FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レア・グルーヴの名盤、ブラックバーズのデビュー・アルバムが再発!

レア・グルーヴの名盤、ブラックバーズのデビュー・アルバムが再発!


Blackbyrds ブラックバーズ / Blackbyrds 【CD】

Blackbyrds ブラックバーズ / Blackbyrds 【CD】
価格:1,080円(税込、送料別)



ドナルド・バードがラリー・ミゼルと組んでプロデュースした、というエピソードでもう間違いないと思ってしまうブラックバーズのデビュー作『ブラックバーズ』ですが、実際にその通りで間違いない内容になっています。

どっしりとしたベースとファンキーなホーンの『Do it, Fluid』で幕を開け、これまたベースが最高な『Reggins』はジャジー・ヒップ・ホップの名盤、Hard 2 Obtainの『ism & Blue』の中の『L.I. Groove Reprise』でカヴァーされています。

さらにはCocoa Brovazなどにサンプリングされているジャジー・ソウルの名曲『Summer Love』。タイトル通り爽やかに気持ちいい曲です。似た傾向の『A Hot Day Today』や『Summer Love』や『Love Is Love』もいいですね。

一転してブリブリのベースが最高なファンク・ナンバー『I Need You』。確かにファンクではあるのですが、暑苦しくなくポップなサウンドが受け入れられやすい曲です。また、バンドの名前を冠した『Blackbyrds’ Theme』はスペーシーなファンクでこちらもすっきりしています。

アルバム中最もポップ度が高いのが『Walking in Rhythm』でしょう。サビでの空に昇っていくようなメロディと、それに続くフルートはまさにミゼル・サウンドですね!




レア・グルーヴという言葉に惹かれる方にはもちろん聴いていただきたいのですが、ファンクにあまり馴染みのない方でも楽しめる作品だと思います。アルバムは現在発売中です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/10/26 09:00 ] Babyface The Blackbyrds | TB(0) | CM(0)

The Blackbyrds(ザ・ブラックバーズ)- 『WALKING IN RHYTHM: THE ESSENTIAL SELECTION 1973-1980』

ヒップ・ホップ世代からの支持も熱いジャズ・ファンク・バンド、ブラックバーズのベスト盤が登場!




あのドナルド・バードの名盤『Black Byrd』から名前をとったグループ、ブラックバーズがFantasy Recordに残した7枚のアルバムと1枚のベスト・アルバムから選曲した2枚組ベストが登場です。

その名前の由来からも分かるようにブラックバーズは、ソウル/ファンク/ジャズに根ざしたサウンドが特徴ですが、90年代はアシッド・ハウス・シーンから再評価を受け、そのあとはヒップ・ホップのサンプリング・ソースとして熱い支持を受けてきました。

今回のベストでもその辺りはばっちりおさえられています。最も有名なところでいえば、Wiz Khalifaが『Ink My Whole Body』で使い、他にも様々なアーティストにサンプリングされている、サンプリング・ソースの定番にしてメロウ・グルーヴの名曲『Mysterious Vibes』、Nasが『Get Down』で使ったことでも有名な『Rock Creek Park』。この曲は他にもMassive Attackの『Blue Line』、De La Soulの『Ghetto Thang』、Eric B. & Rakimの『The R』、N.W.A.の『Quiet Tha Set』、Ice Cukeの『I Wanna Kill Sam』などなど名だたるアーティストにサンプリングされています。

Gang Starrの『Say Your Prayers』を始め、ジャジー・ヒップ・ホップの伝説的グループHard 2 Obtainの『L.I. Groove』などに使用されているメロウなトランペットが印象的な『Wilford’s Gone』。

もちろんサンプリング・ソースとしてだけでなく曲としてのクオリティもかなり高いです。グループ最大のヒットとなった75年の『Walking in Rhythm』では全米6位となるヒットを記録し、グラミー賞にもノミネートされました。メロウで耳に残るメロディ、爽やかな演奏、まさに名曲です。




あのミゼル・ブラザーズによるスカイ・ハイ・プロダクションがプロデュースを努めた曲が多いだけのことはある、レア・グルーヴ/ヒップ・ホップ世代には強烈にアピールする作品だと思いますし、ドナルド・バードのジャズ・ファンク期の作品のように一般のリスナーにも十分にアピールする作品だと思います。

発売は2013/10/16です。













いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/11/03 09:00 ] Babyface The Blackbyrds | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。