FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Roberta Flack(ロベルタ・フラック)- 『First Take(ファースト・テイク)』、『Chapter Two(第二章)』、『Roberta Flack & Donny Hathaway(ロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイ)』、『Killing Me Softly(やさしく歌って)』 [ソウル 名盤]

その美しい歌声がリスナーを魅了するロバータ・フラックの名作4枚がリイシュー!




『やさしく歌って』や『愛は面影の中に』などのヒット曲で知られるロバータ・フラックの作品が廉価でリイシューされます。

大学で声楽を学んだ彼女の歌声は、高い技術と才能に裏打ちされた素晴らしいもので、聴いていると穏やかな気持ちになります。その魅力が最も発揮されたナンバーの一つが『やさしく歌って』であり、だからこそあれだけのリスナーに受け入れられたのだと思います。

またロバータ・フラックに曲を提供しているのが、ダニー・ハサウェイやユージン・マクダニエルズといった自身でも素晴らしい作品を残しているミュージシャン達で、彼らの功績も大きいと思います。特にダニー・ハサウェイとは72年に『ロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイ』という作品も作っており、非常に相性が良かったようです。ダニー・ハサウェイも大学でクラシックを学んでいますし、そういうところでも合ったのかもしれません。

今回再発されるどれもが素晴らしい作品であり、2013年のデジタル・リマスター、さらには1,000円という価格ということでぜひ聴いていただきたいと思います。

発売は2013.4.24です。それでは解説文を。

全米ホット100で見事1位に輝いた〈愛は面影の中に〉を収録したロバート・フラックの記念すべきデビュー・アルバム。ダニー・ハサウェイ、ジーン・マクダニエルズといった“ニュー・ソウル・ムーヴメント"の重要人物たちが曲を提供し、アトランティックお抱えのセッションマンたちと紡ぎ上げた、ジャジーで独創的なソウル・ミュージックが新時代を高らかに宣言。ロバータのピアノの静謐な調べに思わず引き込まれてしまう。

●2013年デジタル・リマスタリング
●解説・歌詞付
●1969年作品






デビュー・アルバムと同じく、ダニー・ハサウェイ、ジーン・マクダニエルズら“ニュー・ソウル"派ソングライターの曲を取り上げ、ピアノを主体にした静かでジャジーなテイストはそのままに、チャック・レイニー(ベース)ら、キング・カーティス・バンドのメンバーが加わったことで、内に秘めた熱が前作以上に表出する。ボブ・ディラン作〈ジャスト・ライク・ア・ウーマン〉もロバータのスタイルで新たな息吹を得ている。

●2013年デジタル・リマスタリング
●解説・歌詞付
●1970年作品






ロバート・フラックとダニー・ハサウェイ。ソウル・ミュージックの歴史に新たな1ページを加えた二人が作り上げた、静かな高揚感に溢れる美しいデュエット・アルバム。R&Bチャート1位の〈恋人は何処に〉、キャロル・キング作でジェイムズ・テイラーでも有名な〈きみの友だち〉(同8位)、ライチャス・ブラザーズで知られる〈ふられた気持ち〉(同30位)を収録し、全米R&Bアルバム・チャートでも2位を記録している。

●2013年デジタル・リマスタリング
●解説・歌詞付
●1972年作品






クラシックやジャズを学び、新時代のソウル・ミュージックを生み出したロバート・フラックの通算5作目。全体に静謐な空気が流れ、ロバートの滋味溢れる芯のある歌声を浮き立たせる。エレクトリック・ピアノの静かに揺れる音が印象的な〈やさしく歌って〉は全米ポップ・チャートで見事1位に輝き、数多くのカヴァーを生んだ。 ジャニス・イアン作の〈我が心のジェシ〉もR&Bチャート19位のスマッシュ・ヒットを記録している。

●2013年デジタル・リマスタリング
●解説・歌詞付
●1973年作品









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/04/28 09:00 ] ソウル Q~T Roberta Flack | TB(0) | CM(0)

Roberta Flack(ロベルタ・フラック)- 『The Best of Roberta Flack(ベスト・オブ・ロバータ・フラック)』 [ソウル 名盤]

ダニー・ハーサウェイとの共演でも知られるソウル・アーティスト、ロバータ・フラックのベスト盤が再発!




数々の素晴らしい曲を残したことで多くのファンを持つロバータ・フラックのベスト盤が再発されます。ロバータ・フラックといえばダニー・ハーサウェイとの共演が有名ですが、確かに2人には共通する部分が多く見受けられます。

70年代に発生した“ニュー・ソウル・ムーヴメント”を代表する存在であり、アコースティックな響きをもつ楽曲、精神世界を描いた詩が特徴的です。ただ単にいい音楽として楽しむだけではなく、リスナーをその音楽世界に強く引き込む音楽的な深さがあります。

さらにこのベスト盤にも収録されていますが、ロバータ・フラックは『The First Time Ever I Saw Your Face(愛は面影の中に)』と『Killing Me Softly with His Song(やさしく歌って)』という大ヒットナンバーを持っています。特に後者はグラミー賞の最優秀レコード賞、最優秀楽曲、最優秀女性ボーカルの三部門で受賞した作品で、彼女を代表するナンバーです。個人的に始めてこの曲を知ったのは、ローリン・ヒルやワイクリフ・ジョンが所属していたスーパー・グループのフージーズがこの曲をカヴァーしていたバージョンです。このカヴァー・バージョンも当時大ヒットしました。

オリジナル・アルバムを全部集めるのは大変なので、まずはベスト盤で主要な曲を聴いてみるのもいいと思います。

曲目リスト
1. 愛は面影の中に
2. ウィル・ユー・スティル・ラヴ・ミー・トゥモロー
3. 恋人は何処に
4. やさしく歌って
5. 愛のためいき
6. 私の気持ち
7. モア・ザン・エヴリシング
8. 面影にさよなら
9. バック・トゥゲザー・アゲイン
10. メイキング・ラヴ
11. 愛のセレブレイション
12. オアシス
13. アンド・ソー・イット・ゴーズ
14. ユー・ノウ・ホワット・イッツ・ライク
15. ナイト・トゥ・ミュージック
16. マイ・フーリッシュ・ハート
17. ルック・アウト

発売は2012/12/5です。






さらに彼女の魅力を詳しく知りたい方には、超お買い得な5枚組ボックス・セットがお得です!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/11/28 09:00 ] ソウル Q~T Roberta Flack | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。