FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MGMT - 『MGMT』 [ロック 名盤]

みなさんお待ちかね!MGMT、3年ぶりの3rdアルバム『MGMT』が登場!


MGMT エムジーエムティー / MGMT 輸入盤 【CD】

MGMT エムジーエムティー / MGMT 輸入盤 【CD】
価格:2,090円(税込、送料別)



元アートスクールの学生だったアンドリューとベンによって02年に結成されたMGMT。本国アメリカでは“サイケデリック・ロック”とカテゴライズされている彼らですが、確かにかなり変わった音楽をやっており、それによって大きな注目を集めているグループです。

07年にデジタル配信という形でリリースされたMGMTのメジャー・デビュー作『オラキュラー・スペクタキュラー』。08年にはCDやLPといった物理フォーマットで再発されるのですが、そのオープニング・ナンバー、『Time to Pretend』がMGMTというバンドがどのようなバンドなのかを雄弁に語っています。奇妙でいて非常に耳に残るシンセサイザーによるメロディ。多分彼ら自身、このメロディが出来た瞬間に“この曲はいける!”と思ったのではないでしょうか?それほどパワフルなサウンドです。




そして『Time to Pretend』に続く『Weekend Wars』がイーグルスの『ホテル・カリフォルニア』を連想させるメロディを持つ曲で、この振れ幅にずっこけそうになりました。

そして『Time to Pretend』とともに05年にリリースされた『Time to Pretend EP』に収録されていたのが『Kids』。この曲も『Time to Pretend』と同じようにシンセサイザーによるメロディを軸に作られているであろう曲で、MGMTの肝がここにあると同時に、この構成がMGMTの出発点なんだと再確認させられます。

MGMTの特徴がしっかりと捉えられたこのデビュー作は世界中で100万枚を超える大ヒットとなり、09年のブリット・アワードにもインターナショナル・アルバムとしてノミネートされています。

そして大きな期待が集まるなか10年にリリースされたのが『コングラチュレーションズ』です。このアルバムは、元スペースメン3のピート・キンバーをプロデューサーに迎えて制作され、「『オラキュラー・スペクタキュラー』のように何曲かがシングルとしてヒットして、それらの曲だけがダウンロードされるようのものではなく、アルバムとして聴いてもらえる作品にしたい」とアンドリューが語っていた通り前作のようなキャッチーなナンバーはほとんど見受けられません。アルバムのオープニング・ナンバー『It’s Working』の出だしで新しい方向に進もうとするバンドの意思が強く感じられます。これまでのMGMTにはなかったスピード感のあるリズム、と思ったら一気にテンポを落として今度はニュー・ウェーヴのようなプラスティックなメロディと、やはりMGMTらしいなんとも奇妙なポップ・ソングに仕上がっています。

続く『Song For Dan Tracy』もエレ・ポップなサウンドでやはり80年代を連想させられます。そして『Someone’s Missing』のドラマティックな展開!ここでこのアルバムは前作とは全く違ったベクトルを向いているのだと思い知らされます。

Siberian Breaks』のような弾き語りといってもよいような曲もあり、派手な仕掛けはかなり減少しているのですが、それでも随所に遊び心に溢れたサウンドが配されていますし、なんといっても彼らの奇妙なポップ・センスは十分に感じられます。『オラキュラー・スペクタキュラー』のようなサウンドを期待していたファンには失望を感じさせるアルバムかもしれませんが、完成度はこちらの方が上だと思います。

そして『コングラチュレーションズ』から3年、いよいよニュー・アルバムです!アルバム・タイトルに自身の“MGMT”を持ってきたところから、このアルバムにかける彼らの意気込みが感じられます。『コングラチュレーションズ』からさらなる方向転換を図ってきたのか、MGMTというバンドの次なる展開に期待大です!

アルバムは現在発売中です。






こちらが衝撃のデビュー作






そして自身の世界をぐっと進めた2ndです












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/10/19 09:00 ] Matt Walters MGMT | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。