FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Louis Logic(ルイス・ロジック)- 『LOOK ON THE BLIGHT SIDE』

ルイス・ロジック7年振りの新作『Look On The Blight Side』をリリース!


Louis Logic / Look On The Blight Side 輸入盤 【CD】

Louis Logic / Look On The Blight Side 輸入盤 【CD】
価格:2,300円(税込、送料別)



アンダーグラウンド・ヒップ・ホップ・ファンから高い評価を受けているブルックリン出身のMC、ルイス・ロジック。もともとは02年にDemigodzというグループで『The Godz Must Be Crazy EP』をリリースしたのが彼のデビューとなったのですが、私がルイス・ロジックを知ったのは彼の出世作となった03年の『Sin-A-Matic』でした。ジャケットはちょっとどうかなという感じだったのですが、アンダーグラウンドのMCらしい巧みなライミングが印象に残る作品でした。

そして04年にリリースされた『Blame It On The Hooch』は『Sin-A-Matic』よりぐっと音の重さが増し、ルイス・ロジックのリリックがさらに引き立ち個人的には大好きな作品です。出だしの『Blame Reign』を聴いていただければ私の言いたいことが伝わると思います。多数のゲストを招いたのも曲のバリエーションが増えいい結果につながっていますが、それもルイス・ロジックというMCが揺るぎない個性をもっているからこそでしょう。『Brew Akbar』、『Fuckem』、『Off The Chrome』などもかっこいいですし、ジャジーなピアノが絡む『Gentleman and a Scholor』はこれまでにない作風で素晴らしいですね!




そして06年にはプロデューサーであり、友人でもあるJ.J. Brownと『Misery Loves Comedy』をリリースしています。

今作はなんと7年というスパンを空けての新作であり、サンプリング・フリーかつ完全セルフ・プロデュースということでこの作品にかけるルイス・ロジックの意気込みが感じられます。高いラップ・スキルには定評のあるルイス・ロジックがどんな音でライムしてくれるのか楽しみです。

アルバムは現在発売中です!













いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/12/05 09:00 ] ヒップホップ I~L Louis Logic | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。