FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ローリン・ヒルがビートルズの隠れた名曲『Something』をカヴァー!

ローリン・ヒルがビートルズの隠れた名曲『Something』をカヴァー!


ビートルズが“エド・サリヴァン・ショー”に初出演してから50周年ということで米TV番組『Late Show with David Letterman』において様々なミュージシャンによるビートルズ・カヴァーが演奏されており、先日はフレーミング・リップスによる『Lucy in the Sky with Diamond』を紹介させていただきましたが、今回はローリン・ヒルによる『Something』を。

フージーズ〜ソロと輝かしいキャリアを積み重ねてきたローリン・ヒルですが、最近は暗いニュースが先行していました。そんな中で昨年リリースされた新曲『Consumerism』は明るい話題でした。そして今回こういった企画で元気な姿を見ることができ、彼女の活躍を願うファンとしては嬉しい限りです。

ローリン・ヒルが取り上げたこのナンバーは名盤の誉れ高いビートルズの69年の作品『アビー・ロード』に収録されていたもので、『Come Together』と両A面扱いでシングル・カットされています。ジョージ・ハリスンが作曲した作品で、オリジナルではヴォーカルもジョージがとっています。

曲の肝となっているギターを演奏しているのは白人のミュージシャンですが、彼のギターは少しハード・ロックなテイストも感じるもので、一方女性3人によるコーラス、そしてローリン・ヒルのヴォーカルは思いっきり黒いソウルでこの辺の対比も面白いですね。後半の盛り上がりはもの凄く、全員が演奏することをエンジョイしているということがビンビン伝わってきて、見ていると幸せになってきます。うん、すごくいい!







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/03/24 09:00 ] ヒップホップ I~L Lauryn Hill | TB(0) | CM(0)

Lauryn Hill(ローリン・ヒル)- 『Consumerism』

ローリン・ヒルが新曲をリリース!


2013年7月に3年間に及ぶ脱税と税の滞納を問われ、3か月の実刑判決を受け服役中のローリン・ヒル。フージーズでの華々しいデビュー、98年にリリースした1stソロ『The Miseducation of Lauryn Hill』における圧倒的な完成度と、それに伴う99年のグラミー5冠という世界レベルでの成功。一見順風満帆にみえたローリン・ヒルのキャリアでしたが、02年に『MTV Unplugged No. 2.0』をリリースしたあと、時々楽曲の提供のニュースは入るものの、アルバムのリリースはぱったりと途絶えてしまいます。

『MTV Unplugged No. 2.0』以後のインタビューで、“あの作品はコマーシャル過ぎた。もっと自分の表現に忠実な作品を作りたい”という趣旨の発言をしていましたが、1stアルバムの素晴らしさは、アーティシズムとポピュラリティの高い次元での融合だと考えていた私にとっては首を傾げざるを得ない発言でしたし、実際にローリン・ヒルというアーティストの凄さは、あれだけ質の高い楽曲を、あれだけコマーシャルに展開できるところだと思います。

そういった発言から窺い知れる迷いからか、この記事を書いている現在までローリン・ヒルの新作はリリースされていません。一説には新作は完成しているが、レコード会社との折り合いがついていないということですが、その辺りははっきりしません。

そして今回の税の滞納と脱税事件です。こういったことが起こってしまうということは、ローリン・ヒルという人になんらかの問題が起こっていると考えて間違いないでしょう。とにかくローリン・ヒルの新作を聴きたいリスナーは数えきれないくらいいるので、なんとか落ち着いて欲しいものです。

そんな状況の中リリースされた新曲が『Consumerism』。消費者保護運動を意味するこのタイトル、本人は「根本にある社会政治学的な、文化的なパラダイムを議論する必要があると思ったの」と説明しており、知的な面を覗かせています。

肝心の内容は、といえば、これが素晴らしい!装飾を削ぎ落としたソリッドなリズムにスピード感溢れるローリンのラップが乗る、アグレッシヴでクールなナンバーです。バックの音も次々と変化していき耳が引きつけられますし、なによりローリンのテンションがすごい。圧倒的な説得力があります。この曲を聴いたら新作が聴きたくてしかたなくなるでしょう。

ローリン、カムバック!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/10/25 09:00 ] ヒップホップ I~L Lauryn Hill | TB(0) | CM(0)

J.Period Presents Lauryn Hill ‎– 『Best Of Lauryn Hill』

あのローリン・ヒルの名曲をミックスした作品!


う〜ん、詳細はよく分かりませんがローリン・ヒルの名曲群をJ. PeriodというDJがミックスした作品のようです。先日新曲をリリースしたローリンですが、新作はなかなかリリースされずやきもきしているファンも多いのでしょう、この作品がYoutubeの人気動画に入っていました。これでも聴きながら待とうというところでしょうかね。





いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/10/02 18:00 ] ヒップホップ I~L Lauryn Hill | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。