FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Vines(ヴァインズ) - Future Primitive(フューチャー・プリミティヴ) [ロック 名盤]

 遂にVinesのニュー・アルバムが登場です!3年という間隔でのリリースですが、それ以上に待たされた感があります。Vinesに変わるバンドはいないという事実がそう感じさせるのでしょう。

 シーンに登場して以来、一貫して質の高い、ハードなロックを提供してきたVines。ヴォーカルのグレッグが精神的な問題を抱えて、バンドが休止状態になったとき、“これくらい追い込んで音楽を作っているのだから、それも仕方ないかな”と思ったのを覚えています。それくらいVinesの音楽から感じる切迫感とは鬼気迫るものがありました。

 今回もエッジの立った、ささくれ立った音でありながら、めちゃくちゃポップな、最高のロックンロールを聴かせてくれることでしょう。

 それでは解説文を掲載させていただきます。

 02年にアルバム『Highly Evolved』で衝撃的デビューを飾り、同時期にデビューしたThe StrokesやWhite Stripesと並び“ガレージ・リヴァイヴァルの最重要バンド”として一気にその名を世界に轟かせたThe Vinesの約3年ぶりとなる新作が登場!

 08年に4th『Melodia』を発表するもヴォーカルのクレッグ・ニコルズの精神不安定によりバンドは再び活動を休止。解散の可能性もある危機に陥ったかと見られたものの、2010年にアルバム制作活動を再開し、ここに2度目の奇跡の復活を果たしました!

 同郷バンドBumblebeezのクリス・コロナをプロデューサーに迎えて制作された新作『Future Primitive』でも、デビュー当初から“ニルヴァーナとビートルズの融合”と高く評されているマジカル・サウンドは健在!脳内エクスタシー物質全開の轟音ロックンロールでブチかましたかと思えば、英国ロックの伝統を踏襲した甘く気怠いサイケデリック・ノスタルジアの世界にも誘ってくれる、最高のアルバムに仕上がっている。永遠のロック・アンセム「Get Free」に匹敵する1stシングル「Gimme Love」は必聴!

収録曲
Gimme Love
Leave Me In the Dark
Candy Flippin' Girl
A.S.4
Weird Animals
Cry
Future Primitive
Riverview Avenue
Black Dragon
All That You Do
Outro
Goodbye
S.T.W


発売は2011/8/24です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2011/07/10 08:16 ] ロック U~Z Vines | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。