FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SONY ステレオヘッドホン MDR-10R

ソニーがハイレゾに対応したヘッドフォンや、デジタルサラウンドを楽しめるヘッドフォンを発売!




以前は一部の音質マニアしか知らなかった“ハイレゾ”も、様々なサービスが登場し一般的な認知度も上がってきています。私も音質は気になるのですが、いかんせんソフトもハードもまだまだこれからだったので暫くは様子見をと思っていたのですが、ここにきてソニーさんが気になるヘッドフォンをリリースしてきました。

これまでミュージシャンが音楽を録音して、CD化する際にCDの容量におさまるサイズにするために音源を圧縮していました。これにより必然的に音質も低下することになっていたのですが、ハイレゾでは音源をデジタルで配信することにより、ミュージシャンがスタジオで録音したままの音を体験することが出来るのです!これはとんでもない革命ですよね!SACDやDVD Audioなど様々な形で高音質化がはかられてきましたが、デジタル配信することによって根底から改革を起こすことが出来るのです。

ただ、ハイレゾに対応しているヘッドフォンは現段階ではほとんどないのが実状です。そんななかソニーがリリースするMDR-10R/B。昨年いち早くハイレゾに対応したモデルとしてリリースされたMDR-1Rの小型軽量もでるで、小型化されているもののMDR-1Rに詰め込まれたソニーの技術を受け継ぐ使用となっており40mmHDドライバーや、ビートレスポンスコントロールなど気になる仕様が多々あります。それでいて2万円を切るというコストパフォーマンス!これはいよいよハイレゾ環境導入ですか!?





また、ヘッドフォンがちょっとという人には、インナーカナルでハイレゾに対応したXBA-H3もリリースされます。こちらは大口径16mmダイナミックドライバーユニットとバランスド・アーマチュア・ドライバーユニット2基(フルレンジ+HDスーパートゥイーター)を組みあわせることによりパワフルなサウンドを実現しているとのことです。





そしてMDR-HW700DS。こちらはなんと9.1ch 3D VPTサラウンド対応です!さらに192kHz/24bit、非圧縮のHD音声フォーマットの再生などがあり、こちらは映画やライヴを観るのがとんでもなく気持ち良くなりそうです。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。