くととんでもないことになるのではないでしょうか。

 そしてジョージ・ベンソンの『ブリージン』もまた素晴らしい演奏を聴くことが
できます。ジョージ・ベンソンのギターの音色はクリアで、本当に気持ちがいいです。
このアルバムは彼の代表作で、彼のギターを堪能できる名盤です。

 このシリーズ常連のローリング・ストーンズは『イッツ・オンリー・ロックン・
ロール』と、『ラブ・ユー・ライブ』の2枚です。私は『ラブ・ユー・ライブ』が
大好きで、本当によく聴きましたが、ローリング・ストーンズのキャリアを代表する
名曲が、ライブで新しい命を吹き込まれていて聴いているとどんどん引き込まれていきます。

 またまた楽しみな名盤ぞろいですね。期待して待ちましょう!





いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/04/27 16:28 ] 高音質 SHM-SACD | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。