FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Pop Group(ザ・ポップ・グループ)- 『Y(最後の警告)(紙ジャケット&SHM-CD)』

初めて聴いたときは脳が痺れた。ロックに落とされた巨大な爆弾、ポップ・グループの『Y』




“衝撃的な作品”という言葉はロックにおいて非常によく使われる表現ですが、これほど衝撃的な作品に出会うことは10年に一度あるかないかではないでしょうか。パンクの嵐が過ぎ去った79年にリリースされたポップ・グループのデビュー作『Y』。ポスト・パンクと表現されるこの作品は、このあとの音楽の進むべき道を予見すると同時に、どの音楽からも隔絶した場所に佇んでいます。

音楽的にいえば、ニュー・ウェーヴ、フリー・ジャズ、ダブ,ファンクが渾然一体となったサウンドで、さらにヴォーカルのマーク・スチュワートからは強烈なメッセージ性を感じます。

She Is Beyond Good and Evil』や『Thief of Fire』、『We Are Time』などののメタリックなギターからはニュー・ウェーヴの香りが漂っており、『Snow Girl』、『Blood Money』といった曲は完全にぶっとんだフリー・ジャズです。

また、『Savage Sea』では、美しいピアノの旋律と絶望に溺れたヴォーカルが絶対的な無力感を生み出しており、この曲を聴いたあとはとてつもない徒労感を覚えます。

そして『Don’t Call Me Pain』、『The Boys from Brazil』はヴォーカルの主張が曲のど真ん中にあるような激しいメッセージを持つナンバーで、言葉は分からなくとも鳥肌が立つ緊張感を感じます。




様々な音楽が渾然となったサウンドをダブという手法を使ってまとめあげたデニス・ボヴェールの手腕は素晴らしいものがあります。未だにこの作品を完全に理解しているとは思えない、何度聴いても脳内で火花が散るような、そんなとんでもない作品です。

アルバムの発売は2013/10/16です。












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。